nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

川田アナの死〜その後

2008年06月01日
先月、元TBSアナの川田亜子さんの死について書いたが、その後、色々な情報が流れてきている。

 

 

男女関係だとか、仕事のこととかと色々流れているけど、はっきりとした死因については何等わかっていないよう。

 

 

そんな中、ある番組のアンケートで川田さんがブログとかで書いた苦悩について、女性の約半数が”よくわかる”と答えていました。

 

 

その中には、

「自分がもしいなくなったら、どれだけの人が泣いてくれるかなあ」

 

とか、

 

「明日のことが全くわからない」

 

未来に対する不安を訴える女性が多かったです。

 

未来がはっきりしない心は、今がはっきりしない心にリンクし、その不安だけで自ら死を選ばせてしまう。

 

また、彼女のブログには、母の日に彼女のお母さんに生きる意味を問い掛けていたけど、生きる意味がわからないと、聞いていたが、生きる意味がわからないと人は死を選ぶのだなと思い知らされると共に、生きる意味の大事さを知らされました。

 

 

研究者魂列伝〜自分の体で実験した男

2008年06月01日
今日はヴェルナー・フォルスマンの命日…と言っても、俺も知らなんだ。(^-^;

 

 

カテーテルといえば聞いたことがあるという人が多いですが、彼こそ、心臓カテーテル法などでノーベル賞を取った人です。

 

 

しかも、彼は腕を切開し、自身の心臓の右心房に尿カテーテルを通し、その後で、自ら放射線医学の部署まで階段を降りて行き、レントゲン写真を撮って心臓にカテーテルが入っていることを確認したのでした。

 

 

…これ、全部自分でやったがけ?(^-^;すご

 

特に、自分でどうやってレントゲン写真を撮ったのだろうか?

 

彼はこの一件で病院を解雇されたが、これでノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 

 

…命張ってるわ。

 

 

こんな記念日いるけ?(-.-;)

2008年06月02日
今日は本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれた日。

 

 

だからといって、

 

 

 

裏切りの日

 

 

って、わざわざつける意味あるがけ?

 

 

別に今日だけは裏切りは可、とか、裏切りが許されるとかといい訳ないしね。

 

 

しっかし、

>ノー行事デー (青森県)

 

に近いくらいの無意味な記念日…

三泊四日

2008年06月06日
「三泊四日」といっても、華麗な旅を想像するけど、その実は”会社缶詰旅行”で、体力的に曙よりむしろ欽ちゃん走りに近くなっているので、夜12時を過ぎるとシンデレラよろしく、まるで別人のごとく、”肉体疲労児”に様変わり、うちに帰るよりも会社にいれば睡眠時間が取れるということで、”会社の駐車場待機”を選ぶ小生がいます。

 

 

それを重ねて三日、ようやくそんな生活から脱却することになりました!

 

 

そこで今日までの軌跡を振り返りたいと思います。

 

 

○火曜日

 上司から”うち帰るな”を言い渡されて、サゲサゲ。(T_T)

 どっかに携帯充電できる機械があるコンビニがないかと探すが、なし。

 

コンビニスパとおむすび朝用をゲットしてから、J-WAVE聞きながら就寝。

 

○水曜日

 二日連続が決まりサゲサゲサゲサゲ。(T-T)(T-T)

 

そして恐れていたことが起きてしまった。

 

携帯のバッテリーSOS。

 

 コンビニカレーとパンとおむすび朝用に加え、使い捨て携帯充電器とギャバドリンクをゲット。

 

山ちゃんのラジアン聞きつつ、就寝。

 

○木曜日

 朝から気分も体調もサゲサゲサゲサゲサゲサゲ。戸を少し開けたまま寝てしまった為、頭痛なり。(T-T)

頭ふらふらで半分馬耳東風状態。

 

とりあえず、昼間は昨日のギャバドリンクの残りを飲み干す。

 

上司は”今日はうちに帰っていい”というが、終わったのが午前零時半すぎ。

 

…体力的に帰れる訳無いやん。(怒)

 

体調にも変化が出て来てしまった。

 

 

 

足がつる。(T-T)

 

アキレス腱を伸ばして、その場を凌ぐ。

 

コンビニスパとおむすびセットをゲット。

 

山ちゃんのラジアン、”ラジアン遺産”のコーナーとか、”ラジリーグ”のコーナーのネタのくだらなさだけでも笑える体質と成り果てる。

 

 

○金曜日

 上司、夕方まで外出で、会社に戻ってくると言ってたのに…姿なし。

 

予断ですが、昼間の「気ままプラン」に、その”山ちゃん”が出ていたが、昨日の”ラジアン遺産”で放映された昔のやまだひさしさんの語りのテンションの高さとは全く逆で、ごく普通な電話インタビューで、逆にわろた。(笑)

 

 

 

なので、まる三日、南砺市に入っていません。

 

 

三日ぶりこ南砺。

 

 

 

…すべてはこのネタの為。(爆)

 

 

 

 

 

知らなんだ〜三題

2008年06月07日
○80年代のニューミュージックのアーティストの一人GWINKO、本名も”吟子”だったなんて、知らなんだ〜。それに現在は歌手活動がなく、女優”美良樹吟呼(みらいぎんこ)”として地元沖縄で活動中だなんて、知らなんだ〜。

 

 

○両方がとんちんかんなものを贈りあった「賢者の贈り物」の作者のオー ヘンリーの人生は、横領で捕まり、周囲の好意を”逃亡”で無駄にする、賢者とは掛け離れていたなんて、知らなんだ〜。

 

 

○「ゴッドハンド」の別名を持つ空手家の大山 倍達は実は韓国人で、朝鮮名は崔永宜(チェ・ヨンウィ)で、韓国と日本の二重国籍だったなんて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らなんだ〜。

Time to say Good-by

2008年06月10日
深夜に一人、スパを食う。

ここは飛行機、フライト中。

上は雲一つない、というか雲一つ見えぬ。

伊武が語りて、時間が流れ

おっとばれたか、Jet Stream

跨ぐは時のさざ波の

上げ潮下げ潮、その隙間

だんだん現(うつつ)に戻りてぞ

ここはいみずのその中の


とある会社の車の中


それでは皆さん”Time to say Good-by”



最近のエコブームに反旗!〜そうまでしてなぜ生きなければならないのか?(加筆色々)

2008年06月10日
恐怖と憎悪は紙一重

 

 

最近実感しております。

 

イラクのフセイン政権が崩れると、それまで権力の象徴だったサダムフセイン像が倒され、イラクの人市民が像の頭を靴で叩いていた光景を覚えておられる方もいると思います。

 

 

話は変わって昨今のレジ袋有料化などのエコブーム、こんなちっぽけなことで地球環境が守れるのだろうかと疑惑の目で見ています。

 

これを証明するかのような意見の方がお一人。

 

以前も取り上げましたが、鷲田小彌太札幌大学教授。

 

彼は、

 

>環境問題のいちばんの原因はどこにあるのだろうか。実はどうも、人間がその最大の理由であるらしい。

 

と言っている。

 

人間は”自然を破壊することなしには生きていけない”存在だから、他の生物から言えば、人間というものを本来いてはいけないものかもしれません。

 

だから、ただ生きているということは、よいどころか、地球を破壊する忌むべき存在で終わるので、そんな人生に何の価値があるでしょうか?

 

 

よく、何の考えもなく”死んではダメだ”と言う人がいるが、そういう人に限って自分の都合が悪い人間が都合の悪いことをした時に”氏ね”と思い、”氏ね”と言う。

 

 

自分の都合で生かされたり殺されたりしたらたまったもんじゃないわ。

 

 

全人類から”氏ね”と言われても生きていかなければならない”目的”、これこそ究極。

 

この目的を知らされたら、エコも生きていくんじゃないかなあ。


























そんな罪悪を持った人生、なぜ生きなければならないのだろうか?と思ったあなたは....ここへアクセス。

ひまわりマガジン
sub-25sdavp2y-akb@www2.skynetdm.com

久々…二題

2008年06月12日
まず、二日ぶりにうちに帰る。←久々?

 

先週からそんな調子…。

 

 

 

で、今日はおかんが温泉旅行なので、久々で会社のある市内のいつものカレー屋(チャンピオン)に行きました。

 

 

そこへ行って頼むのは、

 

 

Lジャン

 

 

ここの所、チーズトッピングにはまっています。

 

 

閉店間近の時間帯でしたが、店員さんの好意により、5分オーバーで退出しました。

 

 

皆さんはカレーに何をトッピングしますか?

皇国史観の名残を糾す

2008年06月12日
今日は、”蘇我入鹿”が中大兄皇子&中臣鎌足に殺された日です。

 

 

この”蘇我入鹿”って人、現代の歴史の教科書に至るまで、これでもかっ!というくらいに悪役にされていますね。

 

 

実は、”蘇我入鹿”って名前、本当の名前じゃないんです。

 

 

「太郎鞍作」

 

これが彼の本名です。

 

これは記録にも残っているので確かです。

 

ではなぜ、”蘇我入鹿”の名前がメジャーになっているかというと、歴史の勝者側の書いたもの…「日本書記」にそう書かれていたからです。

 

「日本書記」というと、皇国史観バリバリの思想の為に”でっちあげた”ような本で、戦前は特に日本書記に書かれていたことが絶対視されていました。

 

その太郎鞍作が命を奪われたのが乙巳の変です。

 

太郎鞍作はなかなか有能で、”大化の改新”は少なくともゼロから始めた政策ではなく蘇我氏の政策をパクったものです。

 

 

政治制度の整備や修史事業や遣隋使の派遣は馬子の政策だし、日本に仏教を広めたのも蘇我氏で、民衆からも支持されていました。

 

 

しかも蘇我氏は「日本書記」が世に現れる前に、膨大な史書(『天皇記』『国記』など)があり、ともに聖徳太子が蘇我馬子とともに編纂した「日本最古の史書」ともいわれています。

 

もしこれが残っていたら、日本の歴史は大きく変わったに違いありません。

 

外国のものでも、いい制度ならどんどん取り入れていたし、なんと言っても日本に仏教を取り入れる先見性は評価すべきですね。

 

 

しかし蘇我氏が書いたそんな本を中大兄皇子たち反蘇我派がすべて焼き払ってしまったのでした。

 

焚書

 

外国では焚書はされるが、歴史の記述は次の書物に引き継がれます。

 

しかし日本では、歴史は勝者によって抹殺されるのです。

 

 

桓武天皇も都合の悪い本をたくさん焚書したと言います。

 

 

これを見ると、今の皇族は歴史の度重なる書き換えの上に成り立っているような気がします。

 

 

 

アキバの犯人からみる犯罪への道

2008年06月14日
先日のアキバでの通り魔事件、加藤智大容疑者が逮捕されたということで、彼が犯行に至った経緯などが明らかになってきていますね。

 

 

彼が生まれたのは青森県。高校は県内1、2番の進学校に進むが、正社員にはなれず、うちの会社の得意先の一つの関自に派遣社員として働いていました。

 

彼が担当していたのは自動車の塗装のチェック。上司からは、真面目だったのこと。

 

 

そんな中、関自の中にもリストラの風。

 

ただでさえ日雇い派遣で収入が不安定な上に、リストラという”明日から収入源がない”という事態に生活の不安をより感じたんでしょう。

 

生活の為…ということで、自分の居場所がここにあるか、そんな保証がない中、そこの会社の人=ごく普通の日本人という公式が彼の中には成り立っていたのでは。

 

いつも厳しいことしか言わない人なら「まあ、中にはそんな人もいるかあ…」と割り切れるけど、優しい部分があると、自分が批判された時とかに一種の”裏切り”を感じるんです。

 

まあ、私のように十何年そんな人のいる会社にいれば、その人の”真のベクトル”の向きがある程度わかるけど(それでもしんどいわ…汗)、派遣社員のように短期間の縁の場合は、その”裏切り”のダメージの大きさはいかほどだったろう。

 

 

恐怖と憎悪は紙一重

 

 

まさにそのスパイラルが始まるのです。

 

 

会社へのリストラの恐怖が会社(の人)への憎悪となり、会社の人への憎悪がイコール一般の正社員(彼の言葉を借りれば”勝ち組”)への憎悪となって、大量殺人に繋がったのではないか。

 

 

〜〜〜〜〜

 

被害者の関係者の方々の思い、そして被害者ご自身のことを思えば、痛ましくて、ただただ言葉もありません。

 

 

しかし、敢えて言いたい。

 

 

私の心の中にも”加藤智大”がいる

 

 

ということを。

 

 

ただそういう縁が今までなかっただけ。

 

 

ただ、それだけ。

ドラマ「監査法人」

2008年06月15日
いつもは他局を見ていましたが、珍しく”会社オススメ番組”ということで、昨日の夜9時からの「監査法人」を見ていました。


(しっかし、何を目的に社員に勧めているのだろうか?ハテ)


大まかに言えば、

会社の株価を決めるのが「決算報告書」。それにより銀行に信用してもらい、引き続き融資してもらって会社安泰…ということなんですが、その決算報告書が実態と合っているかを調べるのが「監査法人」。


その監査の結果次第では裁判沙汰になったり、株価暴落→倒産、自殺者も…ということになるので、監査法人の公認会計士は人間的な部分で悩んだりもする訳で、「監査法人」とは?という深い所まで突っ込んでいくのかなあとこれからの動きに注視したいと思います。


ひょっとして、監査法人を監査する立場とかが出てきそうな…。

あと、銀行側の”トリック”がどのように明らかになっていくかなあ…。


厳格な監査を目指す小野寺(若杉)らとクライアント料の為には粉飾決算も目をつぶる田代との考え方の違う公認会計士がどう変わっていくのか…。



ジュディ・ガーランドの光と影

2008年06月15日
ジュディ・ガーランド....1922年6月10日生まれ。

彼女の生前のことは、すべて私が生まれる前のことだったので、リアルタイムでどんな人だったかは知りませんでしたが、名前だけ記憶にあります。



彼女はアメリカの女優だったんですね。

しかも、アカデミー賞を取るくらいの有名な女優さんだったんですね。

『オズの魔法使』の主人公ドロシー役でアカデミー特別賞を受賞し、、『若草の頃』などの大作映画に次々と主演し、1961年行ったカーネギー・ホールでのコンサートを収録したライブ・アルバムはグラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、ジュディ自身も最優秀女性歌唱賞を受賞。


輝かしい功績と’花輪’のような清純で可憐な(「オズ...」の時の写真を見ました)容貌の裏には、睡眠薬と覚醒剤の後遺症で苦しむ”フランシス・エセル・ガム(彼女の本名)”がいました。

睡眠薬と覚醒剤を服用するようになったのが、「オズ...」のドロシーの代役で急遽演じ、それが大ヒットして、彼女のスケジュールが過密になってしまったことから。

それから、それらの後遺症の神経症と薬物中毒に苦しみ、仕事にも影響してきて、ついには自殺未遂まで起こしてしまいました。

一度は復活するものの、後遺症が悪化して、ついに1969年に睡眠薬の過剰服用により自ら命を絶っていったのです。

享年47歳。

遺体は老人のような有様であったといわれます。



銀幕の華やかな舞台にいても、実のところ苦しんでいるんですね。


余談ですが、水野晴郎さん、亡くなられたんですね....「シベ超」の続編がもう出なくなるなんて...ご冥福をお祈り申し上げます。m(_ _)m

















そんなにしてなぜ生きなければならないの?と思ったあなたは....ここへアクセス。

ひまわりマガジン
sub-25sdavp2y-akb@www2.skynetdm.com

落語と楊貴妃

2008年06月16日
以前衝動買いした落語のカセット。

一番最後に「野ざらし」がある。

いつもは一人暮らしの男の家から若い女の声。

それを出歯亀親父が覗いていた…

次の日早朝、出歯亀親父が男のうちに行き、昨晩のことの顛末を尋ね、聞いたとたんに男の釣竿をかっぱらって、太公望と化す。

しかし若い女の幽霊目当ての出歯亀。辺りじゅう騒動に巻き込む。遂には妄想の世界…。


で、妄想の中で鼻をつままれたとおもいきや、釣り針が鼻に引っ掛かっていた…というオチ。


噺家によって、話のなかのオチが色々変わりますが、元ネタの女の幽霊の正体は、実は楊貴妃でした。


”傾国の美女”とも言われ、唐を滅ぼした要因の女

まあ、当時の”美人”の基準ですから、実際はもっとブランパーだったとか。

そんなこんなで今日は楊貴妃が生れた日でした。

表彰状〜♪1〜ジャイアン

2008年06月18日
表彰状〜

剛田武殿

あなたは、クラスのガキ大将で、「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」を金科玉条として、某国元首の如く、よく人のものを当然のように使い果たしていますね。

また、世界征服をたくらんだり、「逆らう者は死刑」と発言するなど、独裁者的な言動はまさに末はヒトラーかジョージブッシュ。

歌と料理は末期症状。宿題するけど勉強ダメなのに、なぞなぞにかけては大変才能を発揮され、話術で相手を凹ます姿は、将来歌手よりもよっぽど政治家の方が大成すると思います。まあ、投票する人がいれば。

また、恋愛に対しては奥手で少女趣味的であり、なお秘密の趣味を持っておられるようですが、政治家になられました時には十分パパラッチにお気を付け下さい。

この業績を讃え、”ジャイアニズム”の言葉をお送りします。


GSS

2008年06月19日
梅雨入りしましたね。


雨らしい雨がようやく降って。


所で「GTO」と言えば、Great Teacher 鬼塚ですが、”GSS”とは何でしょう?


それはさておき、

沢光 幸夫

一般人?

一応四股名です…ということは相撲取りです。

本名:沢向 幸夫

6月18日生まれ

一時期、「梅村 幸夫(うめむら〜)」と名乗っていた事もあるって、なんで〜。


憧れの力士の前頭・双ッ龍が巡業に来た時に入門を志願し許され、その所属部屋である時津風部屋に入門、1956年9月場所で初土俵を踏んだ。

同期生には後の大横綱・大鵬や大関・清國などと、”次は俺も!”といきたい所が、幕下にいた1960年3月頃廃業を決心。


親方に内緒で部屋を飛び出してしまった。

大阪で旋盤工の仕事をしていて、それで一生を終えていたら、”名もなき青年が一時期相撲界にいた”で終わる所が、結局1ヶ月ほどで翻意、東京に戻ってきたのである。


それから、1962年1月場所にて新十両。1963年9月場所では十両優勝、翌11月場所に、22歳で入幕、そしてその場所、10勝で敢闘賞、さらに1964年5月場所には、東前頭4枚目で8勝7敗という平凡な星ながら優勝した横綱・栃ノ海を破った一番が評価されて殊勲賞を受け、7月場所では小結昇進を果たした。

…もうイケイケだねえ〜♪

…しかし、2勝13敗と大きく負け越して三役経験は結局、この1場所だで終了。23歳5ヶ月という若さで廃業してしまった。



…はや!(^-^;


なんちゅう一発屋な。


しかし、某前首相の再チャレンジうんぬん関取なんて名付けられていただろうに、なんて早いこと。


しかしあの時戻っていなかったら、関取にも小結にも、ましてや横綱に勝つことなんてなかったのだから、今度から沢光のことを、



Great 関取 沢光



と。


ドレスアップ!

2008年06月21日

昨日、金曜ロードショーで「マトリックス」シリーズの”リローテッド”をやっていた。


もしネオがこの花のようにドレスアップされたら…

映画の雰囲気もがらっと変わるだろう。

今年も剣山

2008年06月21日

…いや見参。



ぎゃわず太郎。


紫陽花の上に、


ぎゃわず太郎。


最近気付いたこと

2008年06月21日
今はうちに帰れる日が約半減しているせいか、携帯からの書き込みがほとんどである。

 

 

なので、字を検索するとき、最近使った漢字順にスクロールするのだが、

 

 

 

今、”わらい”を変換したところ、一番最初にでてきたのは、普通に

 

 

 

 

 

笑い

 

だった。

…笑えねえ日常だったなあ。(汗)

 

 

 

誤解される日本語

2008年06月21日
今朝の北日本新聞の天地人の冒頭、


”目的のためには手段を選ばず、といっても限度がある。”



…でも、よく考えてみよう。


目的のない手段って、いったいあるのだろうか?


手段って、目的を果たす為のものじゃないの。


だから、”目的のためには手段を選ばず”と言われる手段って、たいした手段じゃないんだね。



ということは、たいした目的でもないんだね。



そんな”たいした目的でもない”と思われることをグリーンピースがそう思って、窃盗という法律違反をしたのかなあ。


彼らなりに考えて、そうとは思っていなかったのでは。


で、法律違反な手段を選んだ、ということじゃないの。


だから、本当は



”目的のために、えげつない手段を選ぶ”


が正しいのでは。



Aコープにある〇〇なもの

2008年06月22日

…よっちです。





生きてます。(笑)

とりあえず金曜日にはうちに戻れまして、今こんなことして升。


で、Aコープで見つけた力技的?商品〜♪


これ。


”さるごえ?”



…ホントは何を写したものか、わかりません。(爆)

見て丁髷Part2

2008年06月22日

…これ、耳かきの綿毛の方ですが、石川五右衛門のちょんまげに見えませんか?(笑)

がんどぶり夫君

2008年06月22日

・氏名:がんどぶり夫
・年齢:不詳
・性別:一応男にしておく。
・棲息地:主にAコープの鮮魚売場内、刺身のパックに棲息。

挨拶:もちろん「がんどぶり」


責任能力というおかしな見方

2008年06月22日
秋葉原事件の加藤の精神鑑定を行うと、昨日の北日本新聞に出ていた。

 

 

よく、犯罪者の責任能力とかが時たま出てくるが、

 

 

 

責任能力があろうがなかろうが、「人を殺した」ことには変わりない。

 

 

また、殺人への償いは殺人者の命で以ってでしか償い切れない。

 

 

一人の命を危めたら、やった人間の命一つ分でやっと釣り合う。

 

 

 

下手に責任能力がないとかで減刑されても、”あと”でその分余計に支払わなければならないから、そういう所で減刑しても、さほど意味がない。

 

 

 

〜〜〜〜〜

 

 

そういえば、人間は直接的間接的に生物の命を危めているなあ…。

歯磨き女

2008年06月23日
一週間かそこら前の通勤時。

 

いわゆる”通勤ラッシュ”の真っ只中に私がおりまして、まあ、やわやわ動いておりましたわ。

 

 

で、おもむろに後ろの車を見ると、女性ドライバーが歯磨きをしていた。(^-^;

 

あっち磨き、こっち磨きとしていたが、後ろの車は別の方向に行ってしまった。

 

 

 

 

 

 

…あのあと、口の中の”もの”はどこへ行ったのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

気になる。

シスコはHip City(笑)

2008年06月24日
お昼、ラジオをつける。

スターシップの「We Built This City」。

日本では”シスコはロックシティ”で知られているけど、80年代の有名な曲ですね。


しかしながらこの曲聞くといつも


「うっ!ビューティー尻!」


と聞こえてしまう。(笑)


昔のFMラジオの番組で、タモリの空耳アワー的な番組があって、その番組一のヒットだった記憶があります。



…空耳は不滅だ。(爆)


独り言(笑)

2008年06月28日
…いっぺん、

>ニューヨークから 
By館主の日記さん



と題を書きたいなあ。(^-^;


ただいま日本から出たことなしの大和民族です。(笑)


飛騨牛から…

2008年06月28日
偽装報道が続きますと、もはや驚くべくもない訳で、次にはガソリンにも…と考えてしまう。


”ケチる”ことと”もったいない”を混同しているように見えるが。


本来、必要でない所には極力使わず、必要な所にはどんどん使っての”もったいない”なのですが、


何が必要なのか、何が必要でないのか



なんかそんな本質的な部分が欠落しているような気が強くする。




人生についてもそう。













ひまわりマガジン sub-25sdavp2y-akb@www2.skynetdm.com


草刈り〜閑話休題?

2008年06月29日

青年団の山で草刈り後、森林組合さんは…




Uターンできる場所を探しにひたすら上へ上へ。


鉄塔が二本。


こんな山の中もわが地区…山やのう。(笑)


て〜ことは、おいらは野人か?(^-^;(^-^;(^-^;


Uターンして帰還。

草刈り2

2008年06月29日
森林組合さんと我々青年団が次に向かったのは、青年団の山。

”青年団の山”と言われるが、実際は、当時青年団員の人たちが、後の青年団員の教育の為に貸したのが最初ということを森林組合さんに初めて聞き、青年団の山の歴史を初めて知りました。


今年は青年団の山近くまで道路が舗装されていたので、そこまで軽トラで向かいました。


到着。
早速草刈り開始。



終了。(笑)

そして、次なる場所は…。


つづく

草刈り1

2008年06月29日

昨日の午前中、地区の溜池の堤及び天上の草刈りを行いました。

青年団中心でしたが、プラス現区長を含むOBの人たちも参加しました。

最初、現青年団長の号令のもと、まず森林組合さんの”草刈り機使用講座”が行われました。


その後、”溜池”組と”天上”組に分かれ、出陣。


私は溜池組として軽トラに同乗。


溜池到着。


毎年思うけど、一年ぽっきりでものの見事に?メートル近く生えてしまう草には呆れるやら…まるで毎年もぐら叩きをしているような感すら出て来る。


しかし今年もやることは一つ。


草刈り機で刈る。


ひたすら刈る。


愚直に刈る、それしかない。


前半で精鋭部隊が堤深くまで切り込み、私はというと、溜池側の草をしょぼしょぼと刈る。(笑)


10時に休憩。

天上部隊は既に任務を終え、溜池部隊に合流しており、ここに全隊員が揃った訳だ。


青年団長の粋な計らいにより、ドリンクで乾杯。

アクエリアスの他にお茶とスーパードライが用意されていたが、だやかったせいなのか、スーパードライに手を伸ばした隊員は一人もいなかった。(^-^;

再開。

残りを刈り終え、OBの人達は帰路へ。

で、青年団員は…。



つづく

なんでだろう〜?

2008年06月30日
1994年6月27日から6月28日に起きた松本サリン事件。

あれから14年たってしまった。

なのに、メディアでは一切扱わない。


個々ではあるようだが、メディアとして最初に被疑者に仕立て上げられた方への謝罪が全くといっていいくらいにない。


ましてやプライバシーまでかちゃかちゃにした週刊新潮に至ってをや。凸(-_-メ)


メディアの体質はあの時のまま。


この方の奥さんは今もサリンの後遺症で寝たきりです。


この方々にとって松本サリン事件はまだ終わっていないのです…というか、一生終えられない事件なのです。

作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。