nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

伝説の局アナ

2007年10月01日
世間では10月1日の出来事や話題でいっぱいです(当然ですが)が、ひねくれて昨日の話題。(笑)

昨日の誕生日だった人の一人にSTV(札幌テレビ放送)の局アナの明石英一郎さんです。

伝説の番組「うまいっしょクラブ」や土曜日深夜やっていた「アタックヤング」(略してアタヤン)とか聞いたことがあります。

「うまいっしょ…」のおバカコーナーで銀紙とか食べて、その音から食べたものを当てる”いやしんぼクラブ”とか、おぽんちな放送をしていた半面、「アタヤン」では結構真面目な一面も見せていました。

座右の銘の「莫迦を真面目にやろう!!」、「人と違っていることを恐れてはいけない」はまさに彼の放送スタイルでした。
実際のところ、根は真面目な方かもしれないですね。

ウィキで調べたら明石さん、2006年8月からアナウンス部長と”おえらいさん”になっておられるとのこと。

伝説の局アナで現在アナウンス部長の方と言えば、KNBの相本芳彦さんもそうですが、相本さんの方は今でもラジオに出ておられますが、明石さんの方は、ピンチヒッターの時以外は、2004年3月以降ラジオ番組は担当していないです。


役職が上に上がるとなかなか現場には出られないんですね、部下の管理とかいろいろあって。



素朴な疑問〜You say

2007年10月01日
今日から郵政民営化に伴い、「日本郵政公社」が「日本郵政グループ」に変わりましたが、




民営化したのになぜ”政”が残っているのだろうか…

政→まつりごと…ということは、政府が絡んでいるのか…と思えば”持ち株会社”だし…


これって民間?国営?



驚いた二人の訃報

2007年10月02日
昨晩から今朝にかけて、名前の知っている有名人の訃報が二つあった。

まず昨晩、コンビニにいっていた時に、レジにニュースが表示されるところの”それ”に、ドリカムの吉田美和さんの内縁の旦那さんの死亡が出ていました。

まだ33歳。

胚細胞腫瘍で亡くなったそうです。

吉田美和さんが結婚されていたことは知っていましたが、あまりにも早い死です。

そして今朝、羽場光明さんが亡くなった報道が今朝の北日本新聞の第一面に載っていました。

羽場さんといえば、ラジオで「オレ流〜」という番組をされていましたが、なんか最近、その番宣をテレビで見た記憶があるんですが(ゲストは石井知事でした)、ウィキを見たら、今年三月で終わっていることになっている、なんでや?

お二方のご冥福をお祈り申し上げます。m(._.)m



栂安亜紀さん

2007年10月02日
羽場光明さん繋がりで出て来たのがKNBアナウンサーの栂安亜紀(つがやす あき)さん。

苗字、まともに読めません。汗

「オレ流〜」のアシスタントをされていましたが、どっちかというと、「ラブぽけ」のかわいらしいお嬢さんと言った方がわかりやすいかも。

ウィキにも”まん丸な顔でとても愛嬌があり田舎のお年寄りに人気が出そうなキャラクター”とあったのには笑えた。

ラブぽけの相方の藤沢弟氏は他の番組とは明らかにキャラを変えて攻めているのに対して、彼女の方はと言えば、いつでも何やっても許してしまいそうなキャラである。(笑)

しかし彼女はつわもので、

>大学在学中に第19代日本さくらの女王に選ばれ

、しかも

>特技は心臓マッサージ。赤十字救急法救急員の資格を持っている。また、日本茶アドバイザーの資格も持っていて、自宅には30種類に及ぶ茶葉が常備されている。その他には、野菜ソムリエの資格も取得している。




…すご。(^-^;

ウィキにあったんだけど、これだけのネタ、どこで仕入れたのだろう…というか、まねできまへん。



”ギタリスト”

2007年10月02日
今朝の北日本新聞の反対から3ページ目に、布袋寅泰氏が誰やらを殴っちゃった事件で書類送検だったか起訴だったかされた事がおもむろに報じられていたけど、


普通、”〜容疑者”と書かなければならない所を北日本新聞の記者さんは、



”布袋寅泰ギタリスト”


と書いていた。(笑)


なんか不自然さ満点の書き方に疑問を抱きつつ、最後のページをめくった所、真相が判明した。


「布袋寅泰コンサート」




…スポンサーはつらい。(^^;


ほぼ力技だな。

まあ、布袋氏は確かにギタリストではあるけど、それだけじゃなくてシンガーソングライターながいけどなあ。(汗)


まあ、この手法が権力を持っておられる面々に対して使われないことを望む。

兄弟のうち強いのは?

2007年10月03日
今日は大相撲の幕内力士の安美錦(あみにしき)竜児さんの誕生日です。

この時点でついていけない方がほとんどだとおもいますが、勝手にいっちゃいます。(笑)

秋場所は中日八日まで全勝と突っ走っていましたが、いつの間にか優勝戦線からいなくなったのが安美錦です。

この安美錦、兄貴も力士でありまして、安壮富士です。この兄貴も幕内まで上がったことがあり、大相撲史上16組目の兄弟関取です。

まあ、兄弟共に関取になるのは、力士全体から考えると”まれ”で、兄貴の方も力があったということが言えます。

しかし、どっちが強いか…と考えたら、関脇まで上がった弟の安美錦に軍配が上がるでしょう。

他の兄弟幕内を見ていても、若貴を始めとして、弟がどちらかと言うと上ににきています。

ちなみにおいらは…




…弟だ。(笑)

ちなみに”青森県出身”、”苗字は杉野森”ということから、師匠の元横綱旭富士の安治川親方と同じですが、師匠とは父のいとこ、という関係です。なるほど。



続 脳内メーカー

2007年10月04日

あなたの脳の中は?…でお馴染み?の「脳内メーカー」に新バージョンがでてきました。

誰んだ〜彼んだ〜





…の「一ヶ月のカレンダー」です。


…見舞いで焼けぼっくいに火がついて一週間後に駆け落ち?(^-^;んなあほな


まあ、空想が妄想にならなくてよかった。(笑)

新手のウイルスメール

2007年10月05日
いつもお世話になっているシマンテックからのメールで、こんなものが届いていました。


>■福田首相をかたるウイルスメールがさっそく出現
────────────────────────────────────
Symantecは2007年9月25日、福田康夫新首相をかたるウイルスメールが出回っていることを公式ブログで伝えました。メールにはマルウェア(悪質なソフトウェア)が添付されており、実行すると「バックドア」と呼ばれるウイルスに感染してしまいます。

メールに添付されているのは、「mofa.zip」という圧縮ファイルで、この中の「mofa.exe」がウイルスの実体です。このファイルを実行すると、「mofa.doc」というWord文書が開かれて、日本語のコンテンツが表示されます。

しかしその裏で、コンピュータに「バックドア」と呼ばれる不正侵入のための裏口を設置されてしまいます。これを設置されたコンピュータは、攻撃者からのアクセスを許してしまいます。

メールの内容は、日本のアジア外交に関するもので、福田氏の事務所の住所や電話番号などを記載して本物らしく見せかけています。さらにウイルスファイル名「mofa.zip」も、外務省の英語表記「Ministry of Foreign Affairs」の略称で、メールの内容に合わせて工夫されています。



福田さんも、こんなのに利用されたらたまらんですね。



考え方のモト

2007年10月05日
昨日の携帯ウェブの松下幸之助「一日一話」は”心を磨く”と題したものだった。


> 人間の心というものは、ほんとうに自由自在なものだと思います。何か困難な問題が起こったとしても、心の働きによっていかようにでも考えられると思うのです。もう辛抱できない、あしたにでも自殺したいという場合でも、考え方を変えるならば、一転して、あたかもひろびろとした大海をゆくがごとき悠々とした心境に転回することさえできるのです。それが人間の心の働きというものでしょう。
 ですからわれわれは、これから仕事をするに当たって、まず心を磨くというか、ものの考え方を成長させる必要があります。そういう心の働きに、今まで得た知識を加えてやっていけば、必ず大きな成果が生まれると思います。


結論として、”物事はすべて考え方次第”ということですが、肝心のその考え方の元が曖昧だったら、縁によって自殺を肯定する思想が生まれるのでは!?

サブ Day

2007年10月05日
昨日は…






サブDay。


演歌の大御所、北島三郎大先生の誕生日でした。



通称サブちゃん。

サブちゃんはただ歌っているだけの大御所ではない!



なんと”しんがーそんぐらいたー”である。




>1988年
がまん坂〔作詞・曲:原譲二〕
1993年:男道〔作詞・曲:原譲二〕

”原譲二”というのが、サブちゃんのことである。

歌詞を書いても”サブ”だ!

曲を書いても”サブ”だ!!

まさに男の生き様。


またサブちゃん、サブちゃんの曲の中に、放送禁止の曲があるのです。

デビュー曲の”ブンガチャ節”、いわゆる放送禁止となった曲です。

一般的には、歌詞の中に「キュッキュッキュー」という合の手がベッドがきしむ音を連想させ卑猥だから、という説がもっともらしく言われています。



さらにサブちゃんは馬を持っています。

重賞勝ち馬ではニュージーランドトロフィーを勝ったキタサンチャンネル、ファンタジーステークスを勝ったキタサンヒボタンなどです。



日本の大御所北島三郎さん、今日もどこかで鼻息荒く日本の心を歌っていることでしょう。



彼岸花

2007年10月06日

彼岸花。


そういうおいらは”僻ん花”。(-_-;)

午前中かかってきた電話に僻ん花。

そんなこと、最初に言ってくれよ…。(-_-;)(-_-;)(-_-;)


以上、愚痴タイムでした。m(._.)m

息子、おいてくなよ〜

2007年10月06日
いつもおポンチなニュースを届けてくれる”TOKYO FUKUblog”、今日は?

>万引き現場に息子を忘れていった男

 フロリダ州オーランド署は万引きをした現場に息子を忘れていった男を捜している。
 男は9月17日ミレニア・モールのメイシーズで子供服を何枚か万引きし、警備員に引き止められた。男は服を持ったまま逃走したが、現場に5歳になる息子を置き忘れていった。その後男は戻ってきて、息子を連れまた逃げていったという。
 その男は監視カメラがとらえた男の画像はこちら。心当たりがある方はオーランド署に連絡してほしい。

〜〜〜ここまで

とりあえず途中で気付いて…であるが、泥棒の現場に子供連れてくなよ…というか、泥棒するなよ!


…まあ、昔、長さんが一茂君をおいていったというのもあるが。

長さん、大物すぎです。(笑)




※長さん…長嶋茂雄氏

なんと触れ馬豚

2007年10月06日
一人で盛り上がっている”なんと触れ馬豚”、今週のテーマは?




「英数字」。

>1. あなたが好きな1ケタの数字は?
>2. あなたが嫌いな1ケタの数字は?
>3. あなたが好きな1文字の英字は?
>4. あなたが嫌いな1文字の英字は?





…英数字に好き嫌いがあるかいっ!(-_-;)

英数字はあくまでも英数字でそれ以外に何もありません。

だからそういう英数字を自分などの運命に関連付けているものすべて、信用しない。

Hello Five 通信

2007年10月07日
先週一週間のHello FiveのDJの方の更新状態をチェック!

先週は何と言っても木村アナ。

「肩書き」にはちょうどうちのblogでも取り上げた”某ギタリスト”のネタを書いておられた。

こういう偶然て、嬉しいよね♪(^O^)



王さんがラジオで…!

2007年10月07日
最近、食品メーカーのCMででどっかの女の子と共演している”野菜ソム理恵”…もとい「野菜ソムリエ」の王理恵さん。



そんなソムリエあるんか…と感心していましたが、


今朝ラジオをつけたら何と王理恵さんがしゃべっておられました。


…いつの間にJ-WAVE系の”LOHAS SUNDAY”にでとったんかあと思ったら、今日が最初の日でした。


を有する。きっかけは王理恵さんのお母さんが癌で死に、単身赴任している父の健康を気遣うようになったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取られたのですが、理恵さんに幸あれ。




コミュニティーFMの在り方

2007年10月07日
今年は能登や新潟の地震など、大きな災害が多く、何かとコミュニティーFM局の存在意義がクローズアップされていますが、それがない時の放送は特に日曜日はほぼ、ネットキー局の放送の垂れ流しに終始している状況です。


くだらないキー局の放送をだらだらと流すよりも、ラジオ局にも週休一日制にしたらどうだろうか!?

災害があった時は”休日出勤”で放送すればいいし。


まあ、ワンパターンなキー局の放送を残すべきだ、という声が多ければ別ではあるが。




「生き甲斐なんて必要ない」

2007年10月08日
昨日の「わが心の一冊」に高岡市の翻訳家の松沢あさかさんの紹介で「生き甲斐なんて必要ない」が出ていた。


作者はひろさちやさん。

仏教…浄土真宗の教えの評論家として有名な方。

そのひろさちやさんがどう書いておられるか。

表示カバーの帯にはこう書いてある。

「『いい加減』に生きよ。人生の旅のゴールなんてない」

と書いている。

表示カバーの帯は店屋で言えば”注目商品”。

売り手にとってよほど自信のある商品でないと”注目商品”に取り上げられない。また、その店屋全体のイメージ…これからも商品を買ってもらえるかどうかが決まる、そんな重要な存在。


こういう意味からも、先に述べた帯の言葉は、彼の主たる主張と捉えられる。


これを踏まえて、



ひろさちやさん、人生の旅のゴールがないのに、なぜ生きているのですか?


人生て、そんな甘いもんじゃないことくらい三十路の若輩者でも知っている。それどころか小学生ですら、そういうのを感じて、人生のゴールがないんなら自分でそんな苦しい人生なんかピリオドを打ってやる、と自殺していった小学生は一人や二人じゃないです。


今から百年したら今この地球上にいる人のほとんどが死んでいなくなるんだよ。これを”人生の旅のゴール”と言わずにどこに人生のゴールがありますか?


まあ、死が目の前に来たときにどうなるか…これが問題なんですけどね。

バッテリーがへバッテリー

2007年10月09日
昨日から携帯のバッテリーの減りが異様に早かったので、携帯ショップに行きました。

即入院。(T-T)

というので、代替携帯から書いています。

届いているのかどうか…。


どうも文字の打ち込みに違和感があるわ…。(-_-;)

追い越し禁止標識

2007年10月10日
先日の事、片側一車線の某高速を走っていた時のこと。

なんかこの場にあって意味があるのかなあ〜と思うような標識を発見。


”追い越し禁止の標識”


まあ、片側一車線とは言え、路肩があるので”はは〜ん、路肩から抜かす不届きな車を見越しての標識だな”と分かったのですが、


なんと片側一車線高速のトンネルの中にも、追い越し禁止標識があった…て、そんなとこ、誰追い越しするがけ?(^^;)


そんなチャレンジャー、おるがけ?(-_-;)

コンビニ強盗

2007年10月11日
またもや会社のある旧新湊市内でコンビニ強盗がありました。

得意先に行く時によく見掛けるコンビニで、隣がろうきんだったなあ。

前の時はもろ通勤コース上だったし、今日強盗のあった場所の近くにも別のコンビニがあります。

今では、警察の車はなく、何事もなかったかのように営業しています。

異種格闘技戦

2007年10月12日
異種格闘技戦
昨日、”ボクサー”の内藤大助選手と”チンピラ”亀田大毅との一戦がボクシングルールで行われ、内藤選手が判定勝ちでした。

最初そのことを知った時は単に亀田弟の力不足かと思ったら、今朝の新聞に、ポイントでリードされていたのに加えて、ボクサーでは有り得ない”投げ”をうつという暴挙に出て自滅したということだから”さもありなん”と言った所でしょう。

興毅のほうは一応ボクシングの動きで結果を出しているから”ボクサー”と言えるけど弟の方はまあ、蹴りでなく”投げ”を出してしまった時点でもはやボクサーでない訳ですから、もうボクシング辞めれば…と言った所でしょう。

…某局のK-1マックスに出れば?(爆)

内藤選手の方が人間としても大差勝ちしたと言うことですね。


最後に亀田弟も兄もまた、”亀田教”の狂信者ということである意味亀田父の”被害者”とでも言えるでしょう。

驚ロイター通信画像再送

2007年10月13日

肝心の画像つけるの忘れとったわ。(汗)

つけとくわ〜て飲み屋じゃアルマーニ。(笑)

驚ロイター通信再送

2007年10月13日
う〜ん、代替携帯に変えてからというものの、空記事やら題名なし記事で送信してしまうことが度々で(-_-;)ですわ。

なのでフレ友から得たネタを再送。

> [ニューヨーク 10日 ロイター] 当地で10日、近く開催される愛猫団体The Cat Fanciers' Associationのイベントの内覧会が開かれ、コンピューターで遊ぶネコの「Zoe」が報道陣に披露された。  アメリカンショートヘアのZoeは、愛嬌(あいきょう)たっぷりに、器用にマウスやキーボードを使うしぐさを見せていた。  同団体の毎年恒例のイベント、キャット・チャンピオンシップは、マディソン・スクエア・ガーデンで、13─14日の日程で開催される。


で、実際の画像はこれ。


似合ってるでしょ?(笑)

HelloFive通信

2007年10月14日
最近一週間に更新されたHello FiveのDJの皆さんの記事からこれは!と思うのをいくつか抜粋。

>木村アナ 「空中スタジオ」

ビルを建てる時点から折り込み済みのスタジオって、ある意味凄い。”待望のFM局”ということですね。

まあ、”たまには「空中スタジオ」で…”と言い始めたらキリがないんですけど。(汗)

>藤重亜美さん
自分そっくりに似せたオリジナルフィギュア。
制作・販売元の『株式会社 戎』で作った亜美さんのフィギュアがアップされていますが…何だか某旭〇成のCMで見たような感じだ。(笑)



「サウスバウンド」

2007年10月14日
昨夕、ファボーレ東宝で見てきました。

<個々の感想>
トヨエツ扮する元活動家の上原一郎は、破天荒な生き方で周りを巻き込んで、”お騒がせ”の連続。最初一見してドラマ「弁護士のくず」の九頭弁護士にキャラがかぶっているなあと思いきや、後半では…

一郎を支えるは奥さん扮する天海祐希さんですが、よく見ていると”似た者夫婦”だなあ。こんな奥さんのような”理解者”がおいらにも…いつか…。(笑)

そして新垣巡査…お気の毒に〜。(笑)
エンディングのテロップ見て大笑い。まさに”当たり役”だわ。

桃子ちゃん…無邪気でぷりちぃ〜。(笑)


ただ土建屋のおやじの台詞の棒読みぶりは酷いぞ。まさに”ナンセンス”!(-_-;)

<全体の感想>
今の世の中、全て法律や規則だけで解決しようとするけど、故郷への思いの深さや絆など、目に見えないもので動くのも人間であり、しがらみの中で生きているうちらに繋がる思いを感じ、思わず涙しました。法律や利潤だけで”唯物論”的史観でしか見ない人間には分からないだろうなあ。
あと、最初の場面から周りの人間が、先入観に囚われ、過去にやった”レッテル”で人を見ている姿に、それも人間の性だけど、それじゃ正しく人を見れないよなあ…。現に一郎は権力者側に対しては異常に反逆心を持つけど、義母への心遣いとか、故郷の長老への敬意とかを見ていると、”権力者への反逆心”を除けばいたって常識人だと思う。まあ、学校にあんなふうに怒鳴り込まれた日にゃ、子供の立場としてはねえ…(^_^;)

そういう観点から言えば、次郎君が一番常識人ではあるが。”後はどうか知らないけど、今のお父さん、かっこいい”のコメントは秀逸。



駅前に堂々と(怒)

2007年10月14日

フレッサ駐車場のビニールフェンスの向こうの福光駅前側の芝生の上に堂々と燃えるゴミを放置している企業あり。(-_-;)


おらとこの駅前、ごみ箱じゃないがいよ!(怒)

こんなとこに捨てんと、わがめでちょーつけま!!!

いる言葉、いらない言葉

2007年10月15日
今朝の新聞や報道で、沖縄の雑居ビルで火事があったということですが、被災された方々におきましては、お見舞い申し上げます。

にしてもねえ、テレビの報道見ててさあ、”風俗店が入っているビルで…”とかと”風俗店”という言葉を入れているけど、この言葉って今の記事に必要な訳?(-_-;)

そんな言葉入れんでも、”沖縄の雑居ビルで火事があった”で済む話じゃないの?

こういう”いらない”言葉が偏見を生み出すのです。



サミング

2007年10月15日
先日の一戦に亀田大毅が頭突きやサミングなどの反則が問題になっていて、今日処分が決まります。

所でサミング(Thumbing) と言いますのは、目潰しの意味です。

サミングという言葉でウィキで調べたら、すごいことが書いてあった。


>セコンドから「ひじでもいいから目に入れろ」と指示している音声が記録されている。


これがほんとだったら、セコンドの人間をボクシングから追放すべきである。

所で亀田大毅の問題を語る時に大相撲の横綱朝青龍と同一視する手合いが多いが、


朝青龍がいつ土俵上で相撲以外の技を出したことがあるか?(-_-;)

朝青龍は少なくとも土俵の中では力士であることを保っている。

では大毅はどうだ?

ボクサーにとっての聖域であるリングの上でプロレスまがいの技を出していたんだぞ!

そんな奴と横綱朝青龍が同じことをしていると言っている人間はこの違いを知らないのだろうか?



なんと触れ馬豚

2007年10月16日
毎週一人で暴走中(笑)の“なんと触れ馬豚”、今週のテーマは 「ニックネーム」です。
> 1. あなたは親になんと呼ばれますか?
…本名orよし、です

> 2. あなたは友だちになんと呼ばれますか?

本名orうっつorうっち(←約一名(笑))orよっちorよしぼ。
> 3. あなたの子どものころのニックネームは?

2と同じ。

> 4. 自分のニックネームを気に入っていますか?

まあニックネームは自分で呼ばせる訳にいかないので腐れ縁です。

北信越BCリーグ優勝は?

2007年10月17日
昨日、北信越BCリーグの石川vs富山の一戦で石川が勝ち、第一回のBCリーグのチャンピオンになりました。

富山ももう少しの所で…という所までいったけど、まあ石川には北信越BCリーグの代表として、四国アイランドリーグチャンピオンの香川と遺憾無く発揮して欲しいと思います。

富山の方は目の前で優勝を決められた悔しさを経験出来たので、来年以降のことを考えるとこれでよかったのではと思います。

四国アイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツも二位だったので、これで来年は広田選手がいた愛媛と富山サンダーバーズとの対決は決定的!?(笑)


しかしながら、昨日の一戦は石川のAMラジオで中継があっただけで、その優勝の結果速報は石川のどのメディアのサイトを見てもなかったです。なので、富山じゃ全く中継すらないもんだから、来年以降のことを考えるとお寒い限りです。


ノーベル賞も垣根にならぬ

2007年10月17日
1968年の今日は、川端康成さんにノーベル文学賞が贈られることが決定した日です。


『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』『古都』など日本の美を表現した作品を発表し、1968年に日本人初のノーベル文学賞…ということで、川端さんはどんな気持ちで受け取ったのでしょうか?

日本人なら一度はノーベル賞を取りたいと思ったことがある人は結構おられるんじゃないかと思います。川端さんもひょっとしたらその時は喜びの中にいたでしょう。

しかし彼は1972年、ガス自殺しました。


ノーベル賞を取ってもなくならない暗い心があったんですね。



今日は何の日?

2007年10月18日
久々に”今日は何の日?”。

今日のはネタになります。(笑)

1561年の今日(新暦に直したら、ですが)、八幡原の戦いで、山本勘助と武田晴信の弟の武田信繁が亡くなった日です。


風林火山ですね。

「風林火山」繋がりでいえば、今日にまつわる人がもう一人います。

>誕生日
1983年-柴本幸、女優


はい、ご存じ諏訪御料人(「風林火山」では由布姫)です。

これ見つけたとき、鳥肌が立ちました。

携帯、黄泉帰らじ

2007年10月18日
おとつい、携帯屋からTELがあり、御臨終とのこと。(T-T)

水ポチャをしてないつもりでしたが、雨で濡れたか何とかで内部が腐食していました。

なので、携帯をおNewにしました。しかも最新型。


この世のものとは思えません。

”この世のもの”じゃないと言えば、携帯の値段に目が飛び出てしまった。

二年間分割制度は完全に携帯屋の陰謀!?

通話料の値下げ競争の影でこういう所で儲けていたとは、侮れぬ。


徒然なるままに

2007年10月19日
最近夜つてに感じることに、


風が冷たくなっている

ということです。


少し前だと、車の窓を開けて走っていると気持ち良かったですが、昨日窓を開けながら走っていると、


冷たっ!

と感じたものです。

季節は冬に向かって進んでいるんですね。

研修会

2007年10月19日

会社のQCサークルの研修会中です…というか、現在”二次会”中です。(汗)

私はと言うと、既にKO状態です。(-_-;)

呉羽ハイツということですが、富山市街地が一望できそうでしたが、暗くてなんだかなあ〜…。


なぜか薬がガラスに陳列されてます…あゝ、熊ちゃん飲みたい。(笑)


他の場所ではカラオケで盛り上がっているようですが、私は…。


それではまた来週〜。(爆)

呉羽ハイツ

2007年10月20日

昨日の宴…もとい(笑)、研修会の一環のドンチャン騒ぎ(^^;)のため、頭が痛いです。(>_<)


二日酔いぢゃ〜。(T-T)

でも今日も会社どす。←なぜ京都弁?

脳みそはたぶん回りすぎて大変です。(爆)

朝風呂とご飯&みそ汁朝食で何とか持っています。

…酔拳、使えたらなあ。(バキッ!)


写真は呉羽ハイツから見た富山市内です…頭ふらふらで横になっていますが。(笑)

目的

2007年10月21日
先日、水泳の木原光知子さんが59歳の若さで亡くなられましたが、chikakoさんの所でも取り上げられていましたね。


あっしと致しましては、”水泳やっとった有名な人”という印象しか持ってないという有様で、そのままスルーしていく予定の出来事でした。

しかし今朝のテレビで、木原さんの亡くなられる10日前の言葉にペンを取らずにはおられなくなったのです。

それは在京AMラジオ局での木原さんのこの

「老いることは怖くない。目的がなくなることが怖い。」

という言葉です。


多くの人が、老いの不安から介護保険ができ、そういうもので金銭面や精神面などの苦しみ不安が一番になっていますが、

常に前向きな生きてこられた木原さんが怖いと思ったのが”人生に目的がないこと”でした。

この話を聞き、戦時中にあった最も苦しめる刑罰のことを思い出します。


さて皆さんは「世界で最も苦しめる刑罰」が何と思われますか?

江戸時代とかの拷問に出てきそうな「腿の上に重い石板を乗せる」こととかはりつけにされることとか色々出てきます。


戦時中、ナチスドイツや日本の731部隊でも色んなことをやっていました。

”冷水の中でどれだけ生きていられるか?”

とか、

”皮膚は硫酸にどこまで耐えられるか?”

それか、シベリアでの強制労働など…。

それ聞いただけでも”おっとろっし〜なあ〜”と思います。


こういうえげつないことをやったナチス兵にどんな刑罰が適当か、どんな苦痛を与えるのがよいかと戦勝国側が色々と考えた訳です。

その結果、編み出されたのが次のようなことです。



 ある朝、捕虜を呼び集め、「穴を掘れ」と命令しました。捕虜(ナチス兵)は命令どおり穴を掘るのですが、午後になって「その穴を元通りに埋めよ」という命令が下るのです。

翌日も同じ場所で、朝は「穴を掘れ」、午後は「穴を埋めよ」。また次の日も「穴を掘れ」「穴を埋めよ」。つまり徹底的に無意味な行為を繰り返し強制させること、これが最も苦しい刑罰だというのです。しかもそれを実際やったのです。

 捕虜たちは初めは苦しいんだけど、「きっとこの穴の中に自分は葬られるのだ。自分でその穴を掘らなければならないなんて…」と穴を掘ることの意味をそう感じていた。

午後に「穴を埋めよ」と命令されれば、「予定が変わったのかな」と思い、決して自分のやっていることが無意味だなんて考えもしなかったと思います。

しかしこれは仕組まれた意味のない行為でした。

「穴を掘れ」
「穴を埋めよ」
を命令され続けていくうちに、自分たちが意味がある行為と信じていたことが実は無意味だったと気づき、気が狂って自ら命を絶つ だろう。これが当初の目論見なのです。

その結果、苛酷と言われた日本人捕虜のシベリアでの強制労働で日本に帰ってこれた日本人も多かったですが、ドイツ兵は1人も生きて帰ることはなかったそうです。


人間は目的がないと生きてゆけないというエピソードです。



コンビニに

2007年10月22日

靴洗い場。


…ありえねえ〜と思うコラボだ。
何であるんだろう〜?


ガキどもの体育の後の靴を洗う為か?


謎が謎を呼ぶ〜♪

コーヒールンバ

2007年10月22日
このところコーヒーをよく飲む。

自分としては目覚ましの道具として使っているが、最近は毎朝の缶コーヒーがないと昼がやばい状態である。


缶コーヒーといっても色々あるように、飲む際の自分の体調により変えている。


一番バンバンな体調の場合はブラックだ。

一番気合いを入れられる。


それほどでもない時は、渡哲也さんが出ていた超微糖のやつ。

それからよりカフェインが小さそうな一般的な砂糖の入ってないやつ→微糖コーヒー→カフェオレという順番になる。


体調がよくないと、リポビタンDと併用すれば勢いで風邪などが治る。


いつも同じ味のコーヒーだと飽きてしまうしねえ〜♪

昨日は何の日だったっけ?

2007年10月23日
昨日の誕生日を探したら、懐かしい名前が!


勇利アルバチャコフ


亀田一家でかちゃかちゃにしていく前にチャンプだったロシア出身ボクサーです。

ボクサーとして1敗しかせずに引退した選手。


しっかし、σ(^_^;)は勇利アルバチャコフといえばなぜか本人よりも先に、”勇利アルバチャコフの物まねをするラビット関根”の顔が出てきます。(笑)

…似ているのか知らないけど。

で、この人も誕生日でした。

>1984年-関根麻里、タレント

…(笑)
父君とキャラだぶらさんでいいがに。(^-^;


室井滋さんも、昨日誕生日。映画「容疑者室井慎次」の”室井”って、室井さんから来たものだったとは…。


余談
ばってん荒川さんが亡くなって、もう一年かあ…

今日は何の日

2007年10月23日
久々にやってみたいと思います。

10月23日、今日は〜…ドーン!

>”2004年”の新潟での地震からまる三年。

”2004年の”とつけなきゃならない事態にまさかなるとはねえ…。


>時太山の生まれた日

序ノ口でありながら、こんな風にフィーチャーされるとは、彼が親元を離れる時には考えもしなかっただろう。


それに関して、遺族の元に、就任した次の日に5分間だけ訪れた元時津海の新時津風親方と、その後から一時間近く訪問した北の湖理事長とが対照的にメディアで取り上げられていました。

すべては”これから”です。まあ両方ともですが。

今日は何の日?

2007年10月24日
10月24日の出来事で調べていたら出てきました。



モリヤン海海戦。(バキッ!)


もとい、
>1944年-シブヤン海海戦。


なんかナウい名前の海ですが、フィリピン近辺にある海です。

太平洋戦争のレイテ沖海戦の緒戦がシブヤン海海戦でした。

結果は日本の敗退そして被害甚大…

この時初めて神風特別攻撃隊による攻撃がはじめて行われました。


それから神風特別攻撃隊が”神風”になり、それが”KAMIKAZE”となり、911ではアルカイダが似たようなことをやり、今も残っています。

暴力のスパイラルはいつ終止符を打てるのでしょう。

あと、JRで満員の時に扉の向こうから押す人いますが、その人がでてきたのは、1955年でした。

正式名称は旅客整理係学生班(押し屋)と言うそうです。

山田洋行さん?

2007年10月25日
ここ最近ニュースを見ていたら、なぜか呼び捨て表記になっている人がいました。

「山田洋行」さん。


なんかこの人、呼び捨てにばっかりされとるがいけど…。

”山田洋行”って、何だろう…と思い、調べてみました。


あれで。(笑)

>株式会社山田洋行(やまだようこう、英文名称:YAMADA CORPORATION.)は、日本の軍需産業商社。1969年3月5日設立。

…会社名かい!(^^;)
英語に約したら”YAMADA CORPORATION.”っちゃ、あっさりしとらんけ?

「洋行」で調べたら、「Go Abroad(海外へ行く)」なのになんでそんな名前ながいろ…。

山田洋行の95%の株式は、山田グループの不動産会社である弥生不動産が保有しています。



しかしバブル時代に発生した不動産事業の失敗による弥生不動産の負債(約113億円)の弁済にあたり、山田一族は山田洋行の株式の担保設定、および売却が検討されました。それで、その会社の債務回収は、東京相和銀行から「整理回収機構」(RCC)に移行されています。

当時、融資の担保になっていたのは銀座にある、クラブが入居しているビルなどで、通常、整理回収機構はこうした担保物件を別会社等に売却して資金回収をするが、何か知らんけど現在も弥生不動産所有のままで、整理回収機構の担保設定は解除されている。


そんなんなら、他に借金のカタあるがけ?(-.-;)


整理回収機構側は弥生不動産の不良債権(113億円)処理に際し、一時金37億円の支払い、30億円を残り約12年での分割払い(合計67億円)という弁済案で2004年3月に終結したものの、現在も不動産・グループ企業多数を所有しているため、資産の過少申告や整理回収機構との裏取引があったのではないかとの報道がある。整理回収機構は結局、46億円の債権放棄するものの和解内容には疑問点が多い。


…単に山田洋行側の46億得させただけじゃないのけ?(-_-メ)

その損した分、どっから金出てとるがと思うがけ?

そんなもんの元役員とズブズブの守屋前事務次官もその甘い汁吸っとる”同じ穴のムジナ”やんけ!


…あ”〜、書いとったら、腹立ってきたわ。(-_-メ)(-_-メ)(-_-メ)

NHKスペシャル(再)

2007年10月25日
夜中、目が覚めたのでテレビをつけると、NHKスペシャル「100年の難問はなぜ解けたのか〜天才数学者 失踪の謎」の再放送がされていた。


これ見て最初に思ったのは、数学者っちゃ、こんなもんばっか考えとるがいよ…と思ったおいら。(^^;

この話の元はというと、フランスの数学者のポアンカレが言った「単連結な3次元閉多様体は3次元球面S3に同相である」という予想だとか。(3次元)ポアンカレ予想とも言われているとか。

う…ん、何じゃそりゃ?

宇宙に果てはあるのか?宇宙は一体どんな形なのか?

ということらしい。

”分かりやすく説明すると、宇宙の中の任意のある一点から長いロープを結んだロケットが宇宙を一周して戻ってきて、ロープの両端を引っ張ってロープを全て回収できた場合、宇宙の形は概ね球体(=ドーナツ型のように穴のある形ではない)と言えるのか、という問題である。”…と言われても、何で長いロープを繋いだロケットを飛ばさなかんねん…と思うけど、そんながいと。(^-^;



で、ポアンカレが1904年に言い出してから現在までほぼ100年に渡り未解決だったけど、2002年から2003年に掛けて解決したという数学者が現れたと。

グリゴリー・ペレルマンというロシア人数学者がこれを証明したとする複数の論文をarXivに掲載した。で、2006年フィールズ賞受賞が決まり、ポアンカレ予想が証明され、すべて”シャンシャン”…と思いきや、フィールズ賞受賞を拒否して突然数学界から姿を消したのでした。




番組では、高校時代の教師アブラモフさんがペレリマン博士の自宅近くから電話している模様が映されていた。




高校時代のペレリマン氏の印象はごく普通の明るい青年。


アメリカで研究していた頃もそうだったようです。

そこでポアンカレ予想に興味を持ったとか。そしてポアンカレ予想に他の数学者と同様、没頭していった。


そして今…

うちで誰とも会わずに引きこもり、母親の年金で生活している。

恩師の訪問も受け付けない。

ポアンカレ予想が彼を大きく変えたといっていい。


数学ほど規則的なものはない。

それ故、古来から数学と神を繋げて考えられてきた。

それに対して人間の存在ほど不規則なものはない。

数学は嘘をつかないが、人間は嘘をつく。

そんな人間。


それが人間。


人間としての限界を彼は見たのかもしれませんね。


高見山○○○

2007年10月26日
今日は何の日…10月26日の”今日”は何でしょう〜♪



高見山の生まれた日



…そう書くと、高見山”マルハチ”大五郎を十人のうち十人が思い付くと思います。

が、そんなストレートなネタを書くσ(^^;)じゃない!(笑)



高見山酉之助

明治時代の関取です。

國技館完成の明治42年6月場所には新大関太刀山峯右エ門(←郷土力士!)に勝って7勝3分、この場所から始まった最優秀成績力士(優勝額)掲額の第1号の力士となった力士です。


この時から優勝額が出て来たんですね。

また、この場所から導入された東西対抗の優勝制度のなかで、彼が属した側が優勝し、関脇以下の最優秀成績でもあったために、優勝旗手の栄誉も得ました。


…まあ、時代は変わるものです。(^^;)


一言大声で

2007年10月26日
現在主婦本業ナレーターもやりまっせ〜♪状態の元FMとやまアナだった菊地信子さん、昨日がちょうどお腹のお子ちゃんが出て来る予定の日ですが、まだ”引きこもり”中。(笑)

なので、一言大声で言わせて頂きましょう。



昨日さんのお腹にいるお子ちゃま〜、出ておいで〜♪





…大きなお世話かい。(笑)


亀田を語る?

2007年10月27日
昨日、亀田一家を代表して興毅が謝罪会見を行いました。

それについて、内藤選手の方はこれまでと同様のコメントでしたが、これまで亀田批判の急先鋒の漫画家やくみつるが掌を返したかのように「最高の謝罪会見」とほめちぎっていた、節操もなや。凸(-_-メ)

言葉を聞いただけで手放しで褒めるのもなあ…。実際の言動でその言葉に真実味があるものを。
そんなんじゃ、”マスコミも所詮ちょろいもんやな…”と思わせてしまうぞ!

さて、その謝罪内容を検証してみましょう。

今朝の新聞にその謝罪内容がでていましたが、その中で、興毅のこのコメントが気になりました。

「あの時は頭が真っ白になった。ああいうふうに音声として残っているし、だから反省してます」


これは大毅が反則したことに対するものですが、”ああいうふうに音声として残っているし、だから反省してます”と言っているということは、もし音声などの形に残っていなかったら、反省しないぞ、ということなのだろうか?


いわば「法的な真実」が確定した今、覆すつもりはさらさらないよってことかい。

まるで県警誤認逮捕問題で冤罪になった柳原浩さんを犯人扱いした検察側と同じ論理じゃないのか!

別の時に「言葉の重さを感じた」と語っていたが、事実を真摯に受け止める”重さ”も是非感じて欲しいものです。



”スザンヌ”

2007年10月28日
さて、chikakoさんの所で”年代当て”のコーナーをおいらもやってみよう〜♪←パクリ(笑)

題名に出した”スザンヌ”。

スザンヌと言えば?

1、「クイズ ヘキサゴン」でおポンチな解答をする女の子。

2、「ルカ」の曲でブレイクしたスザンヌ ヴェガ。

1と答えた方は若い方。

2と答えた方は、おいらと似た世代。


…なんてアバウトな。(笑)


一番不可解なのは、問題を出しているおいらか。(爆)


「陸に上がった軍艦」

2007年10月28日
香林坊109内のシネモンドで映画「陸(おか)に上がった軍艦」を見てきました。

新藤兼人監督が自ら体験したことを再現ドラマを交えつつ証言するドキュメンタリー ドラマでした。

よく戦争映画だと、兵隊と言っても最前線で戦っているものばかりでしたが、この映画は、下っ端の兵士たちにスポットを当てた(というか、新藤監督自身がそうだった為)映画でした。

なので、再現ドラマに出ていたことはすべて事実。

中でも”兵隊の作り方”と題した章。

当時、新藤氏は宝塚にいましたが、海軍の船の上でやっていることと全く同じことを宝塚のやっていたり、戦況が厳しくなると、”こんなアホな作戦やるんかい?”といったような秘策の練習をやったりと、こりゃアメリカとやる前から負けとるわ…と思ってしまいました。

全く人間性無視の”拷問”同然のけったいなことばかりですが、戦時中でもそうでなくても人間は”人間”なので、戦争で必ず不条理な歪みが出て来るので、戦争が全て解決するものではないのだなあと感じました。


語りの大竹しのぶさんの落ち着いた口調はドキュメンタリーに合っていてよかった。


当日は中高年の方を中心に結構見ておられる方がいてびっくり!超単館系の映画館もすてたもんじゃない。

11月9日までシネモンドでロードショーです。(^0^)/


冗談画廊

2007年10月28日

「鬼ヶ島へ、レッツ ゴー!」


「誰でもいいんかい!」


「誰でもいいんです。」





ヲヒヲヒ、某CMのパクリかよ。(笑)

なんと一人で馬豚

2007年10月28日
毎週勝手にやってる「なんと一人馬豚」、今週は…

「宇宙人」。

>1. 宇宙人はいると思いますか?

まあ大宇宙は広いので、いるんじゃないの。

>2. UFOまたは謎の飛行物体を見たことがありますか?

ない。

>3. 太陽系に宇宙人がいるとしたらどの惑星だと思いますか?

金星。
大気がある分、宇宙からの放射線からある程度カバーされる為。

>4. あなたが生きているうちに宇宙人が地球に飛来すると思いますか?

宇宙上に地球と酷似した環境の所があり、地球まで飛行できる文明が万が一あれば、ありえるけど、少なくとも太陽系の中にはないので、わざわざ自分らの星と違う環境の地球に来ないんじゃないの。


亀田を考える2

2007年10月28日
昨日に引き続き書きます。

今日は亀田史郎について。

実は、”がぶり寄り”元大関琴風(尾車親方)のファン。そのため、長男の興毅の名は彼の現役時代の四股名「琴風豪規」にちなんでいる。


…しらなんだ。(^-^;

あと、「勝つしかない」→「かつしかない」→「葛飾内」ということで、現在、東京都葛飾区在住。

おやじ…おやじギャグ好きかい!(^-^;

それはさておき、亀田父のボクサーの教育方針については賛否両論あるけど、トレーナーとしては、曲がりなりにも興毅を世界チャンプにしている故、実績はある。

が、

>教育については独自の考えがあるが、中学生である三男の和毅を学校に登校させていない。これは、日本国憲法で規定された教育を受けさせる義務(義務教育)を怠っている。

(ウィキペディアより)

これ、かなり問題じゃない?(-_-メ)

学校生活で学ぶべき常識があるんじゃないの?

こういう親父の教育下では、和毅自身、学校へ行かなければならないという義務感は育たないんじゃないの?一応義務教育の期間は。


一生ボクサーでありつづけることは誰もできないし、もし和毅がボクサーでいられなくなった時、いったい親父は責任を取れるのだろうか?


ボクシング業界から離れても、飯食ってかなきゃならないんだよ。


父親のエゴだけで子供らの一生を棒に振らすことだけはしてくれるな。

Hello Five通信

2007年10月29日
先週のHello Fiveのパーソナリティブログからピックアップ。

>いけぽんぽん

同級生の死。検診の副作用。夜の自転車。…色々ありますが、同級生の訃報、さぞかし心痛められたことと思います。m(._.)m

>藤重亜美姫

4泊5日の東京仕事&ライブウイーク、楽しんでいってね〜♪


「出前deランチ〜おなかいっぱい〜」で、“五箇山 農園食堂”が出ていたそうですが、聞き逃してしも〜た。(汗)

“おまかせランチ”、食べたいぞ。

涙そうそう

2007年10月29日

決して映画の題名の方ではありません。

少し前に、りみー(夏川りみさん)のバージョンの「涙そうそう」がラジオから流れた時に、Beginの比嘉さんのバージョンの感じで歌ったら、泣けてきた。


(ネット上の)知り合いの自分のいたらなさを自責する言葉に、泣けてきた。


あゝ、涙そうそう。

今日ほめて 明日悪く言う…

2007年10月29日
今日は誰の誕生日でしょうか?

”あの”人です。



”あの”人?



”あの人”っちゃ、誰け?



あんたも知っとるやんか…。


「ホリエモン」


ホリエモンの誕生日です。

今じゃ忘れとる人もいるけど…。



ホリエモンの生い立ちは、ごくごく平凡なサラリーマンの家庭の出でした。

そこから東京大学文学部に入学。在学中にアルバイト先の塾では、共同で会社を設立することとなるメンバー達と知り合い、会社設立した。

それから時流に乗り、「時代の寵児」と呼ばれるようになる。

そんなさなか2004年の経営難による近鉄身売り騒動の中、バファローズ買収を申し出た。これはかなわず、仙台を本拠地とする新球団の話に真っ先に手を挙げた。

結局、楽天に参入を許したけど、”最初に手を挙げた”ということで、好意的に見られていた。

しかし2005年2月からのニッポン放送買収劇の頃から”?”が出て来るようになる。



そして2005年8月16日に衆議院の解散にともなう総選挙において、自民党から立候補を打診。

その年の大晦日の「第47回輝く!日本レコード大賞」では、タキシードを着て最優秀新人賞のプレゼンターを務めた。

もう得意の絶頂…。

その後逮捕され、地裁判決後になると、

以前衆院選を争った国民新党の亀井静香代表代行は「まだ若いんだから、これからスタート切ってほしい」とエールを送り、「わが息子」と持ち上げた自民党の武部勤元幹事長は「裁判は裁判」と淡々と述べた。



”今日ほめて 明日悪く言う人の口 泣くも笑うも ウソの世の中”


まさに一休の言った通りですね。

壁の穴

2007年10月30日
先日行った香林坊109話でもう一つ。

映画を見に行く前に少しばかり時間があったので、近辺(といっても香林坊109の中だが)で食える場所がないかと探していたけど、一番最初に見つけた映画館と同じ四階の麺屋は人でいっぱいだったので、その横のパスタ屋に行きました。


「壁の穴」

というお店で若いギャルや年配のお客さんが数名店内にいました。

で、パスタ屋なのに頼んだのが”ドライカレー”。(爆)

それと柚子茶。

柚子茶…よかった〜♪

熱かったのと時間がなかったのとで前菜の所ででてきたカルピスを飲んだ後の氷を入れて無理矢理冷ましましたが。(笑)


卵かけご飯の日

2007年10月31日
昨日は卵かけご飯の日。


2005年、島根県雲南市において卵かけご飯の魅力を語り合うシンポジウムが開かれ、その中で制定されました。



卵かけご飯、めっちゃ好きでっせ。

料理のネタに卵かけご飯。

ウィキに作り方まで出ていた。(笑)

実は卵かけご飯、日本オリジナルなんだって。生卵は冷凍保存できないことから、南極観測隊では年に一度の御馳走として卵かけ御飯が振舞われたくらい。(笑)



これは日本が、全長が短く流れの速い川が多く、淀みなく流れ有毒な細菌が繁殖しにくい水に恵まれていることから起因しています。

他の国だと、日本のように生卵を食す習慣がないから(加熱しないと食べれないから)、日本で卵かけご飯を見た時に、「Oh〜crazy〜(-_-;)」と思ったことでしょう…て、欧米かっ!

卵かけご飯を食べるようになったのは明治時代。
日本初の従軍記者として活躍し、その後も数々の先駆的な業績を残した岸田吟香が卵かけご飯を食べたのが最初です。周囲に卵かけご飯を勧めました。

…まるでσ(^-^;みたい。(笑)

栄養価は、コレステロールが高そう〜と思われていますが、白身には善玉コレステロールが多いと言われています。また、卵と米の合わせ技でタンパク質豊富。トッピングには浅漬けがいいみたい。



それ故、鶏卵アレルギーの人にとってハードな食べ物ですね。


それでも卵かけご飯は、”日本のCompact Soul Foodや〜”←彦麻呂風



作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。