nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

日本の中のハングル文字?!

2008年05月01日

一瞬ハングル文字に見えるこれ。

もちろん”出口”ですね。

だめだこりゃ(笑)

2008年05月01日

某所にて。

運転中、何気なく前の車を見たら…。


”オウス”というより、”オイス”だな。(^-^;

Hallo Five通信(080502)

2008年05月02日
ところでWikiで今人気の「世界のナベアツ」を調べたら、本名の渡辺鐘(わたなべあつむ)という重たい名前にへえ〜♪(笑)

それはさておき、Hallo Fiveに新たに加入したパーソナリティーの方の記事の量がそれなりにたまってきていまして、中には”おー”というのもありました。

その中で、「Ken Rock〜」と「Kanazawa Hot 100」担当の松岡理恵さんの

「松岡ワールド」

4月21日の記事に、番組に送られてきた写真がアップされていました。
こういうのって、リスナー冥利に尽きますね。

その相方(笑)のDJ KOJIの「ポイズン・トーク」

今回のネタはおもしい。

これぞ”喜劇”だわ....(^^;;;;

あと、ひらりんの4月30日の記事.....。








........いったい、どこやねん。(笑)




それではまた来週〜♪(^^;;;;

太郎茶屋鎌倉

2008年05月02日

昨日の夕方、野暮用ではあったが、富山市内にある「太郎茶屋鎌倉」に行く機会がありました。


暗くなったら鳥目の本領を発揮するので、集合時間の一時間半前に出発したのだが、到着したのが30分以上前。(笑)

近くのローソンにて腹ごしらえ。(^-^;

十五分前に店に入り、6時にもうひとりの”主賓”登場。


その時点で女三人に対して、男はσ(^-^;一人。


…酒池肉林?(バキッ!)


いやいや、こうなると、会話が美とかダイエットとかという女性の話題で、わしゃ全然話におっつかへんわ…(-_-;)


そのうち、女性の数が三分の一となり、…まあ、話はそれなりに弾んだのですが、どうも…(-_-;)
愛想がいいのは仕事柄なのか、性格なのか見極めがこれからというところ。

それにしても、マックのドライブスルー、バイクは大丈夫なのに、なぜ自転車じゃダメなのだろうか…(^-^;



まあ、ボクシングで言えば第一ラウンドが終わったばかりで、すべてはこれからこれから…。

チャレンジデー2008の相手は?

2008年05月02日
毎年南砺市がやっているチャレンジデー

 

公式サイトを調べたら、

 

5月28日の水曜日に

 

沖縄の南城市と対決するとのこと。

 

南城市のサイト www.city.nanjo.okinawa.jp/index.html

 

 

沖縄県の南部の都市で、なんと女優の新垣結衣ちゃんの故郷。

 

なんか似た名前でややこしいなあ。(^-^;

 

さて、勝つのはどっち?

 

 

というより、まずσ(^-^;が参加しなきゃ。

We are alive!

2008年05月03日



映画「マトリックス」シリーズに出てくるモーフィアス風に書いてみましたが、花が切り刻まれたり、踏まれたりする昨今、これは”花の叫び”かもしれませんね。

久々の”あっさ〜♪”

2008年05月03日



気持ちイイ日の出です。(^^)

ということで、ウォーキング復活です....今日だけ。(笑)

へえ〜♪

2008年05月03日

「リポD」と「リポDライト」の違いが、味の違いばかりじゃなかったんだ…

ウォーキングの途中に

2008年05月03日
ほぼ一年ぶりにウォーキングを復活させ、福光公園まで足を伸ばしたところ、





ブランコのとこたらへん一面を太極拳の一群。
中国語で流れていたので、中国人のグループなのか、近所の有志でやっているのかはわからないけど、


..早朝ではあるけれど、集団で使用するわけだから、福光公園側に使用許可とか取っているのかなあ....

というか、個人や家族でブランコの方に近づきにくくなっているわ。(-_-:)

そういうことを不安にしつつ、足を進めると、




......(^^;;;)

なんだかんだ、ウォーキング途中のトイレ(特に”大”)休憩にぴったりのスポットです。

パンダ外交の裏

2008年05月04日
中国が各国との関係発展のために相手国にパンダを贈呈する「パンダ外交」

つい最近、リンリンが死んで、いわば”パンダくれ!”モードに日本がなっているが、毒餃子や聖火リレーではろくに動かなかった福田さんが恥ずかしもなく、”率先”して動いたのだが、実のところ中国側から言えば、別のメリットがある。

 

 

そういうきな臭いを感じた台湾は、ワシントン条約に基づき、中国政府が輸出許可書を発行することを求めたが、未だ、パンダの輸入を許可していない。

 

現在、ワシントン条約とその加盟国が独自に条約運用のために定めた法の影響で学術研究目的以外での取引は難しいため、外交としてパンダが贈られることはなく全て『中国籍』でレンタルとなっている。

 

ここでパンダが”中国籍”であるということに注目しなければならない。

 

過去に贈られたパンダはその当事国の国籍を持っているがそのパンダは数少なく、生まれた子供もたとえ片方が中国籍でなくても『中国籍』。今や唯一の日本国籍のリンリンがいない今、日本に現在おり、将来生まれる赤ちゃんパンダのすべて、課金対象になってしまう。しかも、そのレンタル料も高額であり、つがい一組で年間1億円程度となるが、その資金はパンダの研究費や生息地保護資金として使用されている。このような事情もあって、資金難からパンダを返還した国もあります。

 

 

中国側から言うと、「パンダ外交」は一種の”ビジネス”にしか見ていないよう。

 

 

今日本では中国のパンダでお金から魂まで奪われようとしている。

 

 

今こそあえて言いたい。

 

 

「パンダなんかいらない」と。

 

 

石原慎太郎が「パンダを見たけりゃ、中国行けばいい」と言ってたけど、ある意味正論だわ。

 

 

今こそ”パンダ外交”を考え直す時なのでは!?

 

 

 

東海玉手箱2

2008年05月05日

富山県内でよく、メディアミックスで商品をリスナー参加で作ってますが、名古屋でもありました。


とにかく見てください。

でかいです。(笑)


どでかいです。(^-^;


これ、コンビニで買ったんですが、たまたま近くにいたおばちゃん、おにぎりのでかさに「でかいやろ〜」と相槌打たれても…、おばちゃん、σ(^-^;の何?(笑)

東海玉手箱1

2008年05月05日

ナゴヤ球場。

今や”主なき”廃墟と化していますが、救急避難所にはなっているようです。

しまった!(-_-;)

2008年05月06日
うちの会社は今日から連休明け。

 

なので出勤なのである。

 

 

工場の中は、社外工がまだ会社に戻ってきていない為、ややすかすか感があるが、仕事の量はいつものレベル…というかそれ以上かも。

 

 

で、仕事と格闘の末、とりあえず終えて、さあうちに帰るかなあと車のメーターを見ると半分以下だったので、再値上げ後初となる給油にさあ行くかと、馴染みのスタンドに行ったら暗かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…しまった!娑婆まだ休みやった…(T-T)

 

 

ちろり〜ん、鼻から給油〜♪

 

 

 

普通にボケボケやん。σ(^-^;

花畑牧場

2008年05月06日
おとついの朝、テレビを見ていたら、田中義剛氏が出ていた。

義剛氏といえば、その昔、嘉門達夫氏とやっていた”火曜ヤンタン”を時々聞いておりました。←だって、遠距離リスナーは辛いっす。(^^;

その義剛氏、今やタレントと社長の二足の草鞋を履いています。


「花畑牧場」の社長。

聞いてたんですが、マーケティングやライバル会社の占有率とか戦略というものとか、売り出し方とかを練って練って、綿密な戦略を作り上げて、商品を出し、ちゃんと結果をだしてきているのに驚きました。


自分のネームバリューに頼るのでなく、”戦略”で勝ち残っているので、色々参考になりました。



さて、σ(^-^;のブログの戦略は…。

自爆芸人!?

2008年05月07日
60'sでなくても、わたしらの世代でも聞き覚えがある曲の一つ。


The knackの「マイ シャローラ」。

出だしのメロディが印象的な曲。


最近またよく聞くようになったと思えば、エド・はるみが、ダンスをする時に流れている。



しかしまてよ…



The knackと言えば、1991年に東芝EMIから発売されたオムニバスアルバム『ザ・一発屋』の1曲目に入るほど、自他共に認める(?)一発屋。




エドさん…くれぐれも”一発屋”にならないように。(^-^;

今朝のネットニュースより

2008年05月09日
今朝のネットニュースの一つ。

>「無事釈放を…」安倍氏発言で緊張走る 歴代首相が胡主席と朝食会

日本の要人で中国の代表に面と向かってチベット問題に注文をつけられる人がいたこと、それが安倍前首相ということに、おいら安倍さんのこと見直したかも....

そういえば、FMとなみとかコミュニティーFMで「日本はすべての拉致被害者を取り戻す」の「拉致問題ラジオCM」

安倍さんが首相の時くらいから流れていますが、実は今も流れています。

だけど、拉致問題に対する安倍さんと福田さんの温度差故か、そのラジオCMもむなしく響きます。(-_-;)

Independent day

2008年05月09日
今日は、富山県が石川県から独立した日。


だからIndependent day。(単純)


はなわの佐賀県も”東国原”宮崎県も、わが富山県と歴史の長さは全く同じ。


だから、明日も胸を張っていこう〜♪

鼻毛賛歌

2008年05月11日

鼻毛といえば南砺砺波方面のアーティストの「鼻毛の森」。

しかし世間には、苗字が「鼻毛」の方が実在するらしい。

そんな鼻毛の奥深さを探求してみたいと思う。



<本名>
医学的には「びもう」というらしい。

<近代的な鼻毛Cutting>
小生、たまに鼻毛が外界に現れるのでハサミでCuttingしていますが、今やハサミで鼻毛Cuttingは古い!


・回転式鼻毛カッター(画像)

回転する刃により鼻毛を切除する鼻毛カッターというものが発明され、鼻毛の処理は自動化…というスグレモノ…すごい。

<衛生学的観点から>
鼻毛を抜くことは決して奨励されない。鼻毛でストップされていた塵埃や粘膜からの分泌物、そして細菌が入ってきて、化膿する危険があるとのこと。
むしろ鼻毛を鼻毛鋏等で短く切る事が良いとされています。

<鼻毛のついた地名>

・福島県福島市飯坂町湯野字鼻毛
・福島県相馬市尾浜字牛鼻毛
・群馬県前橋市鼻毛石町
・新潟県上越市大島区の「鼻毛峠」
・宮城県仙台市泉区実沢字鼻毛


<鼻毛論争>
赤塚不二夫のギャグ漫画『天才バカボン』のバカボンのパパの鼻の下に鼻毛とも髭ともつかぬ放射線状の毛…これを巡って、昔からあれは髭であるか鼻毛であるかの論争が絶えない??が、本人いわく「これは鼻毛ではなくヒゲですのだ」ということで問題解決。

<鼻毛は見た!>

『文藝』名編集長坂本一亀は膨大な量の生原稿を読破する超人的な仕事ぶりで知られた。ある作家は、坂本が本当にそれらを読破しているか否か疑ったが、あるとき原稿を調べてみると、ところどころに坂本が読みながら抜いたと思われる鼻毛が挟まっているのを発見し、降参したという。


…すごい執念だわ。(^-^;
<鼻毛な表現>
・鼻毛を抜く

文字通りの意味の他に、「生き馬の目を抜く」と似た意味で他者を出し抜くことを指すこともある。

ほか、
・鼻毛通し
・鼻毛が長い
・鼻毛を伸ばす、鼻毛が伸びる
・鼻毛を読む、鼻毛を数える
などがあります。

<その他、鼻毛にまつわるエピソード>

・夏目漱石は、鼻毛を抜いて原稿用紙に植え込む癖があった。この鼻毛の生えた書き損じの原稿は、漱石の弟子の一人である内田百間が保管していたが、第二次世界大戦中に空襲で焼失してしまったため現存しないという。

・前田利家の四男利常は、鼻毛で有名だった。
重臣本多正重は、鏡を土産としてとどけ、近習のものに申しつけて夜間勤務のときに鼻毛をぬかせてみたが、利常は知らぬふり、今度は横山某が近仕の坊主に鼻毛抜きを利常にささげさせたが、そのまま無視。

しかし利常の鼻毛には深い戦略があったのでした。

 利常は重臣たちを集めていった。
「予の鼻毛ののびたのを困ったことと思い、世間で鼻毛ののびたおろかものとうわさしていることは予も承知だ。近ごろ、正重が鏡を送ってきてから近習の者たちが鼻毛をぬいてはわざと痛がり、坊主が鼻毛抜きを持参したのも汝らの指図だろう。すべてわかってはいるが、そのままにしておいたのだ。その意味を申し聞かそう。予は今大名の上座にある。地位も財も世に知られた利常が、利口さをはっきりさせたら、それこそ幕府の疑いをまねき、思わぬ災難をうけるだろう。予のたわけぶりを人に知らせてこそ、加能越の三国を安心して領し、領民を楽しませることになるのだ」。

当時は豊臣・徳川の対立が深まっていた時代で、外様の前田氏としてはことあるごとに謀反の疑いをかけられがちであった。
それゆえ利常自身、9歳のとき、徳川秀忠の娘を夫人に迎えたりしている。


なかなかのつわものだな。

青い鳥はいづこに…

2008年05月12日
ちょっと過ぎましたが、5月6日はメーテルリンクが生まれた日。

『青い鳥』は多くの方が読んだことがあるのでは?

チルチルとミチルが夢のなかで過去や未来の国に、幸福の象徴である青い鳥をさがしに行くけど、結局のところそれは自分たちに最も手近なところにある、鳥かごのなかにあったという話ですが…。



だけど、カール ブッセが、
>山のあなたの空遠く
「幸(さいはひ)」住むと人のいふ。

噫(ああ)、われひとゝ尋(と)めゆきて、
涙さしぐみ、かへりきぬ。
山のあなたになほ遠く
「幸(さいはひ)」住むと人のいふ。


〜〜〜〜〜

といい、


都はるみの「夫婦坂」では、
>この坂を 越えたなら
しあわせが 待っている
そんなことばを 信じて
越えた七坂四十路坂


〜〜〜〜〜


と言っている。



ほとんどの方は青い鳥を探して、長い間探した末にあったのは、「棺桶」だったのではないでしょうか?



いったい”青い鳥”は存在するのでしょうか?




あっさぁ〜♪

2008年05月12日
おはようございます。

久々朝日の画像乱発。(笑)






....結局二つやん。(^^;

人はなぜ人を殺してはいけないのか?

2008年05月14日
昨日5月13日は爆笑問題の太田光の生まれた日。

 

そこでこのような題名で書くことにした。

 

”人はなぜ人を殺してはいけないのか?”

 

題名が非常に重い。

 

芸人の太田とこの題名とのギャップを感じると思いますが、これについてテレビで触れられていたので取り上げました。

 

以前NHKの爆問学問の中で彼はこれについて、次のように言っていた。

 

 

 

「自分の人生が楽しくない奴からしてみれば、他人の人生なんてもっとどうでもいい。

 そんな奴を笑わせて、もしかして人生って楽しいかも、と思わせて初めて、そいつは他人も人生を楽しんでるのかも知れないって想像できるんじゃないか」

 

 

 

〜〜〜〜〜

 

前半の

自分の人生が楽しくない奴からしてみれば、他人の人生なんてもっとどうでもいい。

 

は、昨今の硫化水素自殺で如実に思い知らされること。

 

 

後半は”お笑い人”としての自分の意地みたいものを感じますが、どうも腑に落ちない。

 

 

…なぜ笑わせなければならないのか?

 

自分の人生が面白くないと思っている人間が人を笑わせようなど、考えるだろうか?

 

”とにかくダメだから、イケナイ”とか、道徳的にどうとか、他人が可哀相だからとかでも納得できず、悶々と考えている奴には一瞬それで納得できるかもしれないが、結局、

 

 

人はなぜ人を殺してはいけないのか?

そんな理由、そもそも無い。

 

と断じて、一連の硫化水素自殺を幇助するような考えになってしまう。

 

”自分が自殺せずに生きている”という自己矛盾を抱えながら。

 

 

これでは自殺はなくならないぞ。(-_-;)

なぜタスポか?

2008年05月16日
小生、禁煙家&嫌煙家でありますので、昨今CMで宣伝されている”「タバコのための成人識別カード」のタスポ(tasupo)”なるものの存在に”?”がついていましたが、あるサイトを見ていると、はたと納得してしまいました。

タバコが本業のJT。その会社のスポンサーの半分が財務省だったのです。

こりゃ絶対タバコを止めさせる気ゼロだわ。(-_-;)

タバコの他に薬を作っているというまさに矛と盾のような会社。

最近だと農薬入りの中国産冷凍餃子問題でフィーチャーされている通り、多角経営に生き残りを賭けています。


自販機をこのタスポ用に改修するには、補助があっても10万円近い販売店の自己負担が必要。しかも、そんなもん作っても、コンビニ行けば意味ないじゃん。

唯一のとばっちりが「町のタバコやさん」なんですが、一番の”薬”は「タバコを作らないこと」だと早く気付いて欲しいもんだ。



民営化しとるがに、タバコが財務省経由でおらっちゃの税金で出来ているとは…凸(-_-メ)

理の人ナイチンゲール

2008年05月17日
5月12日が誕生日だったフローレンス・ナイチンゲール。

 

看護婦(現在では”看護師”ですが)を目指している人は、必ずといっていいほどこの人を目標としている、そういう”目標とされる”人ですね。

 

クリミヤ戦争の時、自ら率先して現地に赴き、敵味方なく看護したという美談に、”私もかくありたい”と思った人も一人や二人ではないはず。

 

実はナイチンゲールは赤十字には全く関わっていません。

 

それは、“構成員の自己犠牲のみに頼る援助活動は決して長続きしない”ということを見抜いていたためです。

 

そして「経済的援助の重要性」を説いた一人です。

 

相手は誰であろうが直言を厭わない果敢な姿勢により、交渉相手となる陸軍・政府関係者はナイチンゲールに敬意を示し、ナイチンゲールの住居兼事務所は関係者の間で「小陸軍省」とあだ名されていた。

 

凄いキレ者だったんですね。(^-^;

 

そんなナイチンゲールでも、最初、軍の縦割り思考故に中々従軍を許可されませんでしたが、病院の便所掃除がどの部署の管轄にもなっていないことに目をつけ、まず便所掃除を始めることによって病院内へ割りこんでいった。

 

そこから得られた情報を統計的に分析し、対策を行った結果、死者の減少に貢献しました。

 

このことから、イギリスでは”統計学の先駆者”と言われます。

 

この改革は保健制度のみではなく、陸軍全体の組織改革につながったということなので、彼女の才能の凄さを感じさせられます。

 

それだけてはありません。

 

病院建築に関しても遺憾無く発揮されていて、患者一人の療養空間として相応しい面積、ベッドの高さやベッドとベッドの間の距離についても、理想的な計算値が述べられています。 

 

才媛…彼女の為にあるような言葉であり、情だけでなく現実に則した判断のできる女性だったんですね。

 

琴欧州よ、直ちに大関の地位を返上せよ!

2008年05月18日
大相撲夏場所が両国国技館で現在行われている。


先場所のリベンジを果たしたい横綱白鵬は万全の相撲で全勝を守り、対する横綱朝青龍は初日につまづくも、それからは立ち直り、一敗を堅持。


両横綱にはそれぞれの美学で土俵上で見せているが、上位の中に、自分の地位に対する美学が感じられない力士がいる。


大関琴欧州だ。


昨日の小結稀勢の里戦。



大関である者が立ち合い変わって、地位が格下の力士を送り出して勝ったと…。


突き押し叩きの相撲が身上の大関千代大海なら、この相撲で大関になったのだからいいのだが、四つ相撲で上がった大関が、相手はライバル稀勢の里、観客が注目する一番に”ただ勝てばいいじゃん”相撲を見せられたら、観客だって怒るしため息も出るわ。



かど番でも美学を出さなきゃならないのが大関の地位だし、観客を喜ばす力士になるんだよ。


こんな美学のかけらもない全勝なんて、糞にもならない。





客に失礼なだけだ!




直ちに大関の地位を返上せよ。

巨人症

2008年05月20日
昨日はアンドレ・ザ・ジャイアントが生まれた日。

「世界8番目の不思議」
「人間山脈」
「大巨人」
「一人民族大移動 」

と色んな呼び名はあれど、”身長 223cm 体重 236kg ”という名前に恥じない体躯

プロレスラーとして日本でも有名で、漫画「バキ」の中に彼を元ネタとしたキャラクターが登場するなど、一種の「巨人の代名詞」となっています。

その巨体故、投げられたことは少なく、日本では猪木と長州力のみとか。

まさに”大きいことは、いいことだ”とどっかのCMにでてきそうなフレーズが出ますが、そうは言っておられない事情がある。

アンドレの巨体は生れつき+脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する「先端巨大症」という病気からでした。

別名、「巨人症」。

他に、ジャイアント馬場、出羽ヶ嶽文治郎らがいます。




その病気により、高血圧、いびきが出やすくなります。

症自体には生命の危険は無いが、先端巨大症を放っておくと、死亡する確率が2倍以上になり、寿命が10年前後短くなると言われている。

現にアンドレは46歳で亡くなっています。



こういう病気があったとは初耳でした。




盆と正月と葬式が一緒に!?

2008年05月20日

今日は部内がわやわや。

昨日までアメリカ出張に行っていた人が帰還。

昨日、会社の人のおとんが亡くなられたということで葬儀に参列した人も…



画像はアメリカ出張のお土産です…なんか知らんけど。(^-^;


社内は土産ものと香典返しのもので溢れていましたとさ。

残業と教育手当の間は?

2008年05月23日
今朝の新聞に「トヨタ、来月からQC活動に残業代」と報道されていましたが、QC活動がいかに会社主体で行われていたか、それをトヨタが認めたようなものですね。



QC活動と聞くと、どうも”カイゼン””カイゼン”が先に来て、どうも業務とQCとの境目がイマイチわからない状態でしたが、そういう意味で、QCが業務の中にあるという位置付けが定まったことは一つの”答え”になっているのではないかと思います。


しかしながら、うちではQC会合の時間は30分以上で、教育手当に入りますが、これが残業手当に比べて値段が安いという特徴がありまして、昔はよく残業規制をくぐり抜ける為に、教育手当でつけられていました。←今はもち、そんなことしていませんよ。


36協定というのがありまして、民間は利益を上げるのに苦労しているんです!



…あゝ、サラリーマン哀歌。(^-^;


津山事件

2008年05月25日
ちょっと前だったか、山口県の光市で起きた連続母子殺人事件の被告に死刑の判決が下ったことは皆さんもご存知の通り。

 

 

そこで、元加害少年の量刑でクローズアップしたのが、俗に言う”永山基準”でした。

 

 

”どれだけの人を殺したら死刑になるのか?”

 

永山基準では一応”基準”としてはいくつかの設定が成されているけど、例外があったりと、いまいちはっきりしない。

 

〜〜〜〜〜

 

今の永山基準だと確実に死刑になっているだろう大きな事件が昔起きていた。

 

 

津山事件

 

 

津山三十人殺しとか、(犯人の名前から)都井睦雄事件ともいわれます。

 

 

現津山市加茂町行重の貝尾・坂本両部落で発生した大量殺人事件で、30名(うち5名が16歳未満)が死亡、3名が重軽傷を負いました。。

 

・徴兵検査で、結核を理由に丙種合格(実質上の不合格)とされ、これまで関係を持った女性たちに、関係を拒絶されたから。

 

というのが理由と言われるけど、殺されなかった女性もいたり、そうでない人が殺されたりと、いまいち一貫性に欠けている。

 

 

ただ、これらの犯行の後、自ら銃自殺をしたことから、都井にとっての「命の重さ」は自他共に軽かったということだけは事実でしょう。

 

都井にとって「人の命は地球よりも重い」という言葉は絵に書いた餅しか見えなかったでしょう。

 

 

この事件が「八つ墓村」の作品の元となっています。

 

 

そういえば「八つ墓村」の作者の横溝正史氏が生まれたのは1902年の昨日でした。

 

女子アナもつらいよ!?

2008年05月26日
夕方、携帯のトップページを見ていたらびっくり!


〜〜〜〜〜

TBSのテレビの中で明石家さんまさんが出ていた「明石家さんCh」で、”TBSの局アナが地味”だとか言われていましたが、局アナ(時代)に割と目立っていた一人に”彼女”がいました。


川田亜子アナ


最近の小生の日曜の朝は愛しの(笑)根本さんが出ている「カラダのキモチ」の後、そのまま「ガッチリマンデー」ということで、よく”経済予報士見習い”で黒ぶちの眼鏡を掛けた川田さんをよく見かけました。


出身が金沢。←意外でした。


川田さんの父君の病院が、富山に建てる予定とか…


意外と近い所に接点がありますね。

昨年だったか、自分の夢に向かってフリーになり、これからというときに…


〜〜〜〜〜

こういうニュースを聞いて、以前日テレの「所さんの目がテン」に出ていた鈴木君枝さんが同様なことで終止符を打たれたことを思い出した。


〜〜〜〜〜

女子アナって、芸能界と似て、華やかな印象がありますが、こんな所でも苦しみが付き纏っていたんですね。


「有無同然」


釈迦の金言を想起せずにおれない。







〜〜〜〜〜









[広告]
ひまわりマガジン sub-25sdavp2y-akb@www2.skynetdm.com


あっさぁ〜♪

2008年05月26日



一週間の始まりがまぶしい朝日でいやが上でも目が冴えてきます。

やわやわいきまひゃ。(笑)

「誤った情報」の誤った情報

2008年05月27日
今朝の新聞の社会面には「硫化水素自殺、県内で相次ぐ ネット介し誤った情報」と、最近全国的に続発している硫化水素自殺について書かれていた。

県内でも、今月に入って相次いで3件起きているということで、富山県でも関係の深い問題です。


その記事の中で富山国際大現代社会学部の大谷孝行准教授は硫化水素自殺の背景について

>「地域社会との関係が希薄で、生きがいを感じられない若者ほど、自分の世界に逃げ込むためにネットにはまる」

と語っている。

確かに大都市は肉体的には人で溢れてはいるけど、精神的にはなおさら孤独感に苛まれている人が田舎以上にあると聞く。

しかしながら、”生き甲斐がないやつが自分の世界にこもっている”と、自分の世界にこもっているやつがいかにもネットの自殺情報に飛び付くかのように言っているけど、そんなもんがなくても、どっちみち科学的な専門知識を持っている人なら使おうと思えば使える状況だからネット情報が自殺の必要十分条件とはいえない。

さらにハイデッカーの哲学から、そもそも我々の見るもの感じるものすべては、自分が作り出したもので、一人一人が自分の世界の中でしか生きられないので、この世に”自分の世界”がなければ逆に自ら命を絶つことは当然至極なことです。


むしろ自分の世界を尊重すべきじゃないのか?

そうすれば、他人の世界も尊重できないか?



”めかくし”したって、自殺したいやつは、他の自殺方法を考えるよ。


”なんで自殺したらあかんか?”という根本的なことが全く議論されず、むしろ隠蔽しているようにすら感じられる”学者”さんに、”早く目を覚ましてくれ”と言わずにおれない。


雨や!

2008年05月28日
九州南部は今日、梅雨入りしたらしい。

と思ってたら、雨!


携帯も開けない。


季節は梅雨へと近づいていますね。


チャレンジデー2008

2008年05月29日
昨日はチャレンジデー2008ということで、私も地元の公民館に集合してやりました。





開催前の風景。(笑)

公民館前の広場にぎっしり住民の皆さんたちが集まって、一緒にラジオ体操第一&第二をやりました。

前の記事(雨や!)のこともあったので、とにかく雨が降らなくてよかったです。

毎年配られるジュースですが、ガソリンの高騰に反比例して小さくなって....今年は”5本で298円”みたいなジュースでした。←なんでやねん。(笑)

阪神、大鵬、親子丼

2008年05月30日
昨日は大鵬の誕生日だった。

リアルタイムで土俵上の大鵬を見たことはないけど、優勝回数で必ず千代の富士や北の湖らとならんで出ている名前です。


あの映画監督の三谷幸喜さんの”幸喜”は大鵬の本名から来たとか。

そんな大鵬はどんな力士だったか、探っていきたいと思います。


まず驚いたのは”ハーフ”だったということ。



ゲイやオカマじゃないよ。


ウクライナと日本のハーフです。


優勝32回、6連覇2回、45連勝などを記録し、特に圧巻なのは新入幕から横綱までの道のり。


〇昭和35年 1月場所:西前頭13枚目で12勝3敗で敢闘賞。

〇同 3月場所:7勝8敗

〇同 5月場所:11勝4敗

〇同 7月場所:西小結で11勝4敗

〇同 9月場所:12勝3敗

〇同 11月場所:関脇で13勝2敗で初優勝 .733→場所後、大関昇進

〇昭和36年1月場所:新大関で10勝5敗

〇同 3月場所:12勝3敗

〇同 5月場所:11勝4敗

〇同 7月場所:13勝2敗

〇同 9月場所:12勝3敗で優勝 .752→場所後、横綱昇進


6場所で大関に上がり、翌年度には横綱に立つという芸当は北の湖も貴乃花も、そして朝青龍もだれもなしていません。

しかも引退までの生涯勝率は .838で、横綱になっても強かったです。


しかし世間では、

「大鵬の相撲には型がない」などと盛んに批判されていました。

型がない、ということで相撲に面白みがないと批判する気持ちはわからんでもない。

貴乃花が出て来た時、彼もまた相手の相撲に応じてとる”型のない”力士で一時期批判しておりました。


これに対する親方の言葉が活かしています。

”型のないのが大鵬の型”

大鵬も貴乃花もまさにそんな横綱でした。

それと、”入幕から引退までの12年間、毎年必ず最低1回は優勝した”記録は地味だけどすごい記録で、「一番破られにくい記録」と言われています。

尻から落ちる敗戦をし始めたのが大鵬の引き際を悟らせ、くしくも貴乃花の父の貴ノ花に敗れた後、引退を表明した。


確かに双葉山と負けず劣らず、相撲の一時代を築いた人に間違いない。


リサ ステックマイヤー?

2008年05月31日

NO!


This is ”イカスティックフライ”!

葬式狂想曲〜ヒミツの葬式ショー

2008年05月31日
演目一覧
1、観客入場及び着席
2、劇団「僧」、”金の靴”一名、”銀の靴”二名が登場
”金靴”僧、ロンドンブーツにはきかえる

  ・合唱一題
・死者への檄文

鐘の鈴で観客を脅しつつ、

・三部合唱

3、劇団「僧」、退場
4、コメント者披露
5、観客によるスタンディングオベーション(1〜5人ずつ)
6、撤収業者入場及び撤収作業開始
7、司会終了の挨拶
8、観客退場

講評
ほとんど観客には向かず、常に死者向けの演技をしてくれました。
この劇団の存続意義は死者にしかないのかと嘆息すら覚えます。

あと、本日使用された蝋燭の数が6本ということで、「そんなに使う必要あるの?」という思いが出てきました。


それにしても、金靴僧が担いでいた組み紐、ひょっとして”南無阿弥陀仏”って書いてあるってことは、ないでしょうね。(-.-;)


Dotch?〜日本は〇〇重視国

2008年05月31日
少し前、ある環境系サイトで見かけた情報。

ドイツでは10年前、鉄道利用を促進し、自動車交通を抑制したと。

それにより、交通関係社会資本への投資比を大きく転換し、鉄道重視になったとある。



さて我が国は?


鉄道は、県内では”北陸新幹線云々かんぬん…”ということで国からお金ちょ〜だいの状況。

道路は、いつの間にか既成事実化した”南砺ICはどこ?”で、これまた国からお金ちょ〜だいの状況。




「鉄道を作ってくれ」「道路を作ってくれ」と両方言って、それをそのまま作ってたら、いくらお金あっても借金になるわなあ…。

そのツケが政府の赤字となり、私たちの税金へとしっぺ返しになったんではないでしょうか?



日本の交通のベクトルは、どこへ向かっているんでしょうか?

ドイツのような明確な未来の指針を持ったお偉方は日本にいるのでしょうか?

作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。