nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

「Always 続・三丁目の夕日」

2007年12月01日
(サザエさんのエンディング風に)

さ〜て、来週のAlways 続・三丁目の夕日は?



・一平、恋を知る
・茶谷、淳之介、ヒロミの運命はいかに!?そして六ちゃんは〜?
・鈴木オートの社長、遂にウルトラマンに変身か?


の三本です。


「んが、ん、ん」


…映画の感想になっているんかい(^-^;

映画の背景としては、最初の時から何年かたった時分で、前の時よりも”現代”が入り込んでいて、その”現代”の風と”これまで”とのせめぎあいに三丁目の住人が否応なく巻き込まれていく姿が熱くもあり、痛々しくもありました。

ちなみに茶谷の結果は途中で読めてしまったのですが。

続を見ていると、前の時に出ていたツールが出て来て、より味わい深かったです。シュークリームとか。

前半の”あくま”医師さん…はっきりいって”危ない人”だぞ。(笑)


…エンディングで”ちりとてちん”のあの女優さんが出ていたとは…。知らなんだ。(汗)


拝啓 南砺市どの((怒))

2007年12月01日
昨晩うちに帰ったところ、南砺市から封筒が届いていた。


「東海北陸自動車道全線開通に伴うインターチェンジ利用に関するアンケート」


と書いてあったけどさあ…


”問4 福光インターチェンジ〜小矢部砺波ジャンクション間のどこかにインターチェンジができれば利用されますか。”

っちゃ、どこが”全線開通”と関係あるねん!(怒)


溝口さん…それ、あんましやないけ?(-_-;)


露骨やわ…


こんな姑息なやり方で自分らの地域ばかりに利益を誘引させようという主砲ばっかり使っとったら、せっかく”南砺市”として集まった旧八町村がばらばらになるぞ!



安全

2007年12月03日
先週の土曜日に全社的な行事があって、各ブロックの代表サークルの発表がありました。

結果はまあ、こんなもんか....

でしたが、その行事の最後の方で最近あった重大災害について上の人が話していました。


これは自分が知っている現場の、しかも自分の知っている人間が災害に遭っていた。

次の日にその報を聞いて大変びっくりしました。




その災害内容を話していた上の人がこの人の言葉を引用していました。




安全な作業

 確実な作業

 熟練した作業

 安全な作業は、作業の入口である。

 わたくしたちは、まづしっかりとこの入口を通りましょう。

(豊田英二元トヨタ自動車工業社長)


今年はいろんな会社の不祥事の際に言われていた言葉でしたが、今ほど身に沁みるものはありません。

ウィキペディア中毒テスト

2007年12月03日
Wikipediaの中に「あなたはウィキペディア中毒でしょうかテスト」なるものが出ていた。(^-^;ほんまかい!

ウィキも自爆ネタを作るとは…。(笑)



設問は全部で100近くあって、結果も併記されていました。

で、やった結果、おいらは

4点。(^-^;


〜〜〜判定

>0 - 49 う〜ん……、まだまだウィキペディアとは無関係というところでしょうか?


…毎日見とるがに”無関係”だて?(^-^A;にゃに〜?


まあ、点数が高いほど”中毒”ですから、これでいいかも。(笑)



12月1日

2007年12月03日
12月1日に誕生日だった人は?…


”藤子・F・不二雄”さん

藤子・F・不二雄さんといえばドラえもん。


あの登場人物の中で名前が決まらずに終わった人がいます。


”ジャイ子”


”ジャイ子”って、名前じゃなかったんだ…初耳。


これには次のような理由があったそうです。


”本名を決めると同じ名前の子どもがいじめられるといけないから”

そこまで考えての名前だったんですね。

あともう一人の誕生日は?
>エベレスト

エベレストといえば8848メートルの山の名前を思い浮かびますが、この”エベレスト”は人名です。

そのエベレストさんが何をしたかというと、ヒマラヤ山脈を測量した時にインド測量局長官で、その名前から山の名前がついているらしい。

当の本人は、現地名を重視する考えで、自分の名がつけられるのを嫌っていましたが。(汗)



で、エベレスト(←山の方)という名称は欧米での呼び名ですが、チベットではチョモランマで、ネパールではサガーマスと呼ばれています。


所がご存じの通り、最近は”エベレスト”よりも”チョモランマ”という呼称が日本でも一般化されています。


なぜ今ごろ…?

中国からの横槍があったからです。

2002年、中国の人民日報は、西洋でも英語名エベレストの使用をやめて、チベット名のチョモランマを採用するべきと主張する記事を掲載していた。

人民日報はチョモランマという中国名は280年以上前の地図にも記載されており、英語名よりも歴史が長いと主張している。

そういう意見を頑として譲らないように、エベレストとサガルマーターの漢字表記を認めていない。


中国よ、(英名の)エベレストの国際的な呼称を中国と共に境としているネパールでの呼称をなぜに無視されるような行為をするのだろうか?

これも”ジャイアン的な”中華思想の表れだろうか。

ちなみにエベレストに登頂するにはネパール政府に登山料を支払わないと登れないシステムになっています。一番安い「ノーマルルート」ですら1人300万円!高っけ〜!(^-^;

登山料は一度払うと2年間は登る権利があるけど、キャンセルした場合は一切返還されないんだって。


SMを生んだ二人の作家

2007年12月04日
12月2日の誕生日の人を調べていたら、こんな人が出て来た。


>ドナスィヤン・アルフォーンス・フランスワ・ド・サド

サド伯爵とも呼ばれる人です。

この名前から想像できるように、「サディズム」の語源となった人です。


彼の作風と彼自身がそうだということらしい。


さて、”サド”があるならその反対も…と調べたら、


>レーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ男爵


同じく作家です。


この方の場合は、作品の中で見られ、『毛皮を着たヴィーナス』などで、作品の一部に特徴付けられる精神的あるいは肉体的な苦痛に快楽を感じる倒錯を描かれている。

精神科医クラフト=エビングによって、マゾヒズムと名づけられた。



さて、実在が先でネーミングが後になってついてきたのか、はたまた想像の世界のものが具現化されたものなのか…


SMの世界が文学的なものかはわからないけど、まあおいらは試してみたいとは思わないが…。(^-^;


合併その後は…

2007年12月04日
昨日の新聞にJFL所属の”YKKAP”と”アローズ北陸”としての最後の試合の結果が載っていましたね。


奇しくも1963年の一昨日、サッカーの横浜マリノスと横浜フリューゲルスが合併調印をしました。


事実上の吸収合併。そしてチームは消滅。

事前に何の説明もなく決定されたことに多くのサポーターの反感を買い、合併反対署名運動等が全国で起こり、合併回避はできなかったが、50万を超える署名が集まりました。

その年、フリューゲルス存続を願うサポーターの熱意により、横浜FCが設立されました。

さて、その後の両チームは…

横浜Fマリノスの方は、2003・2004両年に連覇したものの、今期は 7位で終了。

一方、横浜FCは、今年やっとJ1入りしたものの、最下位独走で一年で陥落決定。


さて、ホームタウンが黒部市と富山市の二つのチームが合併した”カターレ富山”…どのような道程をいくのやら。


なんか”コラーレ富山”と言い間違いそうだわ。(^-^;



政治に利用される芸術

2007年12月05日
今日はウォルトディズニーが生まれた日。

ディズニー映画を作り、ディズニーランドを作った人としても知られていますが、最初は漫画家でした。

で、権利の問題から自分とこでプロデュースしはじめ、映画もキャラクターも全て自前で作り、管理するようになりました。

初期の映画ではウォルト自身が”あのネズミ”の声優を演じていた…う〜ん、自前だ。(笑)

こういったウォルトですが、戦争が始まると日本でいう”泣く子と地頭には勝てぬ”と思ったのか、ディズニー・スタジオは他の国のほとんどの芸術がたどった通り、国策宣伝機関へと変えられました。

余談ですが戦時中、保身の為に今までの教えを削除した教団もありましたが。(汗)

その頃製作されたアニメ映画には”あのネズミ”が戦闘機で零戦を撃墜するシーンなどがあり、実際にそんな映像を想像しただけでむかついた。(笑)




芸術って、権力側に利用されっぱなしの歴史かもしれないですね。



”厚薄”歌合戦!?

2007年12月05日
昨日、某国営放送の大晦日にやる紅白歌合戦の出場アーティスト…もとい、出場する人が発表された。

大御所を除いた演歌系の人は自信がないので触らないが、なんかジャニ系&ハロプロ系は相変わらずいると…


まあ割とコンスタントに歌出しとるし、いいがいけど。


しっかし”リアリゾン”っちゃ、何者?(-_-;)


とりあえず一曲出しただけの”タレント”じゃないのけ?なんか”まだ見ぬ両親を招待”っちゃ、なんかヤラセっぽいなあ…


紅白で唯一お〜!と思ったのは初出場のなかに馬場俊英さんの名前があったこと。

数年前から名前は知っていたけど。








結局、格闘技系の番組を地区の青年団員と見ているでせう。(笑)



そして年が明ければ、



”年の始めのさだまさし”



でしょう。(爆)



浪花のモーツァルト

2007年12月06日
「浪花のモーツァルト」と言えばキダ・タロー氏。


今日誕生日なのである。


作曲数がべらぼうでないことはご存じと思いますが、私たちがよく聞き慣れている曲がキダ・タロー氏作曲のものが結構あります。


>花の新婚!カンピューター作戦

ツ〜ルッツ カンビューター♪てやつですね。



>キユーピー3分クッキング

これもか〜!!


CM曲

>アサヒペン

>出前一丁(日清食品)

あ〜らよっ!…♪ですね。



>日本海みそ(作詞:石井学、歌:野呂ひとみ)


これは驚きですね!




…現在、ちりとてちんに出演中〜♪


キダ氏の作曲パターンは知られているようで、ある番組のテーマ曲を事前に作って演奏することになったが、北野誠が「どーせ『タモリタモリ』を繰り返して、最後『あーあ〜♪』みたいな感じで終わるんやろ」と予想したが、ほぼその通りのものだったと。






(笑)

そんなあなたの心にもキダ・タローのメロディーが生きている〜♪


何も言えなくて…小力(笑)

2007年12月06日
今朝ラジオを聞いていたらJAYWALKの「何もいえなくて」がかかっていた…



がっ!

なんかいつものゆっくりとしたテンポじゃなくて、アップテンポだ…



”何もいえなくて…冬”だった。(^^ゞ

夏のバージョンはよく知られているけど、まさか”冬”のがあるとは…



…といいながら、最近出たよう。

DJ TORAとのコラボレーションアルバムの中にあるらしいが、



この曲に乗ってパラパラを踊る長州小力の映像が頭の中に浮かんだぞ。(^-^;


水戸拷問

2007年12月07日
昨日は「水戸黄門」で有名な徳川光圀の命日でした。

この光圀、日本の歴史上、ラーメンをはじめ、餃子、チーズ、牛乳、牛乳酒、黒豆納豆を最初に食べたそうですが…。


これだけならただの”珍しもの好き”ですが、

肉食が忌避されていたこの時代に…


5代将軍徳川綱吉が制定した生類憐れみの令を無視して牛肉、豚肉、羊肉などをむしゃむしゃ食べていた。 (^-^;ヲヒヲヒ


同じ徳川家に喧嘩売っとるわ…(-_-;)


また、ワインを愛飲するなど南蛮物に興味を示し、朱舜水を招き…と、完全にミーハーやん。


きわめつけは、蝦夷地探索のため黒人を二人雇い入れ、そのまま譜代の家臣にしてしまってもいる。


信長の家臣にも確か黒人がいたけど、結構”うつけもの”か…。



そんな光圀が『大日本史』を編纂しましたが、水戸藩は年間財政収入の三分の一近くをこの事業につぎ込んだため、財政難に陥り、光圀の死後、光圀の養子である綱條が財政改革に乗り出すが、水戸藩領全体を巻き込む大規模な一揆を招いてしまった。

なんちゅう穀潰しなことやっとったんか…。


一説には光圀時代は年貢比率が八公二民の超重税を強いたと言われるので、名君どころじゃないですね。


実像とイメージには大きなギャップがあるんですね。


あじさいCutting

2007年12月08日

午前中、何だかカリフラワーのようになっていた紫陽花の花をそのままにはしておけないのでハサミで切っていました。


その際、下の方にはなんと新芽が付いていました!


新たな命が芽吹いているんですね。

今年のトレンド

2007年12月08日
うちのおかん、最近寝る時、湯たんぽを使っている。


何やら原油高で油を使わない湯たんぽが人気だとか。




おかん…意外と流行の先端におるんや〜♪







侮れんわ。(笑)


白南天

2007年12月08日

今日はうちでのんびりしてます。



で、その際見つけたのが、これ。


赤いのもありますが、白いのは珍しいそうです。


南天に似た実なんだけど…

2007年12月09日

名前がわかりませぬ。

おかんいわく、「せん…」、らしいのですが。(~_~;)

お寺の雪囲い

2007年12月09日

今日の午前中、地元のお寺さんの雪囲いを青年団員有志で行いました。



昨年に比べて、右側の方がガラス張りになっていましたが、主柱の間隔を変更するなどで、終わるのが例年通りでした。


途中、釘抜き付き金づちの釘抜き部を”破壊”するつわものもいましたが(^^;、何とか一人も怪我人が出ずに完成しました。


わかいしょぼんこ

2007年12月09日

…若衆報恩講のことです。


午後から雪囲いが完成した地元のお寺で行われました。


御堂が広くて若干寒いかなと思いましたが、ストーブ三台搭載プラスやかましいガキども4名プラスお母様方を加えたので、ホット!ホット!(藤井隆風)…というわけではありませんでした。

当日、”報恩”について習いました。


日本人…ノーベル賞決定〜♪

2007年12月10日
今日はアルフレッド・ノーベルの命日ということで、今年のノーベル賞の結果が出ている頃かなあと思っていたら、まだだったので、こっちの”ノーベル賞”受賞者を発表します。

ノーベル化学賞は?

”ウシの排泄物からバニラの香り成分「バニリン」を抽出した研究”を発表した山本麻由さんで〜す。


…ん?「こんなもん、ノーベル賞に値するんかい?」だって?


…失礼致しました。m(._.)m

イグノーベル賞でした。


イグノーベル賞 (Ig Nobel Prize)とは、、「卑劣な、あさましい」を意味する"ignoble"とNobel Prizeを掛け合わせた「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞です。

これね、一見ウケ狙いのな賞に思われますが、授賞式はハーバード大学で行われ、ノーベル物理学賞受賞者の物理学者ロイ・グラウバーや化学賞受賞者のウィリアム・リプスコムも授賞式に参加している至って「真面目な」賞です。(^-^;


ほんまかい!


過去に、「バウリンガル」作った人やたまごっちを作った人、そしてドクター中松も受賞している由緒(?)正しい賞です。


さて本題に戻って、

山本さんはウシの排泄物からバニラの香り成分「バニリン」を抽出しましたが、この研究により、「廃棄物の活用法を知ってもらえる」と語った。



…牛糞製のバニラアイス…食いたいとは思わぬぞ。(笑)


だけど審査員の方々は食したそうですが、味のほどは…


まあ本人が「この方法で抽出したバニリンは食物には向かないかも」と言っているなら最初から食わすな。(爆)

橘いずみさん

2007年12月11日
今日は橘いずみさんの誕生日である。


といってピンと来る人はほとんどいないかも。(T-T)


…まあいいや。(笑)


最初に知ったのが”アーティスト”としてでなく、”ラジオDJ”であった。


オールナイトニッポン…といっても金曜二部というマニアックな時間帯でしゃべっていた人。

当時、金曜一部は加藤いづみさんで、二人とも”IZUMI”繋がりで、よくあっちの方は”つ”のIZUMIで、こっちは”す”のIZUMIだと区別していたなあ。

おいらの場合は”徹夜して…”でなくて、”あら、早く目が覚めてしまったわ…”という感じでしたが。

結構おバカなコーナーもやっていたなあ。(笑)



そんなこんなで番組中にたまに彼女の曲が流れる訳で、最初に聞いたのが「バニラ」。

…変化球でした。

しかし、はまってしまい、アルバムいくつ買ったかなあ。



「永遠のパズル」が主題歌だったTVドラマ『この愛に生きて』、確か主演が岸谷五朗さんだったはず。


”SET出身”というよりも今では完全に個性派俳優としての地位を築いていますね。

「女・尾崎豊」…そうそう、言われていたなあ。


森進一に歌詞や曲を提供していたなんて、驚き。


一番驚いたのは2005年12月11日に入籍されていて、アーティスト名が、「榊いずみ」になっていたこと。


一番のオススメ曲は「君なら大丈夫だよ」です。

癒されますよ。


今、彼女に思いを馳せて、鼻歌で歌っています。(笑)



ダラ高騰!?

2007年12月12日

今朝の新聞には、このところの石油高騰の各地の影響がグラフ化して出ていました。



…北陸、一番のダメージの模様。(>_<)


この冬、乗り切れるんかいな。(-_-;)


そんな中、福田サンがようやく重い腰を上げて、低所得者層への援助を言い出したと。


…うちとこがその恩恵を受けられるかは知りませんが。(汗)



所でこれ。


”ダラ高騰”?


ダラがのぼせ上がってしまうっちゅ〜ことか。(笑)


正解は”スケソウダラ高騰”でした。


かまぼこも値上げするし、なんじゃかじゅう上がってしまうわ…(-_-;)


ジョニー引退

2007年12月13日
今朝の新聞に千葉ロッテの黒木知宏投手の引退の記事が載っていました。


チームが低迷期に熱い投球で球場を盛り上げた選手。

怪我して以来、一軍と二軍を往復していましたが、最近は一軍での登板がほとんどなく、戦力外通告も致し方ないとは思うけど、チームが苦しい時から歯を食いしばってエースの座を守っていた生え抜きの”ミスターマリーンズ”がまた一人いなくなるのは寂しいですね。


今年のペナント後に小林雅と薮田のメジャー移籍でチームを支えていた人材がまた一人、いなくなった訳です。



所で小林雅英投手のメジャー挑戦に関してですが、今まで彼の持ち味の速球で確実に抑えていたのですが、この二年、その速球が打たれ、救援失敗するケースが多くなっていて、今のスタイルのままだと、速球なんかスコーンとバックスタンドにほうり込まれる恐れが大で、投球スタイルを変えなきゃ、メジャーで通用しないと思います。


今年の漢字 − 偽 −

2007年12月13日
今年の漢字が発表されましたが、今年は「偽」でしたね。

食品企業の材料偽装やら老舗の賞味期限偽装やらと今年一年”偽装”に包まれていたような…


この一字に納得!という人もいるでしょう。


所でこの”偽”という字、よく見ると不思議ですねえ〜



”人の為”と書いて「偽」。


人の為ならホントだろう〜と思いきや、「にせ」と読ませている所が”?”。


でもよく考えてみたら、



親切したのにお礼を言われずに心に引っ掛かるものがあった


とか、


電車でお年寄りの方に席を譲る時にオーバーアクションでやった


とかとか…



一時的には”人の為”と思っても、徹頭徹尾その気持ちが続かない。


つい”お礼を求める”心が出てきませんか?



(やること自体はいいことなんですが)




”偽”を思い知らされるばかりです。



浅井選手って凄かったんだ

2007年12月14日
今日14日は昨年まで広島東洋カープの選手だった浅井樹さんの誕生日です。


先日、新聞に浅井さんの講演会の記事が載っていましたが、セ・リーグということで気にも留めていませんでした。←おいっ!(笑)


しかし、調べてみたら凄い選手だったんですね。


左の代打の切り札として通算代打率3割を超す驚異的な成績を残していたと…。

ふむふむ。

右の代打の切り札町田公二郎と共に形成する左右代打コンビは他球団からも恐れられ、全盛期が同時期だったことから「浅井と町田は他球団なら主軸を打てる」とまでいわれた。

…そんならスタメンに据えておけばよかったのに…

4割近い得点圏打率…何?得点圏打率が4割〜!!


これ、すごくな〜い?(←いきなりえせギャル語(笑))

イチローの得点圏打率って、そんだけくらいなかったかなあ。

さらに、通算代打本塁打10本のうちの5本がサヨナラ本塁打…勝負強いわ〜。


そんな浅井さんが17年間過ごした選手生活に終止符を打ちましたが、昨日出したロッテの黒木と同様、生え抜きで一球団一筋の野球人生でした。


富山県出身選手にこんな凄い選手がいたことを誇りにしたいですね。

ブラックアイス

2007年12月15日
…アイスクリームの一種じゃありません。(^-^;


寒い日の晴れた朝、路面が一部だけ濡れているように見える場所…ありますよね、”それ”です。

あそこ、凍っていて危険です。

特に高速にあるやつは。


雪道よりもむしろ怖いです。


ブラックアイスバーンていうのがフルネームだったなんて、今まで呼び名すら知らなかったです。

今朝のテレビで初めて知りました。


季節が進んでいて…

2007年12月15日

久しぶりに周りの景色を見る余裕があったので撮って見た山。


うちとこはまだ積もるほどの雪はないけど、山には雪が積もっているんですね。


まあ”明日は我が身”ですが。(汗)


融雪装置の水が噴水の如く上がっとるわ…チンチンに凍った時には特によろしく。

しっかしそれにしても下界の方は雨ばっか…。(-_-;)

Ouch!(-_-;)

2007年12月16日
久しぶりにうちのPC動かしたら、画面全然映らん…。(T-T)



…PCの買い替えか?それとも今年は全部手書きかあ…



あと半月になってかなりイテテ。


天野屋利兵衛は男でござる

2007年12月16日
12月14日といえば「忠臣蔵」の吉良邸討ち入りの日邸したが、今年はそんな話題、これっぽっちもなかったような。(^-^;

そういえば、ノーベル賞の受賞の話題も新聞の片隅にゴアさんのしかでてなかったっけ…メディアも日本人が出てなきゃ現金だわなあ。(-_-;)

それはさておき、討ち入りを語るには四十七士や吉良も必要ですが、彼らの陰の立役者ももちろんいるわけで。



その中でも一番有名なのは天野屋利兵衛でしょう。

利兵衛は、赤穂藩お出入りの大阪商人です。

しかし、吉良邸討ち入りの支援をしたということで、早い時期から赤穂義士と関係があるのではと幕府側から目をつけられ、”赤穂義士たちのために槍20本つくった”罪で捕まり、何日にも渡る拷問を受けたといいます。

大阪商人…利兵衛がもし金勘定だけで動く人間だったら、吉良邸討ち入りは失敗していただろうという歴史家が相当いたそうです。


その時の言葉がこれです。


「天野屋利兵衛は男でござる」


これほどはっきりした彼の生き様を語った言葉はありません。


まさに”義の商人”でした。


白状したのは討ち入りの後邸した。

日本型電子投票システム?(笑)

2007年12月17日
先週末の北日本新聞で連載されている仮野忠男氏の「一筆直到」の中で、電子投票システムについて取り上げられていた。


来年から衆参両院選挙でお目見えする可能性が出て来たらしい。


その際の法改定が今国会で成立する見込みになったということで、この話が現実味を帯びて来たよう。

開票時間の時短の利点に対して、システムトラブルが岐阜県内の市議選で起こっているので、データバックアップなどの対策が急がれるでしょう。


もし、小選挙区で電子投票システムが導入されたらどうなるか。


仮野氏はこうシミュレーションしている。

現在は有権者に与えられているのは一票のみ。


それが電子投票が導入されると集票が容易の為、一人当たり三票付与できると。

第一票を、「当選させたい候補者」に、第二票を「義理・人情からやむを得ず入れなければならない候補者」に、第三票を「当選してほしくない候補者」をマイナス票として入れるとか…(^-^;


うちら南砺もんにゃリアルに聞こえるわ…


その手法の難点。

票を入れたもんがあまり選んだ政治家に責任持たんようになるんじゃないのかなあ。(-_-;)


ありそうでないもの

2007年12月18日
たまには脱力系の記事ですが、どうぞ。

○ありそうでないもの

・二十四コマ漫画

…中途半端や。

・油性でも水性でもない中性ペン

・万能薬

・正直な政治家

・”最期”まで公約を守る政治家

・自殺のない国

・長寿を自慢しなくても幸せな国

・メロンの入っているメロンパン←パクり(笑)

・経営者の脳みそが新しい老舗

・「地域密着である」と「採算がとれる」の両立できている球団

・車のムーンウォーク

・降雪のない北陸地方

・情報がおおっぴらな企業

・死なない人





…脱力になってないやん。

郷土料理百選

2007年12月19日
今朝の新聞に出ていましたね。

といいながら「最後の1点は、個人個人で決めてね〜」は…(^-^;

この”百選”て中間結果とか見てたらなんかBest100みたいな選び方になっていたような感じでしたが、それにしては各都道府県からだいたい三つと二つに分かれているのは何…?


北海道沖縄が三つというのはわからんでもないけど、群馬が三つって…福田さんの力…?

一番許せぬのは、石川にカブラ寿司があること。(-_-;)


うちらにしては富山の南砺福光のかぶら寿司がメジャーなのに、これは…。



…宣伝不足じゃないの?(-_-;)(-_-;)


気がついたら

2007年12月20日
気がついたら、先日ネタにしていた「東海北陸自動車道…」云々かんぬんのアンケート、今日〆切りやったわ…(^-^;


やば、これから投函してこ…ローソンへ。(爆)


なので問題文のアップは本人アップアップの為、中止〜。

謝罪稽古処!?

2007年12月20日
昨日の産経新聞「産経抄」をウェブで読んでいると、「あくびの稽古」の話が出ていた。


上方落語にあるお噺(はなし)ですが、習い事が大好きな男が、友達を誘って町内にできた「あくび稽古処」に上手なあくびの仕方を稽古しにいく、という実際あるんかいな〜落語ならでわやわ〜…というしょうもない話だが、現在では、「正しい謝罪の仕方」を売りにする「謝罪稽古処」とでもいうべき企業セミナーが盛んになり、お辞儀するときの手の位置を伝授するDVDまで売っているそうな。



…ビリーもびっくり!?



東京ではそんなセミナーが実際なされていて、大盛況のようですが、富山でもやっているのかなあ。



自分に非があるから謝罪する訳だから、その気持ちいっぱいでやればいいんだけど、みてくれがそうは見えないという損な人もいるし(おいらも)、見栄が邪魔して中々謝罪できないことがありますね。

そこで、産経新聞いわくでは、謝罪するとき

・隠さない
・ごまかさない
・逃げない

の「3ない」だそうです。



謝罪は自分の見栄との戦いだと思います。












産経抄の方も厳にその方針に従って、謝罪するときには謝罪して…ね。



早〜!(^-^;

2007年12月21日
今、ラジオのニュースで知ったこと。







今日、こどんども終業式なんだ…。










…早っ!


つくづく季節のない国にいるようなおいらだわ…。(-_-;)

ここに軒を伸ばして…(-_-;)

2007年12月22日

ここは某Aコープ。


年末ということで軒を伸ばしてセール中ということですが、店舗スペースにしているのは普段、駐車場。


これだけなら、おらちゃ、ちょっこ我慢するかあ…という程度ですが、




身障者用駐車場の方から軒を伸びていました。


お店の方、何の為に身障者用駐車場を設置されたのでしょうか?

クリスマススパ!?

2007年12月22日

きのうのお昼の「気ままプラン」の中で上野”奄美っ子”紋アナから聞いた言葉。





”我が家ではクリスマスにはスパゲティーを食べる”





…うちらにとってはスパゲティーはその時廣川さんがおっしゃっていたように、”土日のお昼”に出て来る日常素材です。




所変わればモノ変わるかあ…



ランチタイム逆トライアスロン

2007年12月22日

昼間はおかんと「青龍」で食事。


で、おいらが頼んだのが

・天津飯
・えび春巻
・いちご豆乳

でした…って、麺ものが一つもないじゃん。(笑)


で、出て来るものを待っていましたが、出て来た順が、

1、いちご豆乳
2、えび春巻
3、天津飯

…て、食べる順番と逆やん。(^-^;











まるで、トライアスロンで


マラソン→自転車→水泳


の順番でやるようなもんなわ…。(爆)





…所で、この順番でやる”逆トライアスロン”をやる競技って、あるんかいな?(^-^;



東郷平八郎さん

2007年12月22日
弘化4年の今日生まれたのは、東郷平八郎です。海軍の軍人で、近代の歴史の教科書とかでは”ロシアのバルチック艦隊を破った人”で有名ですね。




「本日天気晴朗なれども波高し」とか「皇国の興廃この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ」のフレーズは聞いたことがありますが、日露戦争の時に出て来たフレーズだったとは。


余談ですが、おいらがこのフレーズを知ったのは漫画「マカロニほうれん荘」でしたが。(笑)

海外でもよく知られていて、彼の国葬の時に、イギリス帝国海軍東洋艦隊旗艦の重巡洋艦ケント、アメリカ海軍アジア艦隊旗艦のヒューストンやフランス、オランダ、イタリア、中国の艦船が直ちに東京湾を目指して出港し、儀仗隊を葬列に参加させ、弔砲を定刻に発砲し、偉大な功績を称えたというから、一言”すげー”人だったんですね。



そんな東郷さんでしたが、生前、乃木神社建立の時、将来自身を祭る神社の設立計画を聞いて、止めて欲しいと強く懇願した…にも関わらず、亡くなった後に、回りの人間に”神”にさせられ、「東郷神社」が建立されてしまいました。

本人がこれを見たら嫌だろうなあ。(-_-;)

東郷さんは最後まで”人間”でありたかったんだろう。

肉じゃが…東郷平八郎さんが初めて作った料理がこれとは、なんて人間臭い人だ。(笑)



おにゃ〜♪☆

2007年12月23日
前にPCの画面に何も映らんと書きましたが、昨日新しいPCを買いました。



NECの”バリバリ”バリュースター!(じゃ〜ん!)


(^-^;


今まで使っていたOSがWindows98(古っ!(笑))でしたが、ついにXPを飛び越えてVistaに昇進〜♪(^-^v


で、昨日の夜中に組み立て〜セットアップまでやったんですが、


1、どうも今まである周辺機器との繋ぐケーブルの先端分が合わない。(-_-;)


2、ついでにモデムのホルダーの幅が電話のモデムよりも広い。


ということで、昨日買ったお店に今日の夕方も行ってきました。


>1

お店の人に聞いたら、”今のはUSBケーブルで接続されています”とのこと。
以前、別件で買ったやつがあったかも…

>2

モデムの幅狭→幅広に変換できる機種がないかと探しましたが(お店の人に聞いて)、なかったです。


他の電気屋に行ってこんなんなあ…。








これで今年書く年賀状は”フル筆ペン手書き”決定か!?(爆)


ゆず湯

2007年12月23日

昨日は杜氏…って酒屋かい。(笑)

”冬至”でしたね。


冬至ということで、昨日はかぼちゃの小豆あえとゆず湯でした…















…が、ゆずがたった二個(しかもピンポン球大)だったので、足りない分はバブ(ゆずの香り)でごまかしました。(爆)


いまどきの「おわらい」

2007年12月24日
うちの会社の事務所のトイレには便座にいる菌を拭き取る液体の入っている袋がある。


ダスキン製である。


ダスキン…


「ダスキン」と「タヌキン」




…似ているな。(笑)


「ダスキン」と「タ○キン」



…ホント、似てる。(笑)(笑)


ちょっとの違いが大違い。(^-^;



笑いと言えば、以前の笑いと今のとでは感じ方が違う。


昔は笑いの感情からお笑いの言葉が出ていましたが、今年強く思ったのは、「おわらい」という言葉があって、テレビなどのメディアを通して、「おわらい」の感情を起こさせるように発信され、それによって”笑わされている”ように感じる。


ホントはぐだらないものなのに、メディアの演出で笑わせているので、はっきり言って面白くない。

なんか、お金で作った”おわらい”で、たまにそれ系の番組が目に入っても、笑えない。


アナログブロガーの最期

2007年12月25日
今日は仕事が割と早く終わったので、会社から一番近い電気屋(※先日PCを買った所ではない)に行きました。


懸案の”モデムの穴の幅狭→幅広への変換機器”を探しに行った所、


幅広のは”LANケーブル”でモデムでないことを店員に教わりました。


しかも衝撃の一言。



”アナログ回線では無理ですねえ〜”



ガーン!


否応なくISDNにせんなんのかあ…(-_-;)


店員さんから渡されたのは、おいらが使っている携帯電話会社のものでした。









びすたのばかー。(^-^;


ばりゅーすたーのばかー。(笑)



カミソリ東條

2007年12月25日
一昨日は第二次大戦後にA級線犯で捕らえられた東條英樹が処刑された日です。つまり命日です。


世間では悪の権化の如く、悪いイメージで扱われていて、私も学生時代に教科書で学んだ時の印象としては”太平洋戦争の首謀者”でした。


しかし彼について調べていくうちに、違う一面が見えてきました。

当時、天皇への敬愛忠節にかけては東條英樹に勝るものはいなかったそうです。その激しさ故、「忠狂」と呼ばれるほどで、首相になったあとでも変わらず、開戦回避を熱望していた昭和天皇の期待に応えることができず、懺悔の念に耐えかねて皇居の方角に向かって号泣したといいます。その点で東條は”政治家”というよりもむしろ”天皇の家来”だったのではと思います。

戦況が悪化するに伴い、内部からの造反がでてきて、東條への辞職の声が高まってきたが、東條自身、続投を直訴したが、頼みの天皇は「そうか」と言うのみで、四面楚歌となりました。


1945年9月11日、終戦に際して、東條は自らの胸を撃って拳銃自殺を図るも失敗。

このことで『生きて虜囚の辱しめを受けることなかれ』と戦陣訓を出したのは誰であったか。今、彼らはただ黙して死ねばいいのだ」など、批判の的となる。

もし今の時代にあったら有象無象のネットカキコミで”炎上”していたこてでしょう。



1948年11月12日、極東国際軍事裁判で絞首刑の判決を受け、12月23日、巣鴨拘置所内において死刑執行、享年65…。


これだけだったら日本の総理だった愚か者一人が処刑される…で終わるのですが、



「さらばなり苔の下にてわれ待たん 大和島根に花薫るとき」

「今ははや心にかかる雲もなし 心豊かに西へぞ急ぐ」

処刑されるときに東條が詠んだ句です。

今死を目前にしながらも悲壮感が全くないのには驚きです。

聞いた話によると、死刑執行はやる何時間か前に知らされ、まもなく執行されるのですから、常に戦々恐々と死刑の日を待たなくてはならず、生きた心地がしないそうです。しかも平均で死刑執行まで10年ほど続くので、そんな恐怖を10年も続けると精神的にもいかれる人もいるくらいです。

それには獄中での浄土真宗の布教使との出会いがあったのです。


処刑の前にこういう歌も遺している。

さらばなり 有為の奥山けふ越えて 彌陀のみもとに 行くぞうれしき


そんな東條を、靖国神社は1978年に合祀してしまった。


先の信仰体験に加え、戦前彼が”靖国神社への合祀を戦役勤務に直接起因して死亡した軍人・軍属のみに限定し、戦地以外での死者は合祀不可とする”命令を出していたことからも彼が処刑されてからもこの仕打ちには不憫にすら感じます。


そして、彼が生涯忠節を誓ったその”政治家よりも政治家”は何も罰せられずに天寿を全うしたのとは余りにも対照的な生涯でした。


ニュートンへの五階

2007年12月26日
…もとい、”誤解”です。(笑)

”五階”じゃ、リンゴがついている高さになるやんけ。(^-^;なんでやねん


リンゴ…ユリウス暦でいう今日、ニュートンが生まれましたが、ニュートンといえば、”リンゴが落ちるのを見て万有引力の法則を発見した”と言われます。


ほんまかいな…といいながらも、日本人の多くの人がそう信じていることですね…”リンゴをかじると血が出ます”くらいの認知度で。←それは歯槽膿漏。


実は違うのです…ということを先程知りました。(おいら>笑)


真相は、ニュートンが万有引力の法則を思いついたそもそもの動機は、ケプラーの法則でした。

ケプラーの法則…高校の時習った記憶があります。

ふーん、そこから出て来たのかあ…万有引力の法則。

まあ、あんな”伝説”が出て来たのはニュートンの家の窓からリンゴの木が見えることから作られたということらしいです。

ちなみにリンゴの木ではなくトイレで気づいたという説もあるそうな。このままでは”伝説”は作れないな。(^-^;


こういう”伝説”は、今でもあるようです。

…やってしまった〜(^-^;

2007年12月27日
会社の部署の忘年会をすっ飛ばしてしまったわ。(爆)


まあいいけどさ。


…ああ、年明けに一次会の飯代出しとかんなんかなあ…。(汗)

だってほんまに今日一日社内でも忘年会の話題、何もせんかったし、おいらが事務所に戻って来た時にはだれもおらんで、行くとこも何もメモってなかったので、うち帰ってしもたわ。


ああ、年明けが怖い。(-_-;)


何気ないこの道で(笑)

2007年12月27日
いつも一時間強、通勤の片道だけで費やしていますが、今朝何気なく、信号赤の停車中にバックミラーをみると、後ろのおばちゃんドライバーの方が何かしきりにやっておられる。


どうやら何か喋っているらしい…一人で。(笑)


ラジオに対するリアクションなのか、はたまた喋る練習をしていたのか…




謎が謎を呼ぶ…



しかし、見た目が不気味だったのは申すまでもありませんが。(^-^;


車の中は密室のようで、みんな見ていますよ…ご注意を。(^-^;(^-^;(^-^;


初日本郵政

2007年12月28日
郵政民営化されてからというものの、郵便局に全く行ったことがなかったのですが、昨日会社から一番近い郵便局に行ってきました。


もちのろんで、年賀状書きが終わった分の投函の為でした。

民営化して何か変化しているかなあと思ったら、レイアウトが前来た時と変わっていませんでした。


ただ、入口に郵便局長さんの顔写真があったので、クレームをつける時に便利です…て、クレームつけるんかい。(笑)


やっと四分の一ほど終わった…最悪、元旦に直接ポストに入れればいいから、あと四日あるなあ。(爆)


完全〜(^^)v

2007年12月29日
皆さんの”年賀状完成”報告を横目に、年賀状書きに勤しんでいましたが、ようやく全部完成しました!(^0^)/


新しいバリュースターの中に年賀状作成ソフトが入っていたので、後半はPCでまとめて書いたので、か〜な〜り手抜きモードです。


あとは明日郵便局に出すだけです。



何だか夏休みの宿題を少しずつ終わらせている少年のようだ。(笑)


同窓会写真

2007年12月29日
今日、一通の封筒が届いていました。

今年の夏の同窓会の時の写真でした。


同窓会の幹事の方々、お忙しい中の郵送有難うございます。m(._.)m


すき焼きコロッケ

2007年12月30日

午後からMy HairをSet(笑)してから、ついでのショッピング。

ショッピングと言えば井上陽水の「ショッピング」もありますが、その話は置いといて。(笑)


あられが激しく降っていて、なんかホカホカになれるものないかなあと探していた時にあったのがこれ。


”すき焼きコロッケ”


このネーミングに引かれて、買ってしまった。


食べてみると







普通のコロッケやん。(^-^;



わずかに小さな肉片と長ネギっぽいのがあったので、そうか…と理解するしかなかった。


しかーし、コロッケの芋の部分がほっこりしていてうまかった。


年またぎ企画〜大阪珍道中2007

2007年12月31日

今、年末警戒最終日で公民館にいます。

例の如く、格闘技系のDynamite!!見ています。

今、桜庭が勝った所です…て実況放送かい。(笑)


実は年末に大阪に行っていました。

その時の珍道中を年をまたいでお送りしたいと思います。

まず最初にこのグリコ写真、どこで撮ったものでしょうか?








…正解は尼御前PA。(笑)


なんでここに〜。(爆)






これが今年最後の記事になりそうなので、この場で




皆さん、よいお年を〜♪(^0^)/




あっ、鐘なっとるわ〜♪

大晦日になって波瀾万丈(T-T)

2007年12月31日
昨日、タイヤ交換をしたのですが、タイヤを締めるナットが特殊だった為、スタンドとかに行って機械で本締めをしてもらおうとした所、なんか乗り心地が悪い。

そのまま走っていると、なんか後ろのタイヤの動きがおかしい。


止まって確認すると、ナットが取れ取れになっていた。

急いでナットを締めたが、いつ外れてもおかしくないので、おもいっきり低速で走っていた所、


ガクンッ!




…やべ、ナット外れて動かん。(-_-;)


知り合いの自動車修理業者の所へ助けを求めるものの、対応悪く退散。



…仕方ない。JAFよぶかあと動かなくなった現場に戻った所、警察の方々が…(・_・;)


停車した所が悪く、近くの住民の方が呼ばれた模様。


後は平謝りあるのみ。m(._.)m

近所の方が”専門家”だったので、まじで助かりました。


宮脇町交差点近くにある自転車ショップの方々、ご迷惑かけました。そして有難うございます。



よっるぅ〜♪…覚えていますか?今日

2007年12月31日
今年は途中から”あっさぁ〜♪”シリーズでやっていましたが、忙しさにかまけて途切れていたので、今日復活〜♪

今年は横綱朝青龍の言動がマスコミに叩かれていた一年でした。

確かに朝青龍の言動の中には横綱として問題だぞーというのもあるけど、ここまで非常識な横綱よりはマシだと思うんだけどなあ。

1987年の今日、横綱・双葉黒が師匠の立浪親方から私生活の乱れを注意され激怒し失踪したので、親方から出された廃業届を相撲協会が受理された日です。


双羽黒…考えてみたらこの人ほど自由奔放な言動の力士はいないですね。

稽古が厳しいと「故郷へ帰らせてもらいます」が口癖で、ひどい時は稽古をサボって喫茶店に行ったりもしたが、師匠が注意をしないものだから、誰も見て見ぬふりをしていた。

で、そんな”甘やかし横綱”が、ちゃんこの方針の違いから親方をボコボコにし、さらに仲裁に入った後援会会長を殴るばかりか、同部屋のおかみさんにも怪我を負わせるという騒動を起こし、部屋を出ていってしまった。



双羽黒の前では、相撲の品格も糞もなかったです。


そんな双羽黒が今なぜか立浪部屋のアドバイザーって…(-_-;)


横綱で唯一幕内優勝したことがないし、プロレスでも稽古嫌いなどで干されるなど、中途半端な印象をぬぐいきれない人でした。


年末警戒二日目

2007年12月31日
…いきなり”二日目”かよ。(笑)


白状します。一日目(29日)は年賀状書きで行ってませんでした。


今日(すでに”昨日”になっているけど)は、おいらを含め、青年団員四名+消防団顧問(ごぼはん)+消防団員四名の九名。ちなみにきのうは三名だったらしい。


途中、団長父より寿司を頂き、山崎プロ制作(笑)のドキュメント映画「今年の獅子舞」鑑賞…。


消防団員の方々が到着され、消防車を待つ…



…こ…こない。



どうやらうちの地区の公民館に行くのを忘れたらしい。(^-^;なんでやねん

そうなると、ビール→酒盛りとなる算段。

なんか聞いた所、他の地区では、消防車が来る前から酒盛りしているらしい…て、年末警戒になっとらんやんけ。(^-^;(^-^;(^-^;


消防団員の方々、今日の雪の中ずっと立っておられたとのこと。


お疲れ様です。m(._.)m


さてあとは大晦日年末警戒最終日。


作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。