nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

中学駅伝悲喜こもごも^^;

2006年10月01日
男子が城端中で、女子が福野中が優勝したとのこと。

え〜、駅伝に出たことないので、レース自身のコメントはできんけど、ただ、

城端中の監督、おらの出席簿の次のやつや.....(高校の時の^^;)

なんてローカルなネタ。(笑)

ただ、うちの出身中学(吉中).....なーん、ひっしょんないわ....最近(-_-;)

喰いタンに見る善悪感

2006年10月01日
『喰いタン』SP見てました。(^^ゞ

まあ、世間ではジャニ系ファンの中で、私の狙いは一本.....”京子ちゃん”(*^^*)
何か不思議な魅力があるんです。(^^;;;

さて、話の中では、豚の中に真珠を入れて密輸しようとしていたけど、その考えって、日本的には最大の”お笑いネタ”の範疇に入っていうかも。(^^A;)

しかしながら、香港から一路、フジヤマ牧場に来た一行が、可愛いぶたちゃんを見たあとに、豚料理を食べようとする”喰いタン”に”ちょっと待てよ〜”的発言の金田一君に”喰いタン”が、

「奪っていい命と、そうでない命とがあるんですか?」

と逆に少年に聞いているんです。

その時少年は「じゃあ、菜食主義者になります」といっているけど、

その時の”喰いタン”の、
「植物といっても生きているもの」
だし、

私ら農家をやっている人間なら分かると思いますが、米を作るのに薬をやっているのは、”害虫”という生き物の命を奪っているわけです。


つまり、

「私たち人間は、生き物の命を奪わずに一日たりとも生きていくことができない存在」

ですね。
こんな存在を”悪人”といわずして、何を悪人といえるのだろうか?

私たち全人類の存在そのものが”悪人”と思わずにおれません。

アインシュタイン

2006年10月01日
9/30の北日本新聞の天地人アインシュタインのことが書いてあった。

戦前、いわゆる相対性理論を発見し、科学界に大きな功績を与えた人ですが、第二次大戦でそれが核兵器製造のヒントになってしまい、その核兵器が使われたことを知った彼は「ああ、何てことだ...」とうめいたという。

それ以来、再び平和運動に参加するようになる。

ここで、なんで相対性理論が核兵器に繋がったか。

相対性理論っちゃ何け?というところから。
一言で言えば、

すべての物(質量)はエネルギーがある

ということです。

いわゆるアインシュタインが発見した
E=mc2
の公式が示唆した「小さな質量が莫大なエネルギーを生む」理論が新兵器製造に利用されたのである。

では、アインシュタインは核兵器を製造するために、(特殊)相対性理論を発見したのだろうか?

答えは”No"でした。

むしろ彼は生来の平和主義者でした。

なのに、結果的には大量殺人の手助けをしてしまった。

科学自身には善も悪もありません。なぜなら科学は”道具”だからです。

彼自身それを知っていたに違いありません。

『私の世界観』という本の中で、

”人生の意義に答えるのが宗教だ”

アインシュタインが捜し求めていた”宗教”とは、何だったろう.....

ラジオよもやま話〜ラジオのネット系列

2006年10月01日
富山県のラジオ局は地方局ゆえ、自分とこだけでは番組制作ができないので、中央から番組をネットしてもらっている。

{AMの場合}
系列は大きく分けて、

1、NRN(National Radio Network)

と、

2、JRN(Japan Radio Network)

の二種類ある。

ちなみに、NRN系列のキー局は文化放送で、JRN系列のキー局はTBSです。

まあ、両方ネットしているところが多いんですけど、二つの違いは?と聞かれても....(汗)

{FMの場合}

1、JFN(Japan FM Network)

と、

2、JFL(Japan FM League)

3、JCBA(Japan Comunity Broadcasting Association)

とがあります。
ちなみに一番多いのが圧倒的にJFN系列で、富山県内ではFMとやまがその中に加盟しています。

2のJFLはJ-WAVEがキー局で、FM802など4局が加盟しています。

3は、全国のコミュニティーFM局が加盟しており、富山県内の4つのコミュニティーFMも加盟しています。

では、個々のネット系列の番組を調べてみると、

FMとやまは、大きく分けて
・JFN系列の番組
・TOKYO FMからの配信番組

の二通りあります。

平日の夜とか、土日にTOKYO FMからの番組が多くネットされています。

次にFMとなみですが、
・TOKYO FMグループの衛星デジタルラジオ局のMusic Birdの番組
・City-FM製作の番組


が配信されています。

※なお、CITY-FMの場合だと、配信元が
・J-WAVE

のものがほとんどです。

地方局の中でも、力関係があるんですね。

※2 JFN系列には”キー局”というものが存在しません。 JFN系列の局が出資して設立した「(株)ジャパンエフエムネットワーク」が番組配信をしているからです。

ラジオよもやま話〜 敏腕D

2006年10月02日
今では、有名アーティストのコンサートは、北陸ではまず金沢となっていますが、ひと昔前だとコンサート会場を富山が優先されていた時代があったのです!!

これって、今思えば驚きの事実なんだけど、その影には”敏腕ディレクター”の存在を忘れてはいけません。

当時、FMとやまにおられた川堰氏....今では”虎平太”という名称の方が有名になっていますが、その方こそ、伝説(....にしたら”過去の人”になってしまうので、この表現は違っているかも。)の敏腕ディレクターである。

なにせ、当時、全国ネットの番組の中で、富山のディレクターの名前が出てくるなんて、今思えば”ありえない!”ですよ。

全国的にもネームバリューがあったんだから、アーティストの方もほってはおけない....ということで、富山県内でどんどんコンサートがあったとさ。

今じゃ、金沢に完全に負けているけど。(汗)

警察の飲酒運転への罪悪感を問う

2006年10月02日
唖然....(-_-メ)

警察の人間が飲酒運転したと。しかも、おらとこの市の警察の人間がっ!

何か、懲罰を検討しているみたいだけどさあ....

あのね、

民間じゃ、飲酒運転したらクビなんですっ!

特におらとこの会社は車を作っているから、それこそ信用問題なんですよ!

ましてや、飲酒運転を取り締まる警察の方が罪が軽かったら、誰が飲酒運転止めますか!!凸(-_-メ)

ほんと、民間以上に考えてくださいよ!

※追伸:巡査部長さん、「お酒が我慢できなかった」とのことですが、これって立派(?)なアルコール依存症じゃないですか?日常生活に支障が出てしまってますし。
私は医者じゃないので断定できませんが、すぐにお医者さんに行って下さい!!

依存症は病気の一つなんです。依存症を軽く見てたら、そのうち、人を殺しかねないですよ。

ほんとうに、医者に行って見てもらって下さい!!m(_ _)m

ラジオよもやま話〜 ある期間だけプレゼント攻勢!?

2006年10月03日
ラジオって、ただで聞けるよね。(当たり前だけど)

そしたら、ラジオ局の収入ってどこから出てくるのかな?

それは、

広告収入

です。

まあ、コマーシャルですね。

CMの1スポットいくらってことになるんですね。

広告を出す業者はやはり商売の宣伝の為にやっているので、よく聞かれている局・番組のスポンサーになりたがるのも自然です。

それを判断するものが、聴取率です。

テレビで言えば視聴率ですが、ラジオの場合、期間を設けて聴取率を調べているのです。

俗に言う”レーティング(聴取率調査)期間”です。

この期間には何とかリスナーを増やさなければいけない!ということで、局や番組で”プレゼント攻勢”をかけるのです。(普段聞けないアーティストをゲストに呼ぶのもそう。)

なにしろ、局にとっては聴取率が命といってもいいくらいの指標なので、当然プレゼントも豪華になってくる。


だけどさあ....そのレーティング期間のプレゼント攻勢って、肝心の番組の質を下げているようにしか感じられません。


番組の質、パーソナリティーの質あったのラジオじゃなおの!

どこぞのランキングアップ狙いの姑息なことしてちゃ、”質”が落ちますよ。

さーて、おらとこのブログの質も上げるかなあ....

ラジオよもやま話〜 ラジオ局の株主

2006年10月04日
前スレで、ラジオ局のスポンサーの話をしましたが、一頃ライブドアの堀江被告が社長だった時に、ニッポン放送の株の買占めをしていました。

ちょうどその頃、私はFMとやまの株を買おうかなあと”思った”ことがあります。(^^;

あくまでも、”思った”ことがあるだけです。(^^A;)

リスナーの声を少しでも番組に反映させられるようにという気持ちからです。

なので、一口いくらかなあと色々調べていました。(をひをひ)

その際、FMとやまにはどんな株主がいるかなあと調べたところ、主要株主が





富山県、北陸電力(株)、(株)北陸銀行、(株)インテック、(株)北日本新聞社、(株)ゴールドウイン(株)、中日新聞社、トナミ運輸(株)、富山テレビ放送(株)、(株)日本経済新聞社、(株)北國新聞社、(株)読売新聞東京本社、YKK(株)....

....富山県に弓引けんわ。(^^;;;

即刻断念。m(_ _)m

ちなみにFMとなみは、
本名: 株式会社エフエムとなみ  で、主要株主が....



となみ衛星通信テレビ(株)、(株)北日本新聞社、砺波市、となみ野農業協同組合、若鶴酒造(株)

....どうも、でかいところの中、”若鶴酒造(株)”が入っているのが気になる。(^^;

KNBは、筆頭株主は北陸電力でした。

ラジオよもやま話〜 インターネット放送

2006年10月04日
えっと、せっかくインターネット上で書いているので、インターネット放送のことも書いておかなきゃ。(何じゃそりゃ)

インターネット放送といっても、普段聞いているラジオと全く違う内容の番組をWebで放送している場合と、普段聞いているラジオの番組をネットで流している場合とがありますが、県内で知っているパターンとすると、後者の方だけです。

FMとやまでは、特番の時は生でインターネット放送を流すことがありますが、定期的に流している番組は『小川もこのFor You 未来倶楽部』です。

毎週、放送終了後3,4時間後には、当日の放送がインターネットで聞けます。

....留守録を失敗したときには特に重宝しています。(爆)

ただ、放送内でかかった曲は、フェードインとフェードアウトのところのみしか流れません。

これは、著作権の問題があってのことだと思います。


確か、昔、ラジオたかおかでインターネット放送をやっとった記憶があるけど(『万葉マルチラジオ』で)、今どうやったかのう〜。(汗)

やはり、いつでもどこでも聞けるという利点がありますね。

ラジオから、みのがっ!.....ズバ〜〜〜〜ット!!d(・_・)

2006年10月05日
実のところ、毎朝出勤時にカーラジオをつけています。

で、俗に”臨港線”を通るときは、City FMを聞いています。

今朝も出勤途中に、City FMを聞きながら、臨港線を通っていたところ、交差点で止まったとき、「モーニング シティー」の木曜パーソナリティー小原源さんの声がフェードアウトして、

ななななななななななななんとっ!!!!

みのもんたの声が聞こえてきた〜!!−−−(°▽°)−−−キター!

なんでやねん!!

よく聞くと、「みのもんたの朝ズバッ!」の音声。(驚)

そんなバナナ〜。(古)

VHFのKNBとかNHKとかだと、ラジオのFMの方を周波数を高くしていくと、音声が聞こえてくるのは分かりますが、なんでUHFのチューリップテレビの音声が聞こえてきたんだろう?

摩訶不思議じゃ〜。(^_^?)





再び登場!”みのズバッ!パン”。m(_ _)m

酒酔い運転と酒気帯び運転の違い

2006年10月05日
今朝の新聞にも件の飲酒運転の記事が出ていて、その中に懲戒の基準表が出ていた。

”酒酔い”と”酒気帯び”とで処罰の度合いが変わっていた。(-_-;)

「酒酔い運転」「酒気帯び運転」とではどんな違いがあるのだろうか?

例の如く、Wikipediaで調べてみた。

何と、「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」とでは、アルコール濃度の検知値には無関係とのことでした。

えー?アルコール濃度と無関係?

じゃあ、どんな違いがあるかというと、アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがあるかどうかの違いだという。

いくら酒を浴びるほど飲んでいても、歩かせてふらつかず、言動に問題なければ”酒気帯び”になってしまうわけだ。

しかし、”酒気帯び”といえど、重大とはいえないような違反をしても免停になるのでご注意を....というか、ウイスキーボンボンを食べた後でもアルコールが検出されるので、アルコール入り食品を食べた後でも、運転しないようにしましょう。

いまどきの赤い羽根

2006年10月05日



今月から赤い羽根の時期になりました。

上のは、今年の赤い羽根です。(画像が悪いですがm(_ _)m)


何かないと思いませんか?


針がないですね。

シールで貼り付けるタイプになっています。

たぶん子供が針を触ると危ないから....なのかなあ。


昔は赤い羽根をうちの柱に投げて刺して遊んでいました。(爆)


でも、”危ない”、”危ない”といって、危ないものを子供たちから取り去っていったら....

子供たち、ひょっとして「この世には危ないものがないんだ」と思ってしまうのでは.....


「この世には危険なものやいやなものがあるんだぞ」ということを子供たちに教えなければならないのでは!?

ラジオよもやま話〜 格差社会と戦うラジオアナの悲劇

2006年10月05日
久しぶりに、10年前に廃刊した「ラジオパラダイス」の特別付録を見ています。

つくづく思うのですが、時代の流れが早いです。

その頃は、県内の民放FM局といえば、FMとやまだけでした。

で、10年前の局アナの主な写真を見たら今もFMとやまでしゃべっているのは牧内さんだけでした。(しかも、今ではフリーだし)

女子アナに至ってはまったく耳にしなくなっている方ばかりでした。

一方、お隣のFM石川の欄を見たら、今も現役でしゃべっているのは、開局当初からの局アナの木村雅幸さんと、現在「kanazawa Hot 100」のDJ KOJIのお二人もいました。

この違いは何なのか。

それは、FMとやまの女子アナが契約社員だということも原因だと思います。

女子アナの方が入社され、5〜6年ほどしたら、いつの間にかラジオから消えていく....リスナーとしてはなんともいえない気持ちになります。

というか、契約切れあと一年前から、ラジオへの露出がぐんと減ってくるのです。

その変化に気づいたら、「あ〜あ、次は○○さんの退社の時期になったのかあ...」

リスナーとして応援していても、最後はいなくなってしまうのか....という脱力感に襲われたことも数知れず。


FMとやまの”語り”の歴史を残して、伝承できるような環境に一日も早くできてほしいです。

【急告】脱輪を助けていただいた方、ご連絡お願いします。

2006年10月05日
晩に、城端のとあるところに行った時に、左前輪を用水路に脱輪してしまった。

確か、ワダ楽器さんの近くで、あります。

完全にパニクっていた私に、近所の若い方々が助けて下さいました。その節は有難うございます。

しかし、お名前を聞こうとしましたが、おっしゃらずに去っていかれました。

あの〜、お礼がしたいんですが....午後9時ごろ、もがいていたのが私です。

なので、助けていただいた方のお名前&おうちの場所を私のメールの方に送って頂けないでしょうか?(記事のコメントだとプライバシーにかかわってしまいますので。)

宜しくお願い致します。

ラジオよもやま話〜戦う女子アナ 序曲

2006年10月05日
5、6年と戦うFMとやまの女子アナたち。

その序曲となったのは,「春一番!女子アナ隊が行く!生活ぷるるん委員会」でした。

2002年3月21日に放送されました。

女子アナたちが”自分がどうなりたいか”という大きな壁に立ち向かって、ひとつの番組を作った歴史的番組でした。

その急先鋒が現在FM愛媛でしゃべっておられる高橋真実子さんでした。

その放送の後、高橋さんはFMとやまを去り、新たな地愛媛に向かったのでした。

そして、菊地信子さんをはじめとする次の代に、また革命的なことをしました。

菊地さんが、6年契約のところをさらに一年多く、ラジオの前でしゃべっておられたのです。

現在、FMとやまのお昼の番組「bee honey seven」ですが、その番組の生みの親こそ、菊地さんなのです!

私にとって、今でもこの番組は菊地さんの”代名詞”だと思っています。

韓流ブーム以前から韓国について熱く語っておられ、現在は韓国語の勉強の真っ最中ですので、試験の合格の報を楽しみにしています。

Imagine〜「出征の時」を今に置き換えてみた。

2006年10月06日
戦中に赤紙一枚で出征していった兵士は幾人もいただろう。

戦後生まれの私はもちろん、その時の兵士の心理は経験していませんが、あえて今の世の中のもので置き換えられないかと考えた。

報道に関しては、今は昔に比べて国権による”検閲”なるものがずっと少なくなっているけど、全国ニュースは戦中も今もある。

むしろ近所づきあいが”隣組”のあった戦中よりも希薄だろうか。

戦前戦中なら、「あこのあんま、今度サイパンに出征するがいと」とかということが世間話になっていた可能性もあるかな。

今だと、プライベートのことはあまり踏み込んで話さないから、そういう情報も昔ほどないかも。

だけど、そういう”変化”には必ず前触れがあるわけで、「そういえば、あこんとうのおっさ、どうなっとるがけ?」と思った時には”変化”が始まっている。

ちょうど、今の会社内で、「そういえば、あの人最近見ないけど....」という場面に時々出くわす。

その時には、”出向になった”とか、”辞めた”とかという事実が遂行された後だ。

つまり、今に置き換えたら、

「期限がはっきりしない出向に行く」

ような感覚なのかなあ。

物事にはまず、”小さな変化”がある。その変化があまりに小さいので、見過ごすと気づいたら大きな変化になっていて、もう手遅れになる。

だから、小さい変化を見逃さず、小さいうちに大きな声でこれからも叫んでいきたい。

分かっちゃいるけど...

2006年10月08日
またもや富山県内の”公の立場”の方の不祥事が全国的に報じられた。

NHK富山放送局の放送局長の万引きの件です。

当の放送局長さんは「魔がさした」と動機を述べていたが、微罪でもあかんことですね。

これで、

「富山のお偉いさんっちゃ、悪いことやっとるもんばっかやわ....」

という誤解を与えかねない危惧を抱いています。(-_-;)


ところで、件の放送局長さんは”万引きすることが悪いことや”と分からんとやったのかというと....違いますね。”魔がさした”と、ゆうとられるから。

まさに、植木等の

「分かっちゃいるけどやめられない」(この放送局長の心理に合わせたら”分かっちゃいるけど、やってしまった”になるけど。)

心境です。

頭では悪いことだと分かっておられたんです、でも万引きしたんです。
                          
これは、戦争に行ってきた方から聞いた話ですが、太平洋戦争末期、日本の輸送船が魚雷攻撃で撃沈された時に、こんなことが起きたといわれました。

大海に放り投げられた何千ものの兵士たちが、救命ボートを求めて泳いでいった。しかも、救命ボートの数はわずか......

まさに救命ボートに”殺到”していた。
こうなると、ボートはすぐに限界数に達してしまった。

それでもボートの周りに救助を求める必死の手、手、手....

できることなら、ここに漂っている日本人みんな助けたい.....しかし、全員ボートに乗せると、救命ボートごと全員海の中に沈んでしまう....もちろん自分自身も。

そのような葛藤の中、ボートの兵士は何をやったか。


”銃剣かざし、ボートにつかまっている手を片っ端から切り落とした”

のである。

手首を斬られた兵士達は、かつての戦友をにらみつけ、鮮血の海に消えたという。

「肉体は助かったが、俺の魂は永遠に救われない」

という彼の言葉は今も耳に焼きついている。

縁が来たら、こういうこともやってしまう人間。
その姿を、芥川龍之介は小説『蜘蛛の糸』のカンダタに反映させている。

分かっちゃいるけどやめられぬこの”巨悪”を持っていない人はいったいいるのだろうか?

☆ダンドリ☆

2006年10月08日
昨日の午前中、おかんと共にやまびこ荘来訪。

来週のおかんの祖父母の五十回忌の段取りのためである。

本家とか分家とか、席順を決める時には主催者側として色々気を使うわけで、当日荷物として持っていって頂くものは帰る時に渡すし、うちら身内以外は御膳に並ぶものは同じなので、当日の雰囲気で席順の融通が利く。(^^)v

”とりあえず”の席順を決め、正式発注にゴーサインが出た。

後は当日まで、うち、いいがにしとかんなんなあ....

追伸:当日なんか挨拶せよとの”ご拝命”を仰せつかったのですが....俺でいいのか?(汗)

んなあほなニュース

2006年10月09日
”飲み会の席で酔った勢いで同じ会社員に酒をぶっ掛け、火をつけた会社役員逮捕。会社員は大焼けどを負った”というニュースがラジオから流れていた。(んなあほな!)

....酔った勢いとはいえ、酒かけるだけでなく、火までつけるとは......

これはもちろん、しゃれになりません!

この会社役員さんに、酒の席では、火気など危ないものを持たせないようにしましょう....で、こんなんでええのんか?(爆)

北朝鮮核実験成功”報道”を考える

2006年10月09日
北朝鮮のテレビで”核実験が成功した”という報道が世界中を駆け巡っている。

アメリカ側はまだ事実関係の確認ができていないので、この北朝鮮のテレビの報道の真否はまだ分からない。

”言っただけ”という可能性もある訳で、”眉唾”の可能性もまだ否定できない。

だのになぜ、北朝鮮のテレビでこういう報道をしたのか?

彼らは「核実験が成功した」と言うことに意味があるからです。

国内での失政をかわすためという理由もあるし、対外的には核を交渉の一つのカードにして、六カ国協議を自分らに優位に話を進めるために”やった”と言ったものと思います。

だから、アメリカ側でその報道の”ウラ”がとれるまで、その報道によって動揺したり騒いだりする必要はないのです。

アメリカ側にしても、日本の安倍さんにしても変わらず、北朝鮮に”北朝鮮が核を持っても、いいことないよ”というメッセージを伝え続けいるんだから、まあ今後の推移を見守っていきたいと思います。

体育の日ニュース

2006年10月09日
”持久走の記録は過去20年のうち最悪。途中で歩く子供も出てきていた”というニュースがラジオで流れていた。

アナウンサーの人は体力面の持久力の低下のみならず、精神面の持久力の低下を言及していましたが、持久走にしろマラソンにしろ、私に言わせれば「自分の全体力の把握と体力消費の配分」をトータルで考えれば最後まで走れると思うんだけど。

自分の場合、短距離よりも長距離の方が得意の部類だった。最初は力を出し惜しみしつつ、最後の何百メートルで今まで残しておいた力でダッシュしてバテバテの短距離ランナーを追い抜かすという姑息な手段(爆)でやっていた....少年の頃。(^^A;)(今では若い頃の体力配分でやるもんだから、バテるのが速いのなんのって。(再爆))

精神面の持久力をつけるには......”後に引けない”という思いがあればそう簡単にはあきらめないと思う。あくまでも持論ですが。

昔の元服制度を復活させ、さらに、むりやりにでも元服した子供を家主にして、責任感を持たせるのもいいかも!?

一発ギャグ?〜見方をかえれば!?

2006年10月10日



犬のぬいぐるみです。




コアラのぬいぐるみです。

どちらも下から写してみました。(^^;)

....というか、そんなとこ撮る奴おらんやろ。(爆)

東海北陸膝栗毛〜”福光”

2006年10月10日



岐阜市内に”福光”という名の地名がありました。(写真ほぼ真ん中たらへん)

ちなみに読み方は...なんだろう?(分からんのか!)

東海北陸膝栗毛〜おもしろ地名

2006年10月10日
先日、東海地方まで車でひとっ走りしてきました。(^^;)

いろいろ面白い地名やらトンネルやらがありまして...

まず小手調べ。

これは?
「高鷲IC」

はい、”たかすIC”です。

ではこれ。

「白鳥IC」

はい、”しろとり”です。

次はこれ。
「母野トンネル」

”はんのトンネル”です。

ここまでは分かる人は分かる問題ですが。下の三つの読み方はどうでしょう?上の二つを含めて、すべて東海北陸道にあるものです。

1、乙原トンネル
2、勝原トンネル
3、瓢ケ岳PA


答えは、

1、おっぱらトンネル
2、かっぱらトンネル
3、ふくべがたけPA


です。

1と2は、何か”江戸っ子”顔負けのきっぷうのいい名前ですね。(笑)

3は、未だに覚えられません。(汗)
北陸道の「賤ヶ岳」なら分かるがいけど....

ラジオよもやま話〜幻の民放初FM局...FM東海

2006年10月11日
WikipediaのFMとやまの欄を編集しつつ、他のリンク先を見ていったら、こんな記事に出会った。

”FM東海”

ほとんどの方は聞いたことのないFM局ですね、はい、私も始めて知ったのです。

このFM東海こそ、民放初のFM局なのです。

FM東海は、学校法人東海大学(東京)が超短波FM放送の実用化を目指して、1958年12月から1970年4月にかけて開設していた実験局あるいは実用化試験局でした。

このFM東海、1967年7月1日に「Jet Stream」という番組を開始しています。

そう、今は亡き城達也さんのナビゲートでおなじみの”あの”「Jet Stream」が、驚くべきことに最初はFM東海で放送されていたのです!!!

なのになぜ、現在姿を消しているのか。

それは、郵政省からの横やりが原因でした。

1960年5月1日に、郵政省が東海大学の「FM東海」(実用化試験局)がスポンサーを取ることを認可したのに、1968年1月8日 郵政省、FM東海に対し「FM放送の実施に必要な資料収集は終了、実用化試験局は再免許しない」と通告したのです。

それが裁判沙汰になり、その途中に”無認可状態”になる異常事態になって、FM東京開局と共に、その中に吸収合併されたのでした。

当然、「Jet Stream」も現在のようにTOKYO FMの番組のひとつになったのです。


余談ですが、それによりFM東京は”民放二番目のFM局”になったかと思えば、さにあらず、1969年12月24日にFM AICHIが開局していたのでした。

東海北陸膝栗毛〜本題

2006年10月11日

先日、東海地方に行ってきました。

東海北陸道にて、まずは南下。




白川郷の方は霧で前が見えん。(汗)

一旦接続の関係でR156に降りる。




荘川から再び高速へ.....

....名古屋市内に入る。




道の上の道....(まるで”田舎目線^^;”)




これは名古屋城の外堀。

次は岐阜。




真ん中に走っているのは線路。

昨年廃止になった名鉄の線路跡です。

ここではJRと私鉄の熾烈な争いの跡が残っているんですね。

ラジオよもやま話〜どうした?FMとやま(笑)

2006年10月11日
何を思ったか、以前FMとやまに在籍されていた魚津出身の住吉今日子さんについて調べていたら、Wikipedia内でFMとやまの記事が載っていた。

知らないことも書いてあった。

以前、敏腕ADで名前を挙げた...”川堰さん”って書いていましたが、”川角さん”の間違いでした。

後、なんと驚くべきことに、開局当初から今までずっとFMとやまに出ておられる方がいることに!!

小沢伊弘さん

学生時代に午前中によく小沢さんの声を聞いたことがありましたが、まさか今もずっととは...

「テレラジラ」のことも書いてあった。

「テレラジラ」は、FMとやまの電話投票システムで、FMとやまのキャラクター「ラジラ」からもじった名称だが、

”現在このテレラジラはあまり使用されていない。 ”

の文言に沈没。(爆)

たまには特番とかにテレラジラ使ったら?!?

Wham!復活!!

2006年10月11日
驚きました!

まさかWham!が復活するとは!!

昨晩のYahoo!のトップの記事にありました。

12月にロンドンで復活するとか!

アンドリューが....(声にならない)

Wham!といえば、解散後、ジョージマイケルにばかりスポットライトが当たっていて、一時期放送禁止の曲(『I want your sex』)が物議をかもしていたけど、その後いろんなことでPoliceの方にやっかいになるなど、注目されていた反面、相棒のアンドリューの影が余り薄かったのでどうなるかなあと思っていたら....

今後の彼らの活躍を期待してます。

遺書が大人に問いかけること

2006年10月12日
北海道滝川市の小学6年の女児の自殺が波紋を呼んでいる。

”いじめの事実は確認できない”と言った後に一転”いじめがあった”と滝川市教育委員会がようやく認めましたが、まず当の小学6年の女児の遺書を見てみます。(一部のみ)

「5年生になって人から『キモイ』と言われてとてもつらくなりました」「みんなは私のことがきらいでしたか? きもちわるかったですか?」。

言葉が丁寧なだけに、胸を締め付けられます。


Webで調べていたら、富山県内にも同じような思いをされた親御さんがいたのには驚きました。

岩脇寛子さんは1988年、富山市立奥田中1年生だった時に、今回の滝川市の女児のように遺書を残して自殺しました。

滝川市のこれに対して日曜日の番組で、
「子供は国の宝」徳光和夫
「跳ね返せる子供あり、跳ね返せない子供もいる」高田延彦


とコメントしているけど、当の本人にとっては「私、もう、その自信ない」(岩脇寛子さん)、「このままじゃ生き地獄」(同様に数年前に自殺した鹿川君)のこの世を生きていくだけで精一杯だから、国レベルのことまで頭が回ろうはずもない。

いじめは教師の目を盗んで行われるから年々見つけにくくなっているそうですが、教育現場で一番教えなければならないことって何だろう?

今の教師すらわかっているのだろうか?生きていくのに一番大事なこと。

小学生の子供まで自殺しているということは、小学生の時から生き辛さを感じているのだろう。だから、”いじめ”という縁が来たときに”生きてゆけない”と思う小学生も出てきたのだろう。

だから、小学生の時に大人は子供に、”生きる”こと自体を語らなければならない。

こんな不条理なことが一杯の世の中、何で生きなければならないのか

を。

東海北陸膝栗毛〜おまけ画像

2006年10月12日
白川郷を通っていたら、こんな風景に出会いました。




はざがけしてある稲にビニールがかかっていましたが、露か霜対策なのだろうか?

南砺紀行〜”リアル”福光駅

2006年10月12日
今では福光駅は駅舎や駐車場が新しくなっていますが、昔はこんな風景だったそうです。




油絵というのが粋ですね。

ちなみに駅の中に展示されています....っていつも福光駅を利用されている方にはもう”常識”だったりして。^^;

駐車場近辺に、こんな”リアル”な絵が....




ペットの糞の後始末を呼びかける絵ですが、湯気が立っていて、何ともリアルな。(笑)

ラジオよもやま話〜雑念

2006年10月12日
最近、WikipediaのFMとやまの記事を編集している。

私の知らないネタもあり、逆に私の知っているネタでWikipediaにないものを加筆したりしている。

その中でアナウンサー経歴を書き加えていて、高井ちゃんまで思い出したんだけど、廣川さんの同期だった”荒山さん”の”名前"の部分が思い出せない...

ラジオよもやま話〜ブーム

2006年10月13日
前にも書きましたが、映画『UDON』の前半部分はブームについて描かれていた。

ラジオでブームを考えるとき、出さなければならないものが”芳賀ゆい現象”です。

伊集院光のオールナイトニッポンから生まれた架空のアイドル「芳賀ゆい」は、瞬く間にCDデビューまで行ってしまう。

ジャケットには、サングラスをかけた写真。

リスナーたちは思い思いの”芳賀ゆい”を想像していたと思います。

まあ、今で言えば「電車男」のエルメスでしょうか。

しかもすごいのは、CDデビューのサイン会に本人(?)が現れてサインしていたということです。

種を明かすと、何人かの”芳賀ゆい”を用意していたとか。

恐るべきラジオ!

アッパレハウスを後にして

2006年10月14日
今朝、(私の車が会社にあるので)アッパレハウスから会社に向かう途中、テレビで”ゲンゲ”が映っていた。

通勤の行き帰りに「幻の魚と書いて”ゲンゲ”と呼ぶ」といわんばかりの看板があったので、漢字では「幻魚」と書くと思う。

実際テレビで見ると、なんとものっぺらとした魚であった。(笑)

キャスターが、「富山県内の人はいつも食べているんですよ」と言ってたけど、俺は食ったことがない....というか、県民がメジャーに食っていたら”幻の魚”と言わんのじゃないかね。(汗)

アッパレハウス

2006年10月14日
昨晩、会社のリーダー研修会の為、高岡のアッパレハウスに行ってきました。

当日になって駐車場の数が少ないことが判明したので、現地まで同乗することになった。

で、その同乗した車にはカーナビが搭載されていました。

そこで見たカーナビは”最新式”で、画面が二次元的と三次元的の両方が映されていた。

さらに、デジタル放送が見られるカーナビであった!!

今のカーナビっちゃ進んどるなあ〜...

そう思う反面、カーナビに頼りすぎるのも何かなあ...と思った。



私の車には地図がある。



遠出に出る時にも地図.....方向音痴ながに。(自爆)

だけでさあ、カーナビあると、道覚えんようになりそう。

地図だと区域区域の目印を記憶する癖がついているので、脳のシナプスとシナプスとを結びつける訓練になっているかも。(でも、なんで方向音痴?^^A;)

事実、現場にはついたのだけれど、あちこちと迷っていたなあ....カーナビに頼りすぎるのもなあ。

到着し、飯食って、ひとつの題(まあ、”サークル活動を活発にするには?というものだけれど。)について夜遅くまで議論して、明日の午前中に発表、と思いきや、到着直後から7:30までですべて議論書面化し、それからは酒盛り。(爆)


....これでええのか?(^^;;;

こんな風にして夜が更けてゆく....

時計も次の日を差してきた頃には、私はほかの”飲んだ暮れ野郎ども(笑)”のざれごと話を後にして就寝〜。(-_-)zzzz

まあ、目が覚めると、そんなことも忘れてしまっていることだろう。

で、また飲み会があると思い出したかのように話題になるって、”酒が入ったら、記憶力がよくなる”ってことかあ!?

つづく

阪神....お主.....^^;

2006年10月15日
プロ野球のセリーグを制したのは中日

で、二位が阪神

なのに..




”阪神”でセールやっとる。(^-^;)

伊藤ハムのセールでした。


....てことは、伊藤ハムって阪神とどない関係あるのかいな?

砺波の某量販店でのことです。

南砺紀行〜お犬様

2006年10月15日
近所の”お犬様”です。




写真を撮ろうとすると後ずさりする、しかし”ほえる”という仕事は遂行する”お犬様”でした。(笑)

昨日のアッパレハウスにて

2006年10月15日
アッパレハウスにて。




方言番付です。

大相撲の番付で言えば「出身地」が、「標準語の意味」になっていたのには秀逸!?

いつも携帯から見ていますが...(-_-;)

2006年10月16日
夕方、携帯から新着情報を見ていたら、フォーマットが変更していた。

何やら更新した時間が出ていますが.....時間違っとるがいけど。(汗)

というか、更新時間出す意味ってあるんかいな?

それと、前から思っとったんやけど、

携帯の新着情報に出ている記事の題名が先にアップされているはずなのに、後から見たらだいぶ後に更新したように表示されるんやけど、どうかならんけ?

”また修正して更新しているんかなあ”

と勘違いしてクリックすること多々あるんで、携帯の新着情報も正確に表示してほしいです。

いじめ

2006年10月16日
昨日から今朝にかけて、福岡県筑前町での中学一年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した問題について報じられている。

そこで、いじめの発端となったのが中学一年の時の担任の先生の言葉だったという。

その言葉を聞いて、金八先生の”腐ったりんご”を思い出したのは年のせい?(汗)

その自殺した生徒のご両親のおうちに学校関係者がお詫びに行ったときにそれが判明したという。それに対してお父さんが大変怒っておられた模様がテレビで放映されていた。

そこまでなら、”もっと学校側の対応がよければ....”というレベルで話が落ち着くはず。

だが、今朝のみのもんたが何を思ったか、「この教師の顔、なぜ出せないんだろう。”私が生徒と一緒にいじめをしました”と札を貼って町じゅうを歩け!」と言ったのだった。

みのもんたよ、教師の顔をさらしてどうかなる問題でないだろ!

親御さんが求めているのは、そんなことじゃないぞ!

みのもんたよ、おまえのやっていることは、あの教師おなじことをやっているんですよ!

もし、あなたの言葉で、その教師が自殺したら、あなた、責任持てますか?

言葉を話す仕事をしているんなら、自分の言葉で人を殺すかもしれないという自覚を持ちなさい!!

50回忌(下編)

2006年10月16日
やまびこ荘の近くでは、機械で豆を刈っていた。




やまびこ荘を出発し、うちへ戻る。

うちに着くなり、自分の部屋で爆睡していたら、いつの間にか暗くなっていて、おもむろに家中探すが、おかんがいない。記念品の残りを渡しにいってくるかなあと、親戚のうちに持っていったところ、そこに

おかんがいた。(^^A;)

あら、同じこと考えていたのね〜。(笑)

まあ、こういうこともあるさ。^^;

50回忌(上編)

2006年10月16日
昨日、うちの母の祖父母の50回忌が執り行われました。

前日までばたばたしていましたが、当日....もやっぱりばたばたして、記念品の配分がばらばらで渡し忘れが生じたりと....

当日は予測どおりの親類の8人+お坊さん2人で、何とか法要が済んだ後、バスでやまびこ荘に向かう。





割り箸入れかよ。(笑)

ごっつぉは....お腹いっぱいになってから”写せばよかった....”ということで、ごっつぉの画像はなし。(爆)

なので、代わりに




絵です。そして、




生け花です。そして、




山の中です。^^;

やまびこ荘では、ごっつぉを食しつつ、お酒を交わし、カラオケを出しました。

私はというと、裏方に徹し、浜村淳よろしく(笑)、前奏のところで、適当なこと言っていました。(をひっ!)

私は歌ったかって....もちのろん。(爆)

私以外の方はだいぶ年齢がいっておられる方ばかりだったので、山本譲二の「みちのくひとり旅」。(^^;A)

そんなこんなで、時は過ぎ、親戚の一人が私の母をねぎらう言葉にほろっとしました。

”言葉”の壁

2006年10月16日
最近、ある感情を自分の中で言葉にしようとするんだけど、その感情に合う言葉が見当たらない。

それで、まる一日引っかかったまま。

よく、短歌の形で、自分の中にあるものを表現しようとするけど、今のところ、どれも当てはまらない。

言葉は正直だけど、不完全だ。

すべてのものの中で、言葉にできる部分ってわずか。surficeの部分しか言葉にできない。

言葉はいっぱいあるけど、その中から感情を探し出すのは至難の技....というか、絶望の賭けかも。

不完全ゆえ、言葉で傷つけることがいっぱいある。

だから言葉を大事にしなければならない。

メディアの見方

2006年10月17日
前スレとちょっと関連した話になるけど、

マスメディアの報道になんか”ブーム”があるらしく、ちょっと前は「飲酒運転」で、今は「いじめ自殺」か「核」....

”ブーム”の間は、どかどかとネタにするけど、ブームが去ったらどうよ!

今、耐震偽造のことについて報じているところは、ほとんどいないんじゃないの?

私たちがメディアを注意深く見ていかなければいけませんね。

絶妙すぎるタイミングで

2006年10月17日
今朝のニュースで、アメリカ側も大気中の放射能を検出したので、北朝鮮の核実験が行われたことを認めましたね。

まあ、既に核実験したという前提で事態が進んでいるので、そのままの流れでいくと思いますが。


北朝鮮が核実験を実施したニュースと一緒に出ていたのが、「日本の核疑惑」のニュース。

これって、今に始まったことじゃないし、なんで今のタイミングで出てきたのだろう。

この絶妙すぎるタイミングが何か臭い.....

タイガース検定

2006年10月17日
今朝のスポーツ面に出てましたね。
出題がデイリーということで、コアな問題が期待されますね。


.....まあ、某4月からフリーアナウンサーになられた牧〇さんは必須でしょう。(笑)

”ミーハー”の歴史〜another side

2006年10月18日
ミーハー話の続き。

”みーちゃんはーちゃん”が語源だという説が一番強いですが、他にも説があるんです。

1、力士仲間の隠語馬鹿間抜けを表す「はーちゃ
ん」
という言葉があり、ドレミファソラシドの「ミーファー」と関連づけ、「ミーハー」になったとする説


2、新しいもの好きの若者が、自分のことを「me(ミ
ー)」
彼女を「her(ハー)」と呼び、「ミーのハーちゃん」などと言っていたため、軽い若者風俗をさして「ミーハー族」と総称したとする説

という説もあったとか。

ふーん、力士の隠語にそんなのがあったのか。

だけど、力士の隠語とドレミファがあまりにも関係がないことから、どうやらこれはガセっぽいとのこと。

2の説は....なんかこじつけっぽいなあ。(^^;)

いろいろあるんですね。(^^;A

”ミーハー”の歴史

2006年10月18日
知り合い(ネット上で)のサイトを見ていたら、ミーハーについて書いてあった。

ついでにミーハーの語源が出ているサイトも出ていたので、せっかくなので行って見た。(笑)

今の人、使っているのかなあ...というか、”ミーハー”と言って通じるかどうか。(爆)

>ミーハーの意味

ミーハーとは、流行などに熱中しやすい人たち。程度の低いことに夢中になっている女の子を軽蔑して言う言葉。

だそうです。

本来は女性への蔑称だったんですね。
なんか男にもミーハーと使っている場面を見たことあるけど。

で、由来は諸説あるらしくて、

一番有力なのが

?みいちゃんはあちゃんの略

だそうです。

....”みいちゃんはあちゃん”っちゃ、誰やねん、と思うけど。(^^;)


「みいちゃんはあちゃん」は昭和初期の流行語で、そこから軽い若者風俗を総称した「ミーハー族」が生まれ、昭和30年頃には、ミーハーより少し趣味が高尚な人々をさす「ソーラー族」も誕生したそうです。

ソーラー族?....朝日ソーラー使っとる人け?(爆)

この言葉自身、あまりはやらなかったとさ。

ちゃんちゃん

(続く)

想定外

2006年10月18日
今は仕事終わったから少しは落ち着いているけど、仕事時間中はかなりconfusion。

confusionのことは前にもあったけど、今回はもっともひどいかも。

自分の感情でありながら、自分の予想をことごとく外してくる。

想定外。

弱いなあ.....俺。

自分の感情、制御しきれないから。


男って、すべてのことを理論的にやろうとする。
いろんなことを想定して。特に俺。

それでも、想定外なことが起こると一発撃沈。

ああ、弱いなあ。

飲酒運転防止への妙案

2006年10月18日
今朝の北日本新聞には飲酒運転防止への県内の居酒屋さんのご苦労が紹介されていた。

代行を呼んだりとか翌日までの駐車料金を無料にしたりといろいろ頭をひねっておられますね。

私の別のブログサイトで、レスされた方からたまたま紹介されたサイトを見たら、こんな内容のことが書いてありました。

ここ

飲酒運転防止への意識改革の具体的な実例として「指定ドライバー」というのがあります。

グループでアルコールを提供する飲食店へ車で行った場合、車の台数以上の人数をドライバーに指名し帽子やシールなどを身に付け指定ドライバーであることを宣言します。周囲から飲めない人だと認識され飲めない、お酒を勧めないというルールを作ることにより飲酒運転をなくそうという試みです。

だれが見てもわかりやすいというのが大きいですね。
それに飲食店の方にもメリット大だし。

こういうシール、是非とも南砺市警で作って欲しいです。(もちろん無料で配布して)

優れものの地図

2006年10月18日
まずこれ。




昨年の愛知万博期間中に買った地図です。

で、ついに万博には行きませんでした。(爆)

でも、名古屋方面に行くときにはこれが重宝しています。

そのわけは!

?高速・鉄道のアクセスがこと細かく書いてある。

これは大きいです。
まあ、料金は昨年時点ですが、載っています。

?都市部近辺のエリアの地図がある。その中に目印となる店舗名がある。

この二つ取っただけでも、イベント用地図とはいえ、だらにできんなあと実感。

あと、市町村合併後の地域名が載っているのも利点です。

これは、下手な公共のところが出す地図よりもわかりやすいです!

....なのに、先日道に迷ったおいらって。(自爆)

今日は何の日〜献血の日

2006年10月20日
今日、会社に献血車が来ていたので、献血をしました。

数ヶ月ぶりなのに、何か前とは違ったやり方だった。

まず、献血前の血液検査後に、水分補給の為に、ジュースを飲んだことです。

あと、何と言っても、献血手帳が廃止され、献血カードになったことです。


今回は400ml献血をしましたが、献血できる最大量は、

男性:(体重の8%)×15%

女性:(体重の7%)×15%

なので、おいら一人で800mlはいけるかな。(爆)

教える先生も

2006年10月20日
北海道や福岡でのいじめ自殺の件で先生方が、マスコミに叩かれまくっている。

そんな生成も苦しんでいる記事があります。

>10/17 Yahoo!ニュースより
千葉市立中の男性教諭が自殺、校長のしっ責が引き金?

 千葉市立中学校の男性教諭(50)が、9月に自殺していたことが分かった。

 市教育委員会は、同校の男性校長(58)が厳しくしっ責したことが自殺の引き金になった可能性もあるとして、事実関係を調査している。

 市教委などによると、教務主任だった男性教諭は9月6日、千葉市内の道路にかかる陸橋から飛び降りて死亡した。遺書は見つかっていない。


今度は先生の方が自殺している。


こういう教育問題になると、必ずと言って叩かれるのが、先生とお母さん。

先生は先生なりに、お母さん方はお母さんで一生懸命に子供と向き合ったおられる。一部不届きなメンツはいても、やはり一生懸命に頑張っておられる方々です。

なのに、このような事件が起きると必ず叩かれる。

それで、それらの立場の方々が精神的に追い込まれて、悪循環をもたらしているのではないか。

そういえば、19日の北日本新聞にベテラン教師が今の子供たちとどうやって接するか苦慮しておられる記事もでていました。

まずは、先生方やお母さん方の立場を守らなければならないのでは。

そうして、それらの方自身が、「苦しくても自殺してはならないのははぜか?」ということを知って頂かなければ.....

今朝の北日本新聞の真ん中たらへんから〜広報とやま

2006年10月20日
毎月、地区の班長を通して、”配りもん”が来る。

「広報なんと」やら、議会のがやら、消防署のがやら色々来ている。

これらに目を通すのに結構時間がかかる。

そういえば、山瀬氏の最近のブログにもこんな記事があったっけ。

やっぱ、なるだけまとまった形の方がいいわあ〜。(実感)

そうやけど、メール使えん”おばば”もおるがに、それら全部をメール配信っちゃ、どうなんかなあ。


おばばでも情報を知ることができて、なおかつなるだけ早く、情報が伝わる方法っちゃ、ないかなあ。


などと思っていたところで、本題の今朝の北日本新聞の真ん中たらへんの記事。

毎週金曜、City-FM or FMとなみ or ラジオミュー or とやまソフトセンターのどっかがコラムを書いていますが、今朝はCity FMの河内麻美さんです。

そこで、「広報とやま」をラジオで音声ガイダンスの形で報じているという記事でした。

なるほど。


ラジオなら、おばばでも容易に情報を得られるなあ。

で、そうなると、FMとなみでできんかなあ....と思ったがいけど、FMとなみでは、砺波市議会の模様は録音で放送するけど、電波エリアの南砺市や小矢部市のことはほとんど流してない。


....やっぱ、TSTに頼むか。(汗)

※「むすんでなんと」でっちゃ、「広報なんと」の内容を流しているのかなあ....うち、ケーブルつながってないので。(大汗)


なんせ、必要最小限の情報だけアナログの形で、それ以外はメーリングリストでやるかっちゃ、どうけ?

想定外max

2006年10月21日
突然の訃報である。

まさに想定外MAXである。

突然の訃報は、午後の携帯からだった。

「50年忌に来ていた親戚が亡くなった」

朝、病院に自分の車で行って、そこの病院で急変して、そのまま逝ったとのこと。

5日前の50年忌には動いていた。

その姿を見ていた。

5日後には.....

というか、朝の時点では動いていたとのこと。

なんなんだ....

究極の想定外



そういえば、「渡鬼」の”大吉”だった藤岡琢也さんも亡くなったとあった。

ご冥福を祈ります。

入棺

2006年10月22日
入棺

初めてである。

通夜の前に故人を棺おけに入れること。


業者到着。午後4時過ぎに行われる。(既に棺あり。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

親戚一同、業者の用意した清浄綿で故人の体を拭く。

業者、故人の顔を使い捨てカミソリにて剃る。

同じく、故人の顔にファンデーションを塗る。

同じく、故人の唇に紅を引く。

同じく、口と鼻の中に綿詰める。

同じく、故人に白い足袋と着物を着せる。

故人、入棺。

遺族一同、故人の生前愛着のあったものを棺に納める。

棺の蓋される。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さすが業者というか、すべて事務的に行われている。像に化粧を施すかのように。

ちなみにラジオは棺の中には入れられなかった。

息が絶えて一日しかたっていないのに、手の先が土色に変色し、少し硬くなっていた。

死後硬直が始まっているということだろう。

”紅顔むなしく変じて、桃李のよそおいも失う”という白骨のお言葉が頭をよぎる。

のどもと過ぎても....

2006年10月23日
今日で実は新潟中越地震があって丸二年

昼のラジオで気づいた。

ああ、たった二年なのに忘れていたとは。

何だか最近、人が死ぬ報道が多々自分にぶつかってきている。

先日の親戚もそうだけど、「渡鬼」の藤岡琢也さん、そして、今朝の新聞にはばってん荒川さんが亡くなっている。

いわば、周り中白骨にまみれている感じなんですが、それでも、ある種”麻痺”してしまっているんです。


どんな惨劇があっても、時間がたつと「のど元過ぎれば、暑さ忘れる」わけで、死に対して鈍くなっている。

垂れ流された死亡記事を右から左に流しているだけのような、そういう鈍さも自分自身感じる。

「天災は忘れた頃にやってくる」

天災ばかりではない。
自分の死も、忘れた頃にやってくる。

肝に銘じねば。

通夜、葬式そして初七日

2006年10月23日
通夜。

喪主の方より、受付の方を頼まれたのだが”親族”といっても、なにぶん微妙な立場なもので、控えめに立つ。(汗)

広大な親族&各界の関係者参集。
近所の方々、旅行の予定をキャンセルされ、参詣される。

葬式。

10時開始だが、会場に到着したのは30分前。
そのまま参詣者となる。


火葬場へ。

バスで向かう。流れるのは先ほどの葬式の時の坊さんの読経のカセットの音
最後のお別れの時、棺の小さな扉を開くとガラス張り。

そのまま焼くのだが、大丈夫なのか?
ラジオがだめなのに、ガラスとか棺の留め金はどうなるのか?

親族のみの食事

火葬が済むまでホールで食事。

再び火葬場へ。

火葬終了。
骨だけの姿。
見せ付けられる”現実”。


その中に、”ねね”一人。
この”現実”はどこまで理解しているのだろう。
この”現実”を知る時、この子の人生にどう影響するのか。

何とも”対象的”といえば”対象的”

再び食事。

....さっき食べたばかりなのに。(大汗)
といいながら、おかんの分も完食した私って。(爆)

遺族の皆様、そして通夜・葬式にお越しの皆さん、お疲れ様でした。m(_ _)m

泣けない男、よっち

2006年10月24日
最近涙したのは、葬式の時、喪主の方が泣かないように話されていて、思わず我慢しきれなくなった時



それでも、”涙した”というだけで泣けなかった。

そういえば、実生活では、てんで泣いてないなあ。

精神的にかなり追い詰められても、涙すら出てこない。




なのに、映画だと泣いてしまう。


私の場合、明らかに泣かせにかかっている映画は嫌いなので見ない。

なので、見るのは泣きそうも無い映画だけとなっている。

なのに、昨年の『Always〜三丁目の夕日』を見たときも、


今年の『ドラえもん』を見たときも、

大泣きしてしまった。

なんでやろう.....

皆さんもこんなこと、ありますか?

23日の新聞記事について

2006年10月24日
23日の北日本新聞には、呉羽山展望台の落書きなどが問題になっているという記事がありましたが、落書きの内容まで写真で載せてあった。


ここ最近、公共施設のなどのマナーの低下が問題になっていて、南砺市内の橋の土台とかトンネルの中とかでも見られます。

こういう落書きをする輩って、自分の書いたものが後々まで残ればいいという自己顕示欲の固まり。

でもって、書いた内容が新聞でどーん!と写真入りで載ってしまった記事を見ようもんなら、その”馬鹿”(←あえてこの言葉を使います)が、

”これ、俺が書いたやつやぞー!”

ゆうて得意満面で触れ回る材料になっていることだろう。(-_-メ)

この記事によって、抑止力どころか、

”俺も、書かんなん!”

という馬鹿を増長させるのでは?

いっそのこと、こういう落書きの記事の場合、落書きの部分はモザイクにして内容を完全にはわからないようにして報じるべきなのでは!?

あと、現在も地元の方々は落書きやごみや騒音で困っておられるので、以前NHKの「ご近所〜」で取り上げられた落書き対処法を一度されたら、どうでしょうか?

特に落書きは巨悪の元にもなるので、徹底してやって欲しいです。行政がこれにいくらかけても、やらんなんのではないでしょうか?

車クラッシュ(>_<)

2006年10月24日
帰り道、車をクラッシュさせてしまった

げげっ!

.....やってもうた。(T_T)

しかも、後ろに車の行列。(--;)もっとやべ。

不幸中の幸い、うしろの車の中に専門家がおられましたのいで、とりあえず通路じゃないところまで避難。

そこで、レッカー車が来るまで待っておればよかったのに、車のスペアタイヤを交換をしていたら、

ガッチャーン!

ジャッキが倒れてしまった。(;_;)

....ああ、ドつぼや。

時期にレッカー車が到着。

業者は粛々と作業。

作業中....。

とりあえず現在、代車を使っています。

「地理」の地位向上委員会

2006年10月25日
ここのところ、単位が足りないとかで一躍スターダムに上がった”世界史”。

そして、教科書でたびたび話題になっている日本の歴史...というか近代史。

高校の社会科の中で、世界史と日本史という”歴史もの”がニュースになっているけど、なんかもうひとつ、忘れてないかい?

それは、「地理」

なんか「地理」の影が薄いような気がして、高校時代に地理を選択したおいらとしては....(大汗)

社会に出てから、「地理」が役に立ったことがないか、地味にさがそーっと。(^^ゞ)

ツッコミタイム!

2006年10月25日
>ロイター通信より

[サモン(米アイダホ州) 19日 ロイター]

米アイダホ州の元消防隊員が19日、2003年に同州とモンタナ州の境付近に位置する森林地帯で起きた2件の放火について、容疑を認めた。

1カ月前に解雇されたこの元消防隊員はアイダホ州東部の都市サモンに住むレビ・ミラー(22)。

放火には葉巻と木炭を使用したことを認めており、理由は退屈しのぎとお金が稼ぎたかったためだという。
ミラーは司法当局に提出した供述書の中で「退屈だった。火を消したかった」と述べた。

ミラーは、同意したアイダホ州検察当局との司法取引の条件に従って、最長10年の禁固刑および2件の放火についてそれぞれ最高5万ドル(約590万円)の罰金が科せ
られる。


....暇つぶしに放火かよ!(三村風)

どうせ火をつけるなら、うちの近くで焚き火をしてなさい!

よっちの代車生活(笑)〜Part?

2006年10月25日
今日は久しぶりに業者に向かう。

時間帯がちょうど子供たちの下校時間。

子供たちの集団の中に、おばちゃんが二人。

防犯のおばちゃんだった。

いやな事件が多くなっているせいか、子供たちを守る人が一緒にいるんだと思うけど、寄り道できない世の中って寂しいなあ。

だけど、そのおばちゃんと女の子が仲良くしゃべっているのには、ある意味いいねえ。(^〜^)

少し車を進ませると、初めて見つけました....”ご当地ナンバー”

初めて「金沢ナンバー」の車を見かけました。

そのうち「南砺ナンバー」が出たらなあ....

うまそげな〜

2006年10月25日




...(^;^)

よっちの代車生活(笑)〜Part?

2006年10月25日
月曜日に故障したので、現在代車運転中です。(^_^A;)

なので、”代車生活”。(笑)

一日目。

今日は、(今回)初めての代車。
代車生活はたびたびあるけど(爆)、今回の車では初日。

朝、高速に乗る。

ヴィッツに比べて初速が遅い....仕方ないけど。(汗)
でも、電波は前と同様、FM石川も聞ける。(^-^)

高速を降りると、ETCがついてないけど650円。軽四のなせる技か!?

まあ、車に乗り始めは軽四だから、もう慣れるでしょう。

受験と単位と歴史観とのはざまで

2006年10月25日
某高校での単位が足りないというニュース。

必修の世界史をこそっと選択教科の一つにしていたための単位不足。

一番迷惑しているのはもちろん生徒たち。汗

そりゃそうだわ....


これから70時間分の単位を多く取得せんなんから。
受験勉強の佳境の時期に、というところがなお迷惑な話になっている。


実のところ、このニュースを聞いて驚いたのは、

「今、世界史が必修科目になっている」

ということ。

まあ、うちらが卒業してから平成6年から高校でも指導要領が出来て、10年ごとに改正されているわけで、そんなこんなで世界史が必修になっていた訳。

世界史のイメージですが、

うちらの時代は(理系ですが)日本史、世界史、地理が選択教科になっていて、はたから見てたら、世界史を取っていた人らはテストの寸前までテキストみて覚えていたよう。

おおざっぱに単純計算しても、

(一国の歴史)×(150〜160カ国)=世界の歴史

ということで、年号など覚える量が多いんだなあ。(おおざっぱな計算だけど。)

今の指導要領には、その世界史が必修にあるんだから、それだけでもうちらよりも大変。

覚えるだけで手一杯。

今朝のメディアを見ていると、”受験のひずみ”とか何とかと書いてあるところもあったけど、どだいこんな記憶せんなん量が多い世界史を高校で勉強しても、受験の教科にはないといえば、”そんなもん大学行くがに、いらんわ!”という気持ちにもなるわけだろう。

しかも、世界史で記憶するだけ記憶して、なおかつ、これら世界史から”歴史観”を学んだところで、大学に入ったらほとんど記憶の外に行ってしまうのがオチ。

歴史観を教えたいなら、小学校とか中学校とかにしたらと思うんだけどなあ。

必修不履修と教育格差への危惧

2006年10月26日
今朝の新聞を見ると、例の必修不履修の問題、どうやら全国レベルの問題になっていますね。

全国で50〜60件発覚していますが、その内訳を見たところ、東北・北陸地方、いわゆる地方の高校で多く発覚していました。

特に岩手では30件とのこと。

大都市の広島や兵庫もそれぞれ一件ずつありましたが、今朝のテレビを見た限りでは、卒業できないと言うレベルではなかったです。


受験対策。
各県・各高校とも、頭を悩ませていることだと思いますが、地方の高校で特に受験に出ない世界史を必修にしないでいたことが発覚したという事実を知るにつけ、地方はそれだけしないと都会の高校と戦えないのかなあという思いを持ってしまいます。

「教育格差」

こんなところにも影を落としている。

今回の騒動が終息したら、都会と地方の教育格差が間違いなく広がっていると思います。

文部科学省ののお役人の皆さん、地方のこの現状をどう見ておられるのだろうか?

ラジオよもやま話〜STV今昔物語

2006年10月27日
今日の帰りに、カーラジオでSTVを聞いていたら、千秋幸雄さんの声があった。

やはり、日ハムが日本一になった翌日ということで、お祝いメッセージが主でした。

中にはコインランドリーで、こわもてのおっさんと勝利を分かち合った方も。(笑)

そういえば、十年前の雑誌にも千秋さんの写真があったなあ。

十年前のSTVラジオのパーソナリティー欄に船守さち子さんと福永俊介さんの二人も出ていました。

その二人が一緒にラジオをやったのが「船守さち子のSUPER RANKING」

題名からわかるとおり、力関係は船守さんの方が上。(^^;)

まあ、ランキング形式の音楽番組でしたが、福永さんはそのころから”イロモノ”キャラでした。(爆)

で、その後お二人はどうなったか?

船守さんは、JFN系の「オープンセサミ」でしゃべっているし、福永さんは「ズームイン サタデー」で中継に出ています....やっぱり今も”イロモノ”キャラでした。(笑)

一発ギャグ from 精米機

2006年10月27日
福野の精米所にこんな張り紙があった。




マンボを踊りそうな張り紙だ。(笑)

ラジオよもやま話〜STVラジオのドン

2006年10月27日
北海道に”化け物番組”あり。

その名も、「日高晤郎ショー」

毎週土曜日午前8時から午後5時までの8時間ぶっとおしでやっている。

この番組、何十年やっているのかなあ。

しかも、STVの中でアクセスランキングがいまだに一位。

8時間番組だから、いろんなコーナーがある。
「晤郎の名言集」より。
胸に響くそれぞれの生き方・考え方というのは、実は周辺にあふれています。読んだ本、聞いた言葉…。何故それを聞いた自分の中に留まってないのか。聞いてるんだけど、心に留めてないから、メモしてないからですね。

これはほんの一部です。

こういう濃い話を毎週やっているんです....ああ〜聞きて〜。

しかーし、日高晤郎本人はまだまだ満足していない。

さあ、どこまで行くか、このSTVの怪物....

ラジオよもやま話〜『うまいっしょクラブ』

2006年10月27日
昨日、北海道日本ハムファイターズが日本一になりましたね。

案外あっさりと決まったんやね。(^^;

ということで、今回の”ラジオよもやま話”はその北海道にまつわるお話を。m(_ _)m

北海道のAMラジオ、実は夜になったら南砺でもばりばりに聞こえます....KNBよりも鮮明に。(爆)

一時期聞いてました。

さて、題に出した『うまいっしょクラブ』、以前月金の夜にやっていたラジオ番組です。

パーソナリティーは明石英一郎さん

今じゃ、かなりお偉いさんになっているかも。

この番組名から分かるとおり、スポンサーは”あの”会社です。

で、『うまいっしょクラブ』ではどんなコーナーがあったかといえば、「いやしんぼクラブ」


....えっと、これしか覚えていません。(^^;

このコーナー名からわかるように、何かを食べるコーナーです。で、それが何かをリスナーから答えを求めるコーナーです。

なんかうまいもん食べとるんかなあ〜と思ったあなたっ!

「うまいっしょクラブ」をなめてはいけません。
そんじょそこらの番組とは違います。

記憶にあったのは、

なんと銀紙を食べていました。(どっひゃー!)

他、忘れましたが、”こんなもん食べれんやろー!”というものまで食べていました。

昔はこんなおポンチな番組が出来てしまうほど、のどかだったんですね。(^-^;)

覚悟

2006年10月27日
”覚悟”をせり。

”鬱”にならぬためにだ。

周りで鬱になってしまった人は数人いる。

いろんな要因でなったと思うけど、環境が整ってしまって、鬱になってしまった人が数人いる。

いつ、何時、鬱状態になるかわからないから厄介だ。

折れてしまってからだと遅い。(”遅い”といっても”直らない”ということではないです)

鬱になってからだと大変。

日常生活に影響が出てしまう。

だから今、立ち上がるしかない。

読ませ大賞.jp

2006年10月27日
今朝の北日本新聞に、HPで読ませ大賞を投票しているということが書いてあった。

そういえば、今日10/27は本の日でした。

さっそくHPに行って、投票してきました。

ちなみに最近再び読み始めた本です。

読書の秋にどうぞ!

※押切もえさんファン必見!投票したら押切もえさんのスクリーンセーバーをダウンロードできまっせ。(←なんで大阪弁?)

南砺紀行〜隣家のつるし

2006年10月29日



隣家の風景です。

生産するためでなく、うちで食べる分を作っておられるようです。

うちの方では”ち○ぼ柿”とも言われます。(爆)

福光駅自転車駐輪場の惨状

2006年10月29日
昨日、フレッサに行く用事があったので、ついでに福光の駅前にいったところ.....

自転車駐輪場がひどい状況でした。

駐輪場は手前と奥の二ヶ所にありますが、手前では




壁には落書きし放題。さらにひどいのは、




奥の駐輪場も、





ガラス破損と壁への落書き。

先日の北日本新聞で紹介されていた呉羽山の展望所での落書きもさることながら、こんな近くでもあったとは。

ガラスの破損も落書きも器物損壊罪です。

カージナルス世界一

2006年10月29日
おはようございます。

日本では日本ハムが優勝で沸いていますが、海を越えたアメリカでもチャンピオンが決まりましたね。

田口選手が所属するカージナルスがタイガースを破り、日本人選手が所属するチームとしては、昨年のホワイトソックスの井口選手以来二年連続です。


しかし、レギュラーで闘っていた昨年の井口とは違い、田口選手は(ワールドシリーズでは三度先発出場しているけど)代打等「控え」で闘っていた点で昨年の井口の時とは違う感があります。

控えだと、身体はグランドで動いていたり動いていなかったりしているけど、心の中ではいつ出場してもいいように動きつづけていなければならない。

しかし出番が少ないと「気持ちが折れそうになった」時期もあったと田口自身も語っていた。控えという立場を恥じていた時期もあった。

そりゃ、そうだよね。
俺も出番が少ないとぐれるし。(汗)

そこである日、田口は気づいた。

「守備固めやバントでも感謝してくれるファンがいる。自分を信用してくれる監督がいる」ということを。

それから、一歩前進したという。

日本の”ものづくり”の原点を見た思いです。

飼い犬の末路

2006年10月29日
今日は親戚の亡くなった祖母さんの50年忌などがあったけど、精神的に危なかったので、午前中で帰路。


現在”引きこもり状態”です。(汗)

なんかなあ、今になって”ヒッキー”の方の気持ちが分かるようになるとは。(大汗)

なので、今日はテレビ三昧の日です。

で、なぜか犬に関するニュースが結構あったわけで。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まず今朝のテレビで広島のドッグパークでの犬放置の件についてやっていた。

広島のドッグパークは数年前に閉館しました。

となると、”残りのワンちゃんはどうなったのか?”が問題になります。

なんと、一年間食べ物を与えられずに放置されていたのでした。

そのことを知られたボランティアの方々が立ち上がって、そこにいた犬のケアと新たな飼い主への譲渡を始めました。

新たな飼い主に譲渡するのに厳しい面接をして通った方のみ譲渡できるようにしました。

これは当然だと思います。
飼い主自身が不測の事態に成った時にも犬の安全が保たれるか、という問題があるし、何と言っても譲渡した飼い主によってまた放置などされないようにするために必要なことだと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「東京マガジン」内。

散髪屋のおやじさんが近所のお年寄りから「年取ってしまって、自分たちでは飼えんわ」ということで預けられたのが始まりで、今では本職がほとんどできなくて、大赤字状態とのこと。

それでも、そのおやじさんは「責任があるから」とこれからも預けられた犬の世話をしていくという。

預けられたお年寄りの方にしても、飼う責任が今の自分には、まっとうできないと思われて預けられた訳で、”ただ可愛いから”とか”寂しいから”という単純な理由で犬を飼っていた人たちとは全く違うんです。

「生木を引き裂かれる」思いだったんじゃないでしょうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これら二つの番組とも犬の話題でしたが、くしくも飼い主に求められていることが似通っていました。

・避妊治療をする。(子犬の状態からは飼わない)
・飼い主の他に家族の協力がある。

もう一つあったけど忘れました。

考えさせられることです。

座布団柿!?

2006年10月30日



昨日の50回忌のお土産として、うちの母親が持ってきた”こぶた”の中にあった柿です。

....座布団の上で撮影すればよかった。(笑)

ありえない地名

2006年10月31日
今日からなにやら世界バレーがあるそうだ。

TBS系で今晩から生放送されるとのことで、北日本新聞のテレビ欄には「日本対台湾」とあった。

しかし、今朝のテレビを見ていたら、TBS系ではなんと「日本対チャイニーズ タイペイ」となっていた。

チャイニーズ タイペイ?

それどこけ?

チャイニーズ(Chinese)=中国の。
Chinaは中華人民共和国だから、中華人民共和国の、ってことだな。

で、”タイペイ”?

タイペイっちゃ、”台北”だから、台湾の首都だぞ。

何か中国大陸からの横槍の影が見えてくる。(-_-;)

台湾では、公用語は”國語”。台湾華語とも言われる。

しかし、それとは別に「台湾語」というのが存在している。

中国語では抑揚は4つなのに対して、台湾語は8つと中国語とは異にしている。

それ一つ挙げてもそうなので、中国と台湾を同一視した報道には違和感がある。

ちなみに台湾の本名は”中華民国”で、”人民”が入っていません。
作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。