nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

俺の周りWedding Series?

2007年03月01日
今日の午後から、会社の後輩が長期休暇に入った。

土曜日の結婚式の準備〜新婚旅行の為だ。

遂に開幕してしまった…今年のウェディングシリーズの。

今時点でこれを含め3つも決まっている。(後の二つは青年団関係)

…まだプロ野球がオープン戦なのに〜。

…俺のは、まだオープン戦にも入っていないのに。(T-T)

「ホームパーティー」

2007年03月01日
ラジオ番組「フォーユー未来倶楽部」の今日のテーマは「ホームパーティー」。

番組が終わった後に思い出したのがあったんです。

昨年、広瀬地区レクの後、地元の公民館でやっていたのは一種のホームパーティーですね。

この場合は、お金は地区予算もちですが、一昨年に当時の区長さんは、6/10の休み事の太鼓打ち(場所によっては”田祭”とも言われる)の後、自宅で焼肉パーティーをうちら青年団員の為に振る舞って頂きました。

肉とか道具すべて、区長さんが用意されていて、時計の針が次の日を回るまで肉にビールに堪能させて頂きました。

まさに太っ腹な区長でした。


驚ロイター通信〜チワワ州

2007年03月01日
ロイター通信より、チワワ州の話題です。

> メキシコのチワワ州にある高校では、生徒の性教育の一環として、コンピューターを内蔵した赤ちゃんの人形が取り入れられている。同州では10代の妊娠率上昇が問題になっており、この人形を使って育児の大変さを身をもって理解させるのが狙いだという。
この赤ちゃんロボットはお腹を空かせて泣いたり、夜中に目が覚めると寝付かせるまで大きな声で泣くようプログラミングされており、男女1組となった13─17歳の生徒には2─3日間の子育て経験が義務付けられる。
州教育当局のピラル・フイドブロ氏による生徒たちは人形のおむつ交換やミルクの世話、げっぷをさせる練習までしなくてならないという。
同氏は、同州で生まれる新生児の母親の20%が19歳以下だと説明。「若くして親になることのリスクを彼らに本当に自覚させるための斬新な方法を取り入れることが狙いです」と話した。


生徒の性教育の一環として、コンピューターを内蔵した赤ちゃんの人形が取り入れられていることよりも、メキシコに「チワワ州」という州があることに驚き。(笑)

祝砲(笑)

2007年03月01日
体調、良好に向かう。

昨晩遂に、......おなら出ました!\(^O^)/←この喜びよう。(笑)

二月の別れを惜しむおならでした。(何でやねん)

便もだいぶ普段の状態になってきていますので、9割がた、元に戻りました。

えロイター通信?〜女島

2007年03月01日
ロイター通信より。

なんとイランに女性しかいない島が!?

> イラン北西の州が地元観光を盛り上げるため、「女性しかいない島」を作ることを計画している。
地元職員は、西アゼルバイジャン州・ウルミエ湖にある島を予定地としていることを明らかにした。
イランの厳しいイスラム法では、女性は公共の場所で男性と一緒にいてはいけないことになっているが、性別による分離は女性の人権侵害というよりは、むしろ女性を保護しているという。
「Arezou(希望)島には女性だけが住むことになるでしょう。公共交通機関、レストラン、その他施設は全て女性によって運営されます」
同国の一部ビーチは女性専用となっており、ここでは水着着用も認められている。また、女性専用公園まであるという。
イランでは公の場所で、大抵の女性はチャドルと呼ばれる黒い衣服を着用して肌の露出を防いでいる。またそれは一部官庁で義務づけられている。


ここでよからぬことを考えたあなた!

イスラム教社会なので残念〜!

驚ロイター通信〜話すトイレ

2007年03月01日
これもロイター通信より。

日本でも導入は!?

> 飲酒運転防止対策として、米ニューメキシコ州がちょっと変わった試みを行っている。トイレに入った人に“まるで便器が話しているかのように”飲酒運転はしないよう話しかける方法だ。
州交通当局の木曜日の発表によると、ドライバーに「飲んだら乗るな」と警告するため、州内にあるバーやレストランのトイレに約500個の“しゃべる脱臭剤”を最近設置したという。
まるで便器がしゃべっているかのように感じるこのトーキング脱臭剤は、「そこのあなた、何杯かお酒を飲んでる? ならちょっと聞いてよ。飲み過ぎてはいない? 飲んでいない友人やタクシーを呼んで家まで送ってもらう時間じゃない?」と話しかける。
交通当局のマヘーシュ広報担当は「飲酒運転はニューメキシコ州で大きな問題となっています。お酒を飲んだ男性が、この声を聞いて運転するのをやめてくれることを願うばかりです」とロイターにコメント。
しゃべる脱臭剤はニューヨークに本社を置くヘルスクエスト・テクノロジーズ社が開発したもので、同州だけでなく他州でも設置されたこともあるが、州全体で設置が行われたのは今回が初めて。専用バッテリーの寿命は3カ月で、お値段は一個21ドル(約2500円)。
「効果があれば、ぜひバーやレストランのオーナーに継続して設置してほしい」とマヘーシュ広報担当は話している。


静かなトイレでいきなり

「そこのあなた、何杯かお酒を飲んでる? ならちょっと聞いてよ。…」

と聞かれた時は、たとえ酒を飲んでなくても、おしっこがあさっての方向に行く危険性もある!?


社説の斜折

2007年03月02日
昨日から、北日本新聞の社説は一つに減りましたが、新聞社としての論説の場が少なくなったことに、政治経済あらゆるジャンルへの論説力を持った人間が少なくなったのではと危惧している。

「量より質」とは言われるが、「量」を保てるほどの社の力量が落ちれば、まず「質」が落ち、そして「量」が落ちるのが当然ではないのか?

そこから「質の復興」がなされればいいのだが、昨日の社説は正直、特集「瞳見つめて」と変わらないのではと感じた。


いったい、今の北日本新聞を書いている人の中で、特集と社説の重みの違いを説明できるのはどれだけあるだろうか?

社説は
>(Wikipediaより)
一般には社としての立場・意見の表明。最近の時事・国際問題など、注目されるニュースの中から毎日1、2項目ずつ取り上げて、新聞社の論説員委員(地方新聞の一部は共同通信社、時事通信社などニュース配信の通信社の論説委員・編集委員)がその背景を解説するとともに、解説者の主張や考えを掲載するものである。


ので、ここで書かれたことは、社の代表の言葉同然の扱いなのに、その社説に、特集に尻尾をつけたような言葉を並べられたときは、読者も減るだろう。

蒼き狼〜地果て海尽きるまで

2007年03月03日
ファボーレで映画「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 」を見てきました。

…安野屋仁楽斎氏のお導きにより。(笑)


いつものことか。(^^ゞ

あらすじ等はファボーレ東宝にある今月号や仁楽斎氏ブログにもあるので割愛しますが、チンギスハーンが生まれてモンゴル統一し、金を攻めるまでのことが、描かれています。

映画の感想ですかあ…はっきり言って”期待外れ”でした。

親子の葛藤を描かれてはいるけど、それほど感じた部分が多くなかったです。

唯一、チンギスハーンの少年時代(テムジン)の役の男の子の凄い真っすぐな視線はどこまでも進む後のチンギスハーンを彷彿させ、そして女兵士の役のAraさんの潔さに惹かれました。

全国東宝系で今日から上映中です。

サザエさんにイナバウアー

2007年03月03日

Yahoo!を見ていたら、サザエさんにイナバウアー?とあったので、見てみると、サザエさんに荒川静香さんが声優で出演されるということだった。

ちなみに写真は、ファボーレにて。(笑)

雪囲い外し

2007年03月03日

おかんから、「雪囲い外しとらんとこ、寺とうちだけやぞ〜」と脅されながら(笑)、外しました。

で、外すのは楽ですが、問題はその後の撤収。(^_^;)

振り返しの風邪にグロッキーになりながらも(爆)、正午に完了。

今年の場合は、ほとんど出して入れたという状態でしたが、まあ今年が特別だったということで。

雛祭り

2007年03月03日
おいらは男なので、完全に関係ないです。

小さい頃からひな壇など飾ったことがない。

それにしても、雛祭りの朝のテレビにもう五月人形のCMが流れているのって、何?商業主義の言葉で片付けられるけど、ちょっと”おーど”じゃないけ?

…今年の場合、雛祭りはあの芸能人同士の結婚式に着ていた衣装で充分だな。(笑)

驚ロイター通信〜あるある

2007年03月04日
昨今、関テレの”あるある”でデータ捏造が発覚し、ついに終了しましたが、外国でもそんなことがあるようで…。

ロイター通信から。


ロイター] 英テレビ・チャンネル4のバラエティー番組『リチャード&ジュディ』と共にスキャンダルに巻き込まれた通信関連企業エコーは1日、同番組の制作プロダクション・カクタスとの契約を打ち切ると発表した。エコーは同番組に、電話による視聴者参加の技術的サービスを提供していた。
エコーによると、契約打ち切りは直ちに効力を発せられ、二度と共同作業をしない方針だという。
同番組は、視聴者に1ポンド払ってクイズを実施し、正解者から番組の出場者を選ぶとしていたが、クイズとは無関係にあらかじめ出場者が決まっていた“やらせ”が発覚、スキャンダルになっていた。


所謂”出来レース”って奴ですね。
日本の芸能人の出るクイズ番組でも多少あるんじゃないかなあ。

…ガチンコでやった時の”大御所”の必死な反応など、見てみたいものである。(笑)



春の芽吹き

2007年03月04日

暖冬とはいえ、こういうのを見ると、やっぱり春になるのが楽しみですね。

祭の後の酷い仕打ち(笑)

2007年03月05日

量販店にて。

”高級ひな飾り食品”なのに、時期が過ぎたら、買い物台車の中にぶち込まれているひな人形の立場から言うと、”仕打ち”ですね。

公と私と

2007年03月05日
お昼の情報番組を聞いていたら、PAへの家庭ゴミの処理費が十何億もかかっていると言っていた。

 富山県内の高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)でも、持込ゴミが多いとのこと。

中日本高速道路管区では、外部から持ちこまれるごみは五千三百トン、処理費は八億円。

一番多いのが弁当の空き箱で、深夜にテレビやエアコン、冷蔵庫など「家電リサイクル法」の対象製品を、無人のPAに捨てる悪質なケースもあるという。

公私混同もはなはだしい!

金属泥棒やら、使用中の電線を盗む輩とかも頻繁にニュースに出てきているけど、せめて日本にいる人間くらい、もっと「公」と「私」の線引きをもって欲しいです。

オトコの携帯

2007年03月06日
久々の石毛さんネタ。

石毛さんとは、四国アイランドリーグの代表で、現役時代は西武で活躍されていた方です。

その石毛さん、携帯を持っておられるけれど、

着メロが兄弟仁義

だれから来ても”兄弟仁義”。

男だ!

メールは使われなくて、待ち受け画面は初期画面。

....ますます男だあ!!

師匠、ついていきます!

3月6日は”36い”日?

2007年03月06日
今日は3月6日なので、寒いギャグをお送りします。


...えっ?なんで”寒いギャグ”を?

”寒(36)いギャグ”の語呂合わせですよ。(爆)

誰が決めたって?


....おいらだよ。(再爆)

ということで、いってみよう〜。

まず、

布団が吹っ飛んだ


....あっ!最初からしゃれになってないわ.....昨日の大風で、トレーラーが6台横転してました。


気分を入れ替えて、

>そこのトマト、止まっといて

....トマトが動いたら怖いけど。^^;

>アルミ缶の上にあるミカン

....寸止めギャグですね。

>天ぷらを添付らー!


力技だあ〜((((((;^^)

>知事の縮れ毛

....言うていいがけ〜(笑)

最後に、

>浴場で欲情

.....(爆)

以上、ダジャレ専門サイト「ダジャレ・ステーション」よりお送りしました。(最後を除く)

....って、そんなん専用で扱っているサイトって.....(笑)


いつの画像でしょう?

2007年03月07日

…今朝です。(汗)

ちょっと寒ないけ?

まるで真冬だわ…。

PUMA製

2007年03月07日

PUMA製のシャーペンです。

詳しく言えば、PUMAのロゴを許されたシャーペンです。

昨日、シャーペンが折れたので、砺波の量販店で購入しました。

…あるもんだなあ。

地雷バトン〜「仕事、辞めることにしました」

2007年03月07日
今、カウンター見たら”8181”だった....はいはい。(笑)


それはさておき、またまた知り合い(ネット上で)のブログにミクシーのバトンのネタが書いてあったので、例のごとく....(笑)

その名も”地雷バトン”

....決して爆発しません。(^^;

ということで、

●好きなタイプを外見で答えよう!

品のある人。

●年上が好き?

年齢など選り好みしている場合ではないので....(爆)

●財布はどんなのを使ってますか?

チャック付き。色はノーコメントで。

●携帯電話はどんなのを使ってますか?

ソフトバンクで。

●携帯ストラップは?

今の携帯を使い始めてからは、つけていません。

●手帳って持ってますか?

会社関係のみ。
その他、携帯のスケジュール機能で済ませています。

●バッグはどんなのを使ってますか?

持っていません。

●[バッグ]の主な中身は??

前問の回答につき。M(_ _)M

●星に何を願う?

何も願わない。
願った後で人のせいにするくらいなら、自分でケツまくる方が気分もいい。

●もしクレヨンに生まれ変わったら、何色がいい?

.....クレヨンに?
磨り減るだけの人生なんていやじゃー!

●好きなスポーツは?

格闘技全般、卓球(柔道、相撲、卓球は実際やっていました)

●好きな曜日

金曜日。
翌日休みだから。(笑)

●最後に観た映画は?

つい最近だよ....『蒼き狼〜(以下略)』

●怒ってる時にどうする?

ぐずったりいじけたりするが、暴力には訴えない。

●お年玉何に使う?

....お年玉もらう年じゃないし...(−。−)

●夏か冬どっち?

秋。←ひねくれもん(笑)

●最近泣いたのはいつ?なぜ?

映画「それボク」見た時。

余りの不条理に。

●ベットの下に何がある?

じゅうたん。

●昨夜何した?

夕食後、寝る。zzzz

●好きな車は?

....車を作っている会社に勤めているのに,「故障せずに乗れたら何でもいいわ」という根性です。(爆)

●好きな花は?

カスミソウ....と野村監督みたいに。
....あっ!ひまわりもいいな。(笑)

●先生に一言どうぞ

最近は年賀状だけでご無沙汰しています。


....こんなもんで、どうでっしゃろ?(^^ゞ



再出馬!

2007年03月08日
ここのところのドカ雪で、今朝、納屋の二階にしまっていたママさんダンプを出すことになりました。

昨日から、予想以上に積もったもので、今朝から活躍しています。


この雪で、再びスタッドレスタイヤに戻すドライバーがおられましたが、私はスタッドレスのままだったので助かりましたが、


.....やっぱり甘くみていたのかなあ.....俺。

驚ロイター通信〜喧嘩すんなよ

2007年03月09日
ロイター通信より。

> ベオグラードの病院で、医師2人が盲腸の手術中にけんかを始め、争いを鎮めるために手術室を飛び出すというハプニングが起きた。21日付の地元紙が報じた。
担当していた麻酔科医の話によると、外科医が手術をしている最中に同僚の医師が手術室に入ってきて口論がスタート。同僚の医師は、手術を行っている外科医の耳を引っ張ったり、顔を叩くなどして手術室を立ち去ったという。
外科医は同僚を追いかけて行ってけんかを続け、最終的には歯が折れたり、指を骨折するなどの大けがを負った。手術自体は別の医師によって無事に成功した。

”手術自体は別の医師によって無事に成功した”んだから、この二人、いらなかったんじゃないの?

喧嘩が元で手術されている人に大事に至らなかったのは幸いというか…(-_-;)


蓄熱ダーボエンジン搭載!?

2007年03月09日
昨日、午後からずっと現場に出ていたら、すっかり身体が冷えて、その後、温かい事務所に来ても、なかなか寒さがなくならなかった。

人間の体内にどれだけ熱量があるか分からないけど、熱を多量に放出するとよくないわけだなあ。

そういうわけで、寝ることも大事なんだなあ。。。。

驚ロイター通信〜機転

2007年03月09日
ロイター通信より。

> ドイツ南部フライブルクにあるフライブルク大学で試験中、事故による膀胱の障害で排尿のコントロールが効かなくなる病気の男性(27)に対し、試験監督官がルールに固執してトイレに行くことを許可しなかったため、男性は120人の受験生の前で排尿するはめになった。
目撃者によると、監督官は松葉杖の男性に、受験会場から外に出たら失格にすると通告したという。
これに他の受験生が抗議したが、3人の監督官の誰ひとりとして男性をトイレに連れて行こうとはしなかった。
女性受験者の1人が、ミネラルウォーターのボトルを飲み干して男性にわたし、男性は会場の隅で排尿した。
ロイターが入手した同大副学長が男性に謝罪した手紙には、監督官の行動は全く弁護の余地のないもので「通常の人間の感受性が欠けている」と書かれている。

ミネラルウォーターのボトルを飲み干して男性にわたした女性受験者の機転に座布団五枚!

驚ロイター通信〜”元”

2007年03月09日
ロイター通信より。

一国の代表の人でも色々おられる訳で…。


ロイター] イグナシオ・ブリオネス君(8)にとって、チリの女性大統領ミチェル・バチェレほど素晴らしい指導者はいないだろう。バチェレ大統領が首都サンティアゴにある小学校で講演した際、ブリオネス君は昏倒してしまったが、大統領は3人の子供をもつ元小児科医なのだ。
ブリオネス君は大統領からわずか1メートルほど離れたところで講演を聞いていた。
大統領はすぐさま彼のところに行き、診察をした。
大統領はすぐさま彼のところに行き、診察をした。その後、病院に搬送された。

同大統領は「少年は元気です。クッキーを食べ、ジュースを飲んでますよ。昏倒したときにあごにちょっとケガをしたけど、そのほかは異常ありません」と語った。

昏倒した原因に関する医学的情報はないが、少年自身は「夏の暑さにやられた」と言っている。


この大統領は自分が元小児科医ということで、この事態における自分のベストを尽くされたと思います。

こういう小さなことから首長への信頼感が生まれるんですね。

…さて、わが国では…。

”現論”

2007年03月09日
今朝の北日本新聞の「現論」にイーデン・ハンソンさんが出ておられました。

7面目というマニアックなところにあります。(^^ゞ

みなさん、知ってますか〜?

今回の現論は”おっ!”と思わず身を乗り出してしまいました。

テーマは「日本語」。

彼女は日本語について「あいまいで情緒的」「理屈っぽい話には向いていない」と評していますが、俳句などの感情の世界、論理の世界を問わず、表現を磨く必要性を説いている。


言葉をどう使うか

言葉は”手段”。

ものを伝える手段。


一口に”日本語”といっても、方言も地方によっていろいろだし、いわゆる”若者言葉””業界言葉”も存在しています。

うちの会社内でも、そんな言葉ありますね。

”若者言葉”もおいらはついていけないけど、その言葉も「あり」だと思う。

若者の間で実際に伝えている手段が”若者言葉”だから。

いくら言葉が美しくても、今通じなかったり、今の時代、使いにくいものだったら、そんなもん存在する意味はないと思う。

言葉を発しているのはいつも生きている人間からなんです。

”言葉は生きている”

デーモン小暮氏(←”閣下”と呼べ(笑))がこういっているけど、けだし真実と思わずにおれない。

そうした”生きた”言葉を奨励してこそ、思考の幅も広がるのだけれど、「美しい日本語はこれだー!」的な論理を持ち出されると、どうなのかなあ....と思わずにおれない。

異質のものを排除しないような世の中になって欲しいものだ。

驚ロイター通信〜似た候補者(加筆あり)

2007年03月09日
ロイター通信より。

来月八日に県議選があるので、こういうのもとうでっしゃろ?

>ロイター] 3月に総選挙を控えたフィンランドで、自分と似た顔の候補者を探すことができるウェブサイトが登場した。
このサービスを提供しているIntopii社によれば、これは人は自分自身に見た目が似た人を信用する傾向があるという研究にヒントを得ているが、主にお遊びと自社ソフトウェアのデモンストレーションのために設計されているそうだ。
有権者は、3月に予定されている総選挙の候補者800名の画像データが用意されたウェブサイトに自分自身の写真を入力する。 ソフトウェアは顔から共通する特徴を特定し、最も近いものを探し出す。ちなみに候補者リストには、元ミス・ユニバースのアン・ポータモや元ミス・ヨーロッパのリーッタ・ヴァイサネンの顔もみられる。


…見てみたい。
この”富山バージョン”があったらなあ〜。

で見たんだけど、さっぱりわからん。(^^;

取った竹を…

2007年03月10日

山から取って来た竹は、割いて、獅子舞のかやの中の骨組みにするためのものです。

今回は竹を取って来た直後に4〜8等分(?)に割きました。

それから、獅子舞のかやの形に紐で固定して保管しました。

生の状態だと曲げやすかったです。

山本版竹取物語(笑)

2007年03月10日

向かった先が近所の方の山。

竹取の翁…もとい”あんまらち”ありけり。トラック二台で急行せり。

当然のことながら、雪の中。竹林の場所まで行くのに徒歩ということで、雪のない夏の頃の山の下草刈りの時とは勝手が違い、中々辿り着けませんでした。

で、竹を切るは竹取の翁でなく”男・信次”。

この男にかかれば太い竹もバッサバッサと切りさくる!

トラックに乗せて一路、公民館へ。

σ(^_^;)、その間雪にとられて、こけてましたわ…。

ちなみに写真は、竹です、”根っこ”つきで。

雪囲い外し

2007年03月10日

午前に地元のお寺の雪囲い外しを行った。

(プロデュース バイ 青年団)

人員は幹部理事プラス他多数。(笑)

数日前のドカ雪もあったが、取り外しには何等影響なく、無事に終了。

その後は…。

(続く)

おNEWの安全靴へ…

2007年03月11日

仕事で履いている安全靴。どうも左の損傷だけ目立つ。(写真)

完全に”お馬さん状態”。(笑)

なので、おNEWのを買ってきました。

しっかし、片方だけ傷んだのに両方買わなきゃならないなんて非常に無駄じゃない?

どっかに片方だけ売ってくれる靴屋はないかなあ…。


というか、靴の片方だけ傷むのって、おいらだけかいな。(汗)

恐るべきYahoo!

2007年03月11日
Yahoo!で「マトリックス リローティッド」を検索したら、σ(^_^;)のサイトが6番目に出て来た。(笑)


…恐るべき(^^;)

何の気なっとるがい!

2007年03月11日
午前中はいい天気で、「こっで、ひどいことないやろう♪」と鷹を括っていた所にまたドカ雪…。(-_-;)

…ど〜もならんのう。>おかん談

真冬っぽい降り方どころか、真冬そのものやんけ〜。

もう、敵わ…かな和板金や〜。←ローカルネタ

※かな和板金様、済みません。m(._.)m

溜まるは雪と山田タマル。(←わっかるかなあ〜。>笑)

堪らんのはうちら。(汗)

※山田タマルさん…昨年春に化粧品のCMソングでヒット曲を出した人

ジェダイマントの値段

2007年03月12日
先日、映画で使用する衣装の制作会社が主催するオークションが開かれていました。

私が注目したのはやはり、”スターウォーズ”もの。
オビワンね着ていたマントも出展されていて、なんと4万5000ポンド(約1010万円)で競り落とされました。

いや〜、大ヒット作品のグッズは高くなるもんだなあ。


オビワンといえば、スターウォーズ旧三部作(エピソード4〜6)に出演していたのアレック・ギネス氏。

ギネス氏自身、既に亡くなっておられたなんて初耳でした。(ネットで調べた)

しかしながら、ギネス氏、後々までオビワンをやったことを後悔していたとは…。



松下幸之助語録より

2007年03月13日
いつも見ている携帯サイトに毎日、松下幸之助氏の言葉が載っている。

今朝のはこれだ。

>よしみを通じて

 最近は商売の上でも競争が大変激しくなり、同業者どうしでも、ともすればお互いを競争相手とばかり考えているようです。もちろん競争意識は必要でしょうが、考えてみれば、誰も争うために商売をしているわけではありません。
 ですから、近所に新しく同業者のお店ができたからといって、目にカドを立てるのでなく、おおらかに迎える。新しいお店の方も、先輩に対し謙虚な気持ちでいわば“仁義”をきる。そういう好もしい姿は、お客さまのお店全体に対する信用を高めることになるでしょう。だから一方で適正な競争をしつも、同じ道にたずさわるお店どうし、お互いによしみを通じていくことが大切だと思うのです。


商い以外でも言えそうなことですね。

ヤマカン!?

2007年03月13日
最近、大河ドラマ「風林火山」を見る。

.....見れないとき以外はいつも。(^^;

武田晴信役の歌舞伎役者の「板垣!」のせりふに悦に入っている一人です。(笑)

その主人公は、山本勘助

”戦中の軍師”山本五十六の先祖。(山本五十六自身は養子でしたが。)

武田信玄の軍師という情報しか知らなかったので、例のごとく、調べてみると、実際は武田の伝令将校だったという説が有力とのこと。

また、勘助の生誕地についても諸説あって、(大河では富士宮説をベースにしているけど)勘助生誕地を名乗る愛知県豊橋市賀茂小学校区の住民が反発して、NHK豊橋支局に押し掛けたという。


....すっげー!(汗)

で、川中島の合戦の時に戦死したようでした。

なお、あてずっぽなことを「ヤマカン」と言いますが、山本勘助略して「山勘」説と、「山師の勘」の略説の二つあるるそうです。

.....山本勘助、今の世の中にもしいたら、どう思うだろうなあ。>ヤマカン(^^;;;

漫画南砺今話(笑)

2007年03月13日
なにかと格闘技系の漫画を買ってしまう小生。(^^ゞ←古本で。

「修羅の刻」

川原正敏著の漫画で、陸奥圓明流の伝承者の生き様を何人か取り上げています。

私が一番好きなのは陸奥出海。

幕末の混乱期、その中から坂本龍馬、沖田総司、土方歳三とエネルギッシュで希望に溢れたメンツ、彼らと出海との男の友情や闘いを繰り広げられていました。(←という設定)

最後の土方との決闘。強いものとただ闘い闘いたい、純粋にその思いの二人の闘いには躊躇いのかけらもありませんでした。

「強いものとただ闘い闘いたい」

そういう”人種”を作者は、”(愛すべき)大馬鹿者”と評していますが、「修羅の刻」以前の「修羅の門」時代からのテーマはすべて、この陸奥圓明流の技を継ぐものがもつ性質です。

しかし、そういう”修羅”の一面ばかりが目立つが、もうひとつの面を見せ付けられるのが、織田信長の出てくる狛彦・虎彦編。
後に陸奥圓明流から不破圓明流が分化するが、圓明流の考え方の相違からだろうと思う。

余談ですが、宮本武蔵が一時期、”圓明流”の流派名を名乗っていたそうですが、これは事実です。(Wikipediaに載っていました)

話を戻そう。

「修羅の門」から続く”大馬鹿者”の血筋の中で一番色濃く受け継いでいるのは誰だろうかと考えたら、陸奥天斗(たかと)だろう。

いつもはちゃらんぽらん〜な雰囲気だけれど、武蔵と同じ気を持つ柳生十兵衛と対峙した時、空気がそこに固まっているかのような、まさに鬼対修羅の闘いでした。


このように、歴史に”陸奥”が入るだけで、よりエキサイティングな物語になっています。

…でっ?真似したことあるかって?

真似しちゃブタ箱でしょう。(爆)



まねしようとした技

2007年03月14日
前記事で触れた漫画ですが、やはりまねは出来なかったので、他の漫画からまねをしたものってあったっけなあ〜と思い起こすも出てこない。(汗)

しかし、漫画でなくて実際の試合で使われた技を真似し様としたことがあります。

「蟹ばさみ」

.....なんかおいしそうな技名ですが(笑)、おいしいどころの話じゃない。

その昔、遠藤純男選手が、現役だった頃の山下泰裕選手に使い、腓骨(ひこつ)をへし折ったという痛め技です。

今では”禁止技”になっています。

右利きの場合、やり方としては相手の足の前に右足を持ってきて、その状態から左足を相手の後ろの足から刈るということです。


....が、実際やったけど、タイミングが....リズムが...(汗)

検問

2007年03月14日
福光のロコ近くでだやだやになって横になっていた所に、「ちょっと、ちょっと」の声。

二人の警察官がそこにいた。(゜o゜)

何かあったがけ?

最初は駐車位置がどうのこうのと言っていたけど、本筋は2時頃に福光であったストーカー行為の件でした。

その時間帯は他社の倉庫になっている所(高岡市内)へ向かう途中だったので、無論無実を訴えた。

南砺市で起こったこのストーカー犯が一日も早く捕まって欲しいものです。(願)

マトリックス的人生は?

2007年03月14日
少し前に人間の体内の熱量について書きましたが、映画「マトリックス」の設定の中でも、体内熱量について描かれている。

映画「マトリックス」は、最初の「マトリックス特別版」(1999年)、「マトリックス リローティッド」(2003年)、「マトリックス レボリューション」(2003年)の3本からなり、いずれもウォーシャウスキー兄弟の監督作品です。

この「マトリックス」の映画では、

2199年の世界。

人間は機械に支配されていて、子供の時から、コンピューターから延髄に差し込まれたブラグを通って電送されたマトリックス世界…つまり、現在私たちが現実世界と思っている世界(1999年)だが…の中で生活している。

と設定されています。


その際、熱を発生しますが、その時の生命エネルギーがコンピューターの供給源です。いわば、我々は”人間電池”みたいな状態になっています。
(参考:「映画マトリックスと胎蔵界」より)


え〜っ!とお思いでしょう。まあ、そういう設定なんです、簡単にいったら。(←説得力0>笑)

しかし、もしこれが映画の世界でなくて、現実世界で起きたら…。

映画の中では、”マトリックスから出る方が幸せだ”というオチがついているが、実際問題どうなんだろう。

そういう疑問に対して一つの説はこれだ。


>核戦争で太陽発電のできなくなったマトリックスの世界では、人間を電池の代わりに使っている。ロボットに管理されたカプセルに羊水のような液体と一緒に入れられて、体毛はすべて剃られて、延髄部分にプラグを付けられている。そのプラグを通して「マトリックス」と呼ばれる仮想現実を脳に送り込まれて、さも自由に生きているかのような幻想を与えられ、それによって動く筋肉によって発電している。 傍目から見れば、「何と、マヌケで悲惨な」と思うかもしれない。でも、そのカプセルから出ても待っているのは電気クラゲの追撃とぼろい船、ボロボロの服とゲロみたいな食事だったりする。 「マトリックス」から解放される方が幸せということにしないと映画的に成立しないけれども、現実問題として「マトリックス」から解放される方が幸せかどうかは分からないし、少なくとも快適さにおいては「マトリックス」の方が数段居心地がいいのは間違いない。 それと同じことが、現実の世界にも当てはまらないか?

(奥山貴宏 「32歳ガン漂流 エヴォリューション」)

確かに映画を見ていて、モーフィアスらの住んでいるザイオンには機械からの攻撃が頻繁にあるし、船も食事も…。(その割に、ナイロビ姉さんのファンキーな操縦で船がもつんかいなと何度も不安になったが。(笑))

まるで回り中、がらくたの中で生活していて、対して”リローティッド”の中のネオはマトリックスの中では空を飛んでいていいなあと思うことがあります。

しかし、


マトリックスの中での死はイコール”現実世界での死”を意味することです。

”特別版”の中で、機械に魂を売ったペインがマトリックスの中にいるかつての仲間のプラグを抜いた時、”仲間”の死が現実のものになっていたのも、その所以です。

本当に快適で自由に生きようとするときに「死」がネックとなってきます。

この”死”の問題を解決できる道は何処にあるのだろうか?


相撲談義(今場所の土俵から)

2007年03月15日
毎年、”荒れる春場所”といわれ、一年の中で一番波乱が多い場所ですが、初日二日目と横綱朝青龍の連敗で例年以上の”荒れる春場所”になっていますね。




.....まあ、これくらいハンデーやったら、幕内の優勝争いが面白くなるだろう....





と言えたらいいなあ。(^^;A)

なにぶん三日目は普天王(ふてんおう)に”電車道”で勝負が決まってしまったし、昨日の取り組み....ええっとだれだっけ?....なんか一時期やばい体勢になったって今日の新聞には書いてあったけど、実際の取り組みを見ていないので断言できないわ。

それよりも、情けないのは大関琴欧州

なんか、”長身”頼みの上手からの投げばかりに終始していて、前に出ようと言う意識が少ないんじゃないのだろうか?

投げとかも前に出る相撲が出来て生かされると思うけど。

なんかなあ、ただの大関に成り下がってしまった感がある。

帰還者十マス

2007年03月15日

昨日まで新婚旅行に言っていた会社の後輩が今日から出社です。

ということで、お土産を貰いました。m(._.)m

日本でもある”あの”スナックですが、パッケージは地元仕様。

…頂いております。(笑)

赤坂語録

2007年03月15日
最近、JFN系のFM局のお昼に特番が流れている。

オールニューキャンペーン

とやらの特番。

そこでしゃべっているのは赤坂泰彦さん

先週なんか、レーシングドライバーの片山右京がゲストでしゃべっていた。

それはさておき、今日の赤坂語録。

「ばあちゃんの言ったことは絶対正しい!」

この断言がすごい。

さよならのプリズム

2007年03月16日
3/13の北日本新聞から「さよならのプリズム〜それぞれの選択」の第二部が連載され始めています。

2001年秋、北里大東病院に三ヶ月おきにショートステイしている筋萎縮性側索硬化症(ALS)の息子の人工呼吸器をお母さんが外したのでした。

バス運転手だった息子さんに異変が襲ったのは前年の36歳の時。

ALSの症状が重くなってきて、趣味のパソコンもできなくなってくると荻野医師に「死にたい。呼吸器を外して」と訴えるようになりました。

お母さんは荻野医師に手紙を渡した。そこには、

「『おふくろ、もう限界だよ』と涙をポロポロ流します。私が連れて行くしかないのでしょうか」

とありました。

息子さんももちろんですが、お母さんも精神的にも追い込まれているんです。

そして8/26夜.....


その時、

「お母さんにやらせてしまった」

と荻野医師が....


法律上、お母さんは”殺人”を犯しました。

しかし、このお母さんを責められる人はいるでしょうか?


人工呼吸器をつけて命をつなぐか、遠くない死を選ぶか

荻野医師にも重くのしかかっていました。

「病気を嘆くより、生きることを考えよう」

とアドバイスしたものの、心の中では度重なる葛藤があったと思います。

荻野医師は、医者の倫理観の方が勝っていましたが、母親の情の方が勝っていたとしたら、射水市民病院の前外科部長のような行動になっていたと思います。

親御さんの子供に望むことって何でしょうか?

”生きること”でしょうか?

このお母さんの望んだことは、

抜苦与楽

....息子さんの”苦”しみを”抜”きたい、”楽””与”えてやりたい


しかし息子さんにとって、本当に苦しみを抜くことだっただろうか?

本当に楽を与えることだろうか?

本当の意味での”息子さんを救う”ことって何だろうか?

もうそんな時期なのか....

2007年03月16日
今朝の新聞に高校の合格発表のことが書いてあった。

....もう、そんな時期なのかあ....

学生でなく、子も持たないとほんと季節感を忘れるものだわ.....

と言っている傍から

”東京で初雪!?”

とラジオから。

でも、気象庁の「冬」の定義によると、二月末までが冬なので、現実的には”初雪”なんですが、”今冬の積雪がゼロ”もそのままだとか。

なんじゃこりゃ〜というお話でした。m(_ _)m

ロックがほんとにロックだった頃

2007年03月16日
昨日の新聞の鈴木ヒロミツさんの訃報に驚きました。

肝細胞ガンで、60歳だったとのこと。

私にとっては”俳優”のイメージしかありませんが、昨日の「For You 未来倶楽部」の放送の中で、彼が所属していた”ザ モップス”の曲が流れていた。

「たどりついたらいつも雨降り」

て曲だったか。

メロディー自身は何か聞いたことあるなあ。

で、詩をかみ締めながら聞くと何とも”これはなんなんだあ〜?”的なロックなナンバーでした。

今のような予定調和の曲がはびこる中、この時代にはしっかりとロックが息づいているなあと感じました。

政治家さんの…

2007年03月17日
議員宿舎の水道代はタダなのに計上する大臣とか虚偽記載の元大臣が出ていますが、



素朴な疑問。

うちらの税金で、どこまで政治家に援助せんなんがけ?(-_-;)

政治活動にお金がいるのは山々だから、ある程度は仕方がないけど、うちらの税金で議員自身の生活まで保証する必要がないんじゃないの?

どうなんだろう…。

仰げば尊し

2007年03月18日
私らの時代は卒業の時に歌ったのは「仰げば尊し」でしたが、最近では歌わない学校もあるとか。

作詞不詳ということですが、調べてみた。
(著作権に触れていたらゴメンチャイm(._.)m)
>一
仰げば尊し、わが師の恩。
教えの庭にも、はや幾年(いくとせ)。
おもえば、いと疾(と)し、この歳月(としつき)。
今こそわかれめ、いざ、さらば。


互いに睦(むつ)みし、日頃の恩。
別るる後にも、やよ、忘るな。
身を立て、名をあげ、やよ、励めよ。
今こそわかれめ、いざ、さらば。


朝夕(あさゆう)なれにし、まなびの窓。
螢のともし火、積む白雪(しらゆき)。
忘るる間(ま)ぞなき、ゆく歳月(としつき)。
今こそわかれめ、いざ、さらば。


私が知っていたのは一題目と三題目で、二題目があったのは初耳でした。
で、1番は卒業生、2番は在校生、3番は卒業生・在校生ともに歌うことも。

先生からの恩、先輩からの恩と今の学校生活の中では、「恩」を知らせるのにも大事な歌なのに、歌われない学校が現在あるなんて、淋しいですね。

”仰げば尊し”世代の私は、メロディーを聞くだけでうるうるになります。

non-BGM Program

2007年03月18日
FM石川のパーソナリティの木村雅幸さんのパソナブログの最近の記事はBGMについてでした。

BGM…テレビ、ラジオはもとより、街の中やお店の中でもBGMが流れています。

娑婆中にBGMが溢れていて、ないと淋しいけど、有りすぎると喧しい存在になっている…少なくとも、おいらにとっては。

中にはBGMなどむしろいらない業種もあると感じることがある。

木村さんも指摘されていた”葬式”もそう。
何か、映画の中で、いかにも泣かせに来ている場面設定のごとく、短調メロディーで泣かそうという業種の意向が見え見えのBGMなど、むしろ興ざめをしてしまう。現に、昨年の叔父の葬式の時など、それを絵に書いたようなものでした。

ラジオ番組でもBGMが使用されていますが、さすがに音だけで表現するメディア故、BGMには気を遣っているよう。

自身の作った番組の中で、米原−金沢という移動の中、小田和正さんとの列車の中でインタビューを収録したテープをそのまま流した番組があった。スケジュール上、BGMは一切なし。しいて言えば”レール音や車内アナウンスがBGM”という番組を放送後、好評だったとのことでした。

こういう番組、実は富山市にもあります。

City-FMの小原源さんナビゲートの「とやま「音」さんぽ」。

毎週水曜日朝7:30からの数分、放送されている番組で、街中のおばちゃんの声とか車や市電の音などを流している番組で、BGMが全くないのに、全ての音がその場所で調和していて、いらない音が全くない。

生の音。

ラジオでは、SilentすらもBGMとなりえる。

まさに究極のBGMだ。

※Silentをやりすぎると、放送事故になるので注意。(爆)

私のこだわり(カレー)

2007年03月18日
先週の木曜日の「For You 未来倶楽部」のテーマは「私のこだわり」。

何かあるかなあと考えたらありましたわ。

カレーの食べ方。

まずカレーのかかっていない所から攻める。

カレーのかかっていないご飯にカレーをかけて、一口サイズ分箸でつまんで食す。

決してぐっちゃんぐっちゃんにしない。これ美学。

ぐっちゃんぐっちゃんにすると箸でよそえないし。

で、カレー+ご飯を食す。

最後はお肉の味を堪能しつつ、終了。←小市民(笑)



Ouch!(>_<)←欧米かっ!

2007年03月18日

朝、車の中を部屋の掃除機で掃除していた時のこと。

いつもはコンセントを差し込めば起動するはずの掃除機(^^;)が動かん…そうだ!Offにしとったわ。('';)アー☆\(-_-;)バキッ!

ここまでなら”だらあんま”で済んでいた話。

しかし、スイッチが動かん。(汗)

なので、マイナスドライバーで無理に動かした所…

「ブスッ!」

…左親指を刺してしまった。(>_<)

出血ドバドバ。

命に別状なし。←当たり前や!

不覚や…。





これやったら、やはり”だらあんま”のままやんけ。(爆)

”ボストン”

2007年03月19日
今、”ボストン”と聞くと10人中9人が松坂投手が今年から所属している「ボストンレッドソックス」を思い浮かべると思いますが、今回の”ボストン”は、米ロックバンドの「ボストン」です。
そのリードボーカリストのブラッド・デルプさん(55)の訃報を知ったのは昨日のことでした。

しかも一酸化炭素中毒で自ら命を絶つというショッキングな最期でした。

'70,'80の人にとっては思い出深いアーティストですが、かくいう私もその世代なんですが、「アマンダ」しかメロディーが思い浮かばん。

ボーカルのハモりの美しさ、インパクトの強さゆえかもしれません。

(家族の話ですが)「出来る限りのことを尽くし、疲れ果てていた」とコメントしていたが、婚約者もいたのに、自ら命を絶った理由が全くわからない状態である。

最後に、ボストンの公式サイトに掲載されていた言葉をアップします。

>Brad Delp - June 12, 1951 to March 9, 2007


The nicest, kindest, most caring, down to earth rock star the world has ever known.

「ロック界で最高の男を失った」と言われるくらいの名声も、彼自身、自ら命を絶つのを止める防波堤にすらならなかったことだけが事実なのでしょう。



警官が自殺

2007年03月19日
別の記事のウラ取りのためにYahoo!で調べようとしたら、トピックスに”<自殺>21歳巡査が拳銃で”とあった。(驚)

今朝未明に静岡県富士市伝法(でんぼう)の県警富士署伝法交番で、宿直勤務中の巻田一人巡査(21)が手に拳銃を持ち、自殺したという。

ノートには「迷惑をかけてごめんなさい。同期の皆がんばって」などと3ページにわたり書かれていた。

”自殺するな!”と止める評論家や政治家や校長先生の自殺は前にもあったが、住民の命を守る立場の警官が逆に自ら命を絶ったのは初耳だ。

なんで自殺してはならないのか?

これについて日本人みんな考える時間を持たなければならないのに、国会ですら問題になっていないので、それぬきで国防を語るのは肝心なことが抜けていると思う。

ふきのとう

2007年03月20日

日曜日にうちの畑に(^^ゞを出していたふきのとうの合わせ味噌を食しました。

ほのかな苦みがご飯に合っててうまかったです。(^-^)

素朴な疑問

2007年03月21日

富山県内にある「申込書」と名のあるものの中で、1番使われる「例に使われる氏名」って、何だろう。

こんなこと調べとる暇人って、日本のどっかにいるはず。(笑)

福光なら”福光太郎”かなあ。(^^ゞ

見本

2007年03月21日
東京では開花宣言がなされていますが、皆様の休日、いかがお過ごしでしょうか?

Yahoo!トピックスを見ていたら、こんな事件があった。(読売新聞より)

 自宅から近くのマンションに競技用ライフル銃を発射したとして、京都府警組織犯罪対策3課と右京署は20日、京都市右京区西院、会社員高居晶容疑者(42)を建造物損壊、銃刀法違反(許可銃の発射制限)などの疑いで逮捕、自宅からライフル銃3丁と実弾約900発を押収した。
「昨年10月、マンションが建ち、自宅の日当たりが悪くなったのに、何の対策も取ってもらえず、嫌がらせしようと思った」と供述しているという。



春なのねえ〜ではすまされない事件。

自分ちの日当たりが悪い腹いせに近くのマンションめがけて銃の乱射って、はっきりいってあぶないぞ!(・_・;)

けが人がいなかったのは何にしても、そういう前例ができると、

「あそこのうち、ライフル銃持っとるがいと」

「おー、乱射せんにゃいいがに。気つけておこう」

という風なことになりそうな予感が....

どこかの薬のパッケージじゃないけど

”使用上の注意をよく読んで、用法用量を守って使用ください”

ですね。

「キトキト!」

2007年03月22日
昨日の仕事の帰り道に、ワーナーマイカル高岡で映画「キトキト!」を見てきました。

夕方でしたが、世間は祝日で、しかも地元高岡が舞台ということで、結構人が入っていました。

こう”ご当地もの映画”だと、その地域の有名な場所やらが映っていたり、所々に”付属品”程度に方言が出ていたりと....と思いきや!

最初の大竹しのぶさんの富山弁、板についていました....で、つかみはOK!(←ダチョウ倶楽部かっ!)

.....こんなおかん、うちとこの近所にもおるわ。(笑)

だけどそれだけじゃない!

映画の中で、

「生きとったか....だらっ!」

というせりふがあるけど、字ずらばかり見てたら、

”ひっでーせりふや!”

と思うけど、”あの”場所で、”あの”シチュエーションで大竹しのぶさんが言うと、すごく温かくて愛情あふれる言葉になるんです。

この富山弁がキーになっているんですよ。標準語じゃ、絶対伝わらないと思う。

そして、母ちゃんはどこにいても味方だなあ....ということを実感しました。(←あっ!なんか某映画の予告編のフレーズと同じになっとるわ。(笑) ということは、次は”あれ”を見ろということか。(爆))

見終わった後、高岡大仏を見る眼が変わった人が出るかも。(笑)

最後に出演者へのコメント....”スーパー智子さん”...真似できません。m(_ _)m。あと、じいちゃんに.....






だらっ!(笑)

昨日の「産経抄」より

2007年03月22日
昨日の「産経抄」を読んで、ぶっ飛んだ。(-_-;)

ノンフィクション作家の奥野修司さんの作『心にナイフをしのばせて』(文藝春秋)に書いてあったとのこと。

そこには一つの事件が触れられていた。

昭和44年に神奈川県の高校1年生が同級生を刺殺した事件。

事件の”その後”について、取材されていた。

被害者の家族…もう”普通の日常”を犯罪者に壊され、…という状況です。

一方、加害者Aは?

驚くなかれ、慰謝料を支払わないまま、弁護士として社会復帰を果たしていた。

もし本当だったら…そんなばかな…。

このAは一体刑務所で更正できたのか。

事件から30年後、Aは被害者の母親にかけた電話で「なんでおれが謝るんだ」と言い放った。


こいつは何の為に被害者のお母さんに電話をかけたんだ?

それ以前に、こいつは何の為に弁護士になろうとしたんだ!

法に携わる者、法律に精通していなければならないのは当然だが、法律をどの方向に使おうとするのか、その思想こそもっと大事なのでは?

なのに、人を殺して反省もしていない男が、どんな方向に使うだろうか、推して知るべしである。

司法試験では、その”思想”の部分が全く考慮に入っているのだろうか?

万が一、裁判ざたになり、弁護士選定を計る際、人殺しの前科とかの情報なんて全くないから、まさか自分を担当している弁護士が、前者のようなこわくさい奴だったら、何を信じればいいのか、わからなくなる。

こういう”こわくさい”弁護士が生まれないような司法試験とか司法制度を望む。

ズラを外すか…

2007年03月23日

うちの会社では最近になって、現場に出る時にヘルメット着用が義務付けられている。
現場の人間はもちろんのこと、事務所の私も現場に出る時は必須となっている。

が、たまに作業帽のまま出そうになることがある。

なので、ヘルメットを忘れないように、


さ〜て、ズラつけるかなあ…

と一声出して装着…




冗談です。(爆)

東京都知事選に

2007年03月23日
…南砺市の人、出とるわ〜…好きねえ。(爆)

…だれやったか忘れたけど。(^_^;)

”本籍”は…ということでしょう。

そういえば、石原さんは神奈川県だし、対抗馬の方は宮城県だし。

東京都民じゃなくても、都知事になれるんだ…。

まおタン

2007年03月24日
世界フィギュア、今やっています。
まおタンの演技…まさに”詰め将棋”。一つのミスを除いてほぼ完璧に演じていたなあ。
時よりそばからの”目、回らんがかい?”というおかんの大ボケ発言に軽くツッコミを入れつつ、最後までキメキメのジャンプに羽生名人もびっくり…という感じでした。

自分の前の韓国のキムヨナ選手のジャンプ転倒などと、嫌な空気の中でいい滑りをしたんだから、すごいなあ。

…さて、安美姫はどうなるやら。

結びの一番(笑)

2007年03月24日

東方 鼓阿羅(コアラ)、東横綱、オーストラリア出身 南半球部屋。
西方 威怒(いぬ)、西横綱、富山県南砺市出身 日本部屋。

さあ、行司軍配を下げて…はっけよい!

おっと、両者ともがっぷり四つだあ〜…

(この勝敗はいかに!?)

宗教の正邪

2007年03月24日
先日アップした3/21付の産経新聞内「産経抄」の続き。今朝のテレビでもやっていました。

>12年前の3月20日、地下鉄サリン事件が発生し、12人の死者、5000人を超える重軽傷者が出た。今も多くの被害者が、重い後遺症に苦しんでいる。地下鉄丸ノ内線の車中で被害に遭った浅川幸子さん(43)もその一人だ。
 寝たきり生活で、重度の言語障害もある。介護する兄一家の負担も大きい。「これからも叔母や父は大きな傷を負いながら生きていきます。そんな未来はいりません。明るい未来を返してください」。元気な叔母の姿を一度も見たことがないめいの中学生、ゆうかさんがつづった手記の一節だ。

このめいのゆうかさんの発言の場面も今朝のテレビで見ました。中学生の女の子にこう言わせる所業をした”オウム”は何なのだろう…

さて、そんな被害者に対して、オウムは今、どんな対応をしているか。

>事件の首謀者だったオウム真理教の元教祖、麻原彰晃死刑囚(52)は、反省や謝罪の言葉を一切口にしていない。教団の被害者らへの賠償も滞っている。にもかかわらず、教団や元信者が、元教祖の妻子らに年間総額約1500万円もの生活支援を行っている。

オウムの過去の所業をいくらメディアで流されても、オウムの教義で染まった人たちには、教祖の妻子らへの生活支援が”善”とされている以上、辞めることはないでしょう。

オウムの所業もさることながら、その所業をさせることになったオウムの教義こそ問題にしなければならないのでは。

こういうオウムの所業を見るにつけ、”宗教の正邪”というものの重要性を知らされます。

救急車であたふた

2007年03月24日
今日お昼ごろに、おかんと畑仕事をしていると、救急車の音が近付いてくるので、推移を見守っていたら、かなり近いところで救急車が停車しました。(驚)

後で聞くと、そこを工事に来ていた生コン業者の方が溝に落ちて身動きがとれなくなったということでした。

しかしそれで終わらなかったのです。

私が”ちゃべ”こきに行っている間に、うちの隣軒の方が怪我の為、救急車で運ばれたということでした。

…救急車を運転の方々、今日もお疲れ様です。

お互いに気をつけましょう。いつ救急車に運ばれるかわからないし。



千秋楽前の愚痴愚痴〜

2007年03月24日
横綱の執念で2敗で並ぶ14日目。
大関白鵬と横綱朝青龍とのデッドヒートと較べて、他の大関は「何だそりゃ…(-_-;)」という内容。
前半戦で優勝戦線のトップを走っていた栃東はいつの間にか「高血圧」で休場。まあ、病人は置いといて、問題は他の大関だ。
琴欧州につきましては、今日勝ち越したけれど、前にも言った通り、引き技に頼って自滅する時が多くあり、「無気力戦隊ヤットレンジャー」の隊員になってしまっている感があります。
そして今日の取組の中で最悪だったのは大関魁皇対豪風(たけかぜ)。

共に6勝7敗と後がない両者なのですが、魁皇の立ち合い当たっての引き落としって…あなた、大関としての美学ないの?

横綱がそんなことやったらすぐに問題になるけど、大関でも同じじゃないの?
勝つためならこんな”セコい”相撲を取ってでも白星をもぎ取ろうとするあなたの相撲に美学のかけらも感じられません。なによりも見に来たお客さんに失礼ですよ。

そんなセコい相撲でしか勝てないのなら、即刻引退してください。

明日の本割では朝青龍は”無気力戦隊ヤットレンジャー副隊長”千代大海とで大関白鵬は”無気ヤット隊員”琴欧州だから、13勝2敗で優勝決定戦だろうなあ…。

それにしても、何で”横綱朝青龍対大関白鵬戦”という1番おいしい対戦を14日目に入れるんかなあ。(-_-;)


なんとブログ様々

2007年03月25日
所用で射水市内にいます。
すっごい揺れ。

阪神淡路大震災時のうちで感じた以上の揺れ。

真っ先にうちに連絡しようとするも、通じず。

やはり考えることは同じ。

南砺市内の状況をここで知ることができました。まさに”なんとブログ”様々です。

特に曜変さんの詳しい情報は、ほんと助かりました。

で、昼になりようやくうちと電話が伝わる。



…おかん生存。

ただ、座敷の柱時計やら恵比寿像等、転倒せり。

ふー。



それよりも新湊の会社の方が心配だ。

朝、どうなってるのやら…。

宙船

2007年03月25日
いつの間にかセンバツが始まっていますが、県勢がどこも出ていないと無関心モードになるのが必然な訳で…(汗)

当然、今年のセンバツのテーマ曲がTOKIOの「宙船(そらふね)」というのも知らなかったおいら。(^_^;)←だめじゃん(笑)

で、昨日の夜の某国営放送(笑)の「家族で選ぶにっぽんの歌」の”元気付けられた曲”でこの曲が入っていました。

まあ、アーティストのスケジュールの関係で、後付けで出て来たのだろうと思うけど(※村下孝蔵さんが亡くなっているからと言って、”サブ一族”のひとりコガネザワ君が出て来たのはなんでやねん!)、宙船の歌詞を吟味したことがなかったので字幕にも出ていたことだし、読んでみた。

(著作権上、邪魔ないかなあと思いつつ、最初だけアップ)

>その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

作詞・作曲が”あの”中島みゆきさんだったとは…

”おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな”ってフレーズに、”あいつに消されてたまるかっ!”と心にファイティングポーズを取っていました。

そういえば、みゆきさんの曲に「ファイト」って曲、あったっけなあ。



地震の爪痕

2007年03月26日
今朝、会社に来ると、会社天井が一部ヒビ割れしていて、私が使っているPCの周辺機器が倒れていました。

が、偶然なのか、昨日に限って工場の生産がされていなかったのは強運ゆえか、上の人の指示か。

南砺市より震度の大きかった所(小矢部市とか射水市とか富山市や氷見市)に会社のある方はどうでしたか?

ちなみに昨日、会社の上司から安否確認の電話がありました。なにやら昨日の昼におえらいさんたちが危機管理委員会を作っていた関係かも。

で、夕方になって、うちのおかんから上司に電話せよという特命がようやく届き、即TELした次第…て遅いやん。(汗)


…だって、電波の届かない僻地にいたもんで…会社と同じ市内ながに。(爆)

南砺紀行〜癒しの空間

2007年03月27日
日曜日の地震で、今も能登の方々は避難所生活を余儀なくされています。また、県内でも氷見の方では家屋などの倒壊の写真が今朝の北日本新聞に載っていました。

地震で疲れられている方、人生に疲れられている方に花の癒しを。m(_ _)m

....例のごとく、うちとこで咲いているものばかり。(^^;





と、最近のうちの玄関にある分。





勘違い←→思い込み

2007年03月28日
能登の方はまだまだ余震が続いていると思います。

その能登からン百キロのとこにあるおいらの会社。

地震があってからというものの、車中で休んでいても、車が揺れた時に、”余震か!?”と思うようになっています.....が、そういう時はえてして

「風」

だったり、

「大型ダンプが通ったあおり」

の場合が多々あるわけであります。(あせあせ)

しかし、調べてみてその時間帯に余震があったときなど、どんなに震源地から離れていても、

”あれは余震だった”と思い込んでいる自分がいますわ。(あせあせ)

ひどいがになると、自分のおるところが間違いなく震度2やら1やらであっても、”余震を感じたぞ”となることも....(重ね重ねあせあせ)

震度2とか1とかじゃ、なかなかわかるもんじゃないですが。(汗)

輪島の水道も復旧に向かっているということで、現地で次にいるものとかが決まってきますね。

がやまめ

2007年03月28日

月曜日に泊まりがけで温泉旅行に行っていたおかんが昨日帰還しました…て、ジェダイの帰還かい。(笑)

いろいろお土産があったんですが、これ。

がや焼き

”がやまめ”と言うネーミングの方がわかりやすいかも。

…何気に城端名物になっとる。負けた。←何にやねん。(笑)

かたっ!

3/25の『読者のひろば』〜ヤングコーナーより

2007年03月28日
北日本新聞では、『読者のひろば』の中に”ヤングコーナー”があります。

主に十代の方の投稿を紹介しているコーナーです。

3/25のヤングコーナーでは二人の女子高生の方の投稿が載っていましたが、その一つが”ん!”という文でした。

>近ごろ、安楽死、尊厳死といった言葉を耳にするようになった。私は今まで、この両方の違いもよく分からず、自分の意見も持っていなかった。だが、テレビや新聞などを見て、これらの問題の奥深さを実感した。
 私たちは普段「死」というものを真剣に考える機会がない。何となく縁起が悪いことのような気がして、あまり話題にしない。しかし身近で誰かをみとる経験をした人は、人一倍「死」に敏感になり、生命に対する考え方も違っていくのではないかと思う。
 経験の有無で、人々の考え方は多様に変わる。だから、こういう大きな問題について討論するには、さまざまな視点、観点から見ることが大切だと思う。
 私は、自然な流れを止めてまで、機器によって人を生かすことは、正しいとは思わない。患者やその家族の気持ちを思いやり、積極的な延命を避けるのは、人をあやめることとはまた違うと思う。
 だが、こんな考え方とは全く逆の意見を持つ人もいるだろう。非常に難しい問題だが、私たちはもっと「死」について考えていくべきだと思う。


副題が「死について考えてみよう」

「死」について、若い方ばかりか、私ら大人の方が考えることを嫌ってばかりで、生きることばかりに目を向けていたんじゃないだろうか?

先日のような地震など大きな災害があったときに、少し考えるくらいで、時間とともに忘れ去られてしまう。

だけど、「死」は必ずやってくる”終着点”

その”終着点”に何を見るのか。

大人の私らこそ、考えなければならないことですね。

考査してたら黄砂

2007年03月29日
今朝のラジオで、昨日黄砂が降っていたといっていたけど、その報道を聞いて、初めてどうかなあ....と車の窓を見たら汚れていた。。。。ほんまや。


例年だとこの時期、まったりとしているはずなのに、なんだか”ばたばた状態”で、そんな季節感も忘れてたわ....杜甫ほ.....(笑)

渡鬼関連サイト

2007年03月30日
昨日でドラマ「渡る世間は鬼ばかり」がオーラスとなりましたが、昨日見る前の予告を見ていたら加奈扮する上戸彩が出ていたので、最終回に上戸彩を出す為に2時間特番にしたのか?と勘繰っていたけど、実際見ると、幸楽に出現した”出戻りトラブルメーカー”久子の親心がテーマの一つとなっていたので、少しうるっときました。

やはりあの場で娘(加奈)の結婚を告げられたらショックだったろうなあ。

こういう心境って、子を持つようになったら少しはわかるのかなあ。

で、渡鬼の家系図をひそかに作ってみようと思ったらTBSの渡鬼サイトにちゃんとありましたよ。まるで蜘蛛の糸だわ。(笑)

そのTBSの渡鬼サイトの中に、出演者のblogもありました。

えっと、岡倉の末娘の長子と幸楽の愛と加津とひなちゃんとet cetera…

長子扮する藤田朋子さんのは渡鬼サイトのお姉さん的なポジションから書いておられますね。

この度めでたく出産した愛扮する吉村涼さんの方は、直筆がいまどきの若者の”携帯文字”でした。

1番驚いたのは、加津扮する宇野なおみちゃん、ドラマの中ではノートパソコンをたたいていましたが、あれはドラマだけのキャラでなくて、実際のblogの文も歳に似合わずきっちりとした文になっていました。それにサイトが二つも!

あと、ひなちゃんは…直筆がいかにもいいところのお嬢ちゃんが一生懸命書いた文字で、好感度アップ!

それぞれキャラが出ていますよ〜♪

…うっ!何奴…



…渡鬼死すとも、橋田は死せず。(爆)


桃尻娘(笑)

2007年03月31日

いいでしょ?このプリップリの肌ざわり。

題名で来られた方、残念〜。(爆)

うちの畑にあった赤カブです。

作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。