nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

はる、半ば

2010年04月03日
今日はようやく春の準備。←おそっ

交替勤務で土曜日もへったくりもない日々でしたが、さすがに雪囲いをしているのがもはや我が家だけと追い詰められてしまった(爆)ので、午前中から雪囲い外しをしようとしました…。

が、雨そして雪。

そして、富山からの親戚来日。(再爆)

親戚が離日する頃には晴れてきたので、ようやく開始しました。

何とか完了し、次はタイヤ交換だ…がっ!タイヤのボルトを外してもタイヤが取れん。(T-T)

致し方なく、地元の某スタンドに駆け込んだが、タイヤがツルッツルということが判明。さあタイヤの選定だ…と思ったら、

「タイヤの型の合うものがない。一時間待て」


…ブチッ!凸(-_-メ)

この店却下。

時間が勿体なかったので、車を買ったディーラーに駆け込んだら、新規に注文しないと交換できないとのこと。


火曜日には入ってくるということで、予約しておいた。

なので今日はタイヤ交換できませんでした。(T-T)

その際、オイル交換の時期も重なってお財布が…。(T-T)(T-T)

本格的な春はまだまだです。(-_-;)


つぶやきが地球を救う!?

2010年04月06日
>平和のつぶやきを千羽鶴に 禎子さん遺族ら核廃絶祈り - 47NEWS http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010040501000015.html


広島市の平和記念公園にある「原爆の子の像」のモデル、佐々木禎子さんのおい祐滋さんらが「INORI祈り」と名付けたサイトを開設されています。
ツイッターでは#ORIZURUというハッシュタグをつけて投稿すると、そのメッセージが折り鶴となって広島まで行きます。


また、記載サイトの中の下部にある住所に直接折り鶴を送っていただくことで、どなたでもご参加いただけます。

私も投稿しました。

ツイッターのアカウントをお持ちの方も、持たれない方もお願いします。

え〜話やのう2−今頃このネタver.

2010年04月06日
こんばんは。

ツイッターのTLを追っかけるのに忙殺されご無サタデーのよっちです。(爆)

第二回目を迎える”え〜話やのう”第二回目はお詫びとして賞味期限邪魔ないがけ〜のネタを含めて3題。

>信濃毎日新聞[信毎web] 上田市ありがとう−今春卒業する高校生がごみ拾い http://www.shinmai.co.jp/news/20100322/KT100321SJI090009000022.htm


高校生の方からごみ拾いを呼び掛けたというのがいい。「街の人にも『きれいな上田を保ちたい』という気持ちになってほしい」という声に一人でも多くの人が答えたら、きれいな街で人も多く行き交うでしょう。

>デーリー東北:主なニュース:登校時見守り「ありがとう」駐在所に手紙(2010/04/05) http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/04/05/new1004051401.htm


この子たちの親御さんに感謝です。

これにて…おい!二つやないけ!

はいはい、もう一つは別枠で書いておきます。(ちゃんちゃん)

チームプレーの塊

2010年04月11日
一度は書くのを辞めようかと思った。

ジャイアンツ寄りの報道とか色々。カープファンとファイターズファンの方達の複雑な心情とか。

元プロ野球選手の木村拓也さん死去

ピッチャー以外の守備を経験したきっかけは

生き残る為

原さんが「苦しい時期に救ってくれた」という言葉からもチームの中の位置がいかに重要なポジションだったか。

この貪欲さ、野球界でどれだけの後輩に伝承出来るかなあと思った矢先の訃報でした。


宇宙を繋ぐ家族愛

2010年04月11日
今、宇宙に行っている山崎直子さん、実は旦那さんがおられます。

山崎さん、私と同い年です。凄い勇気。

その旦那さんとのツイッターでの交流は心温まるものです。

特にこのつぶやき。
>@Taichi_Yamazaki Yuki、パパとママのところに生まれてきてくれて、ほんとうにありがとう。 2010.4.1 2:15 am Naoko より これからフロリダに出発します。

この家族の子供に生まれたYukiさんは幸せものですね。(^_^)


1Q84→村上→ラブ&ポップ→むなしさ

2010年04月25日
今一番話題になっているのが村上春樹氏「1Q84」

第三巻もたちまち売り切れ、大盛況のもよう。

小生はひとつも読んだことがないもので、話にはついていけんわ。(^^;;

「ノルウエーの森」は聞いたことがあるが。(爆)

今回取り上げるのは、同じ「村上」でも村上龍氏の方。まあ、どちらも時代を代表する作家であり、またこの時代の出来事をモチーフとした作風をも持っている。

前者は「1Q84」で地下鉄サリン事件などをベースとしており、後者は「半島を出よ」で、日本と朝鮮半島との関係を取材をもとに書かれている。

その村上龍氏「ラブ&ポップ」

1996年に発表され、女子高生の援助交際を描いたベストセラー小説で、映画化もされ、今をときめく仲間由紀恵でていました。

村上龍氏はそこで、「自分に価値があると感じられない女子高生が、大勢いる」という事実を訴えていたが、自分の人生に、意味や価値を感じられない一人間の裸形を余すことなく描かれていました。

バブル崩壊後今まで科学や医学などは長足の発達を遂げていて、家に居ながら世界の様子が手に取るようにわかる時代になっているけど、“生きる意味の不況”はずっと変わらず、人類を覆っているむなしさが形を変えただけの現象が今もあるのではないでしょうか?

見てみたい小沢さんの目差す日本

2010年04月28日
小沢さん。

何だか嫌われ役が板についてきてしまっていて、マスメディアの恰好の”餌”にされとる。


そっで、検察審議会とやらで出た結果にまた”叩き屋”がしゃしゃり出てくるだろう。


だけどね、一遍見てみたい訳。


”汚れ役”にされとる小沢さんがそこまでして作りたい「日本」。

ああマスメディアから罵詈雑言の嵐の中でも幹事長を辞めないでいるということは、相当の信念があるはず。

相本さんを動かした。


小沢さんが目差す「世界」を見てみたいと思う。

作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。