nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

私にできること(プロローグ)

2011年04月06日
311の東日本大震災から約一ヶ月。

 

テレビに映る余りに凄惨な現実と地震による交通網の寸断や次々に明らかになってくる”矛盾”や自分の現状との葛藤などで無力感と自粛ムードで覆われている日本。

 

何かをしたいのに、何をしたらいいのかわからない、今やりたいのに保存期間とか受け入れ体制が整っていない現実、そして焦燥感。

 

大多数の人は、「やっぱり募金しかないのか…」と思うけど、テレビラジオ新聞で募金先に挙げられているのはほとんど日本赤十字社のみ。しかも東日本大震災の3月11日の本震で被害に遭った所の分のみ。

 

しかも日本赤十字社に集まった義援金は「配分委員会」を経て、現地に配分されるのだが、被災の酷い所ではその委員会すらできていない状態(できている所でも被災地に渡るまでに最低二ヶ月かかるとか)…皆さんの善意が本当に生かされるのはいったいいつの日になるでしょうか?

 

 

 

私にできること(募金)

2011年04月08日
まず最初に考えたのは募金。

途中間を挟む形だと、本当に目的の団体に届くのだろうかという思いもあり、日本赤十字社が募集している口座に振込み。

しかしねえ、前にも書いた通り、被災地に届くまでに時間がかかる訳で、今回のような被害が広範囲だと一地区に当たる分も少ないし、ましてや長野県栄村など東日本大震災の後に起こった被災地区までには行かない訳。

しかも、不思議なことに、テレビラジオ新聞共に系列の違いを問わず、ほとんど機動力に乏しい日本赤十字社一社への募金に終始している…これじゃ、被災地の皆さんの苦しい生活が続くし、赤十字社だけではどうしても被災地の中のマイノリティーの人たちの要望するものが届けられない。


こんな時、より機動性のある団体を通しての支援が必要になる。

J-WAVEの夜の番組「HELLO WORLD」の中やツイッター上でいくつか挙げられていたので列記しておく。


○[被災地の食物アレルギーの方のために] 辻安全食品 http://www.tsuji-a.com/tuji/info/2011-03-17.html

○[被災地のペット保護のために] 緊急災害時動物救援本部 http://www.jpc.or.jp/saigai/pc_gienkin.html

○[被災地の妊婦の皆さんのために] 公益社団法人誕生学協会 http://www.tanjo.org/index_2.html

○[東日本大震災の次の日に起きた長野県北部地震の被災地のために] 長野県 栄村 http://www.vill.sakae.nagano.jp/

探せば支援しなければならない所はいっぱいあるのです。

※参考
[支援者と支援が必要な人々を マッチングするサービス] Twitforyou 本当の助けをこれからも。Twitforyou http://twitforyou.org/register/

[義援金受付の現状] 朝日新聞(4/3朝刊)「寄付金、すぐに生かす」 - 先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研 http://expres-info.net/acv/2011/04/post-119.html

私にできること(だらあんまも考えた)

2011年04月13日
皆さん最初に考えるのは募金。

そう考える前に行動に移せる人は尊敬もの。

で、ボランティアとか救援物資の搬入とかで頑張る人たち。

それは理想だけどねえ…仕事がある訳で。仕事けっぱなす勇気もなす。〓

で、募金だけにしとくかあ…と諦める人。

献血という手もあるけど、血も生ものなので各地の赤十字血液センターのHPで血液型別の血液の充足状況を確認のこと。あと長期的展望を見据えて献血する時期を考える。


こうなると、某東国原流だと”どげんかせんといかん”と言う信念が諦めるモードに押し流されそうになる心とどうにかせねばとの葛藤。

葛藤の末に出した答え…「とにかく動こう」。

かくて、日本国内の旅に出たのであった。


私にできること(東へ)

2011年04月14日
まず東へと走らせた。

東海北陸道から愛知、静岡…神奈川と。

岡崎IC付近で必ずと言っていいほど渋滞にはまる。

名神経由にしても、東海環状中央経由にしても、はまる。(-_-;)

そして、静岡県。

政令指定都市がだてに二つあるわけで、県内を通るのに時間がかかった。


だけどやっぱりこの光景はいいやねえ〜。




富士山。

日本海側に住んどる俺ですら、感動してしまうわ、これ。

裾野の広がり具合もよし。

…関係ないが、「裾野市」って「福野市」に見えない?(笑)


静岡県に入ってから、静岡市清水区辺りくらいで計画停電を行っている旨の看板が目立つようになっていて、海老名SAで休憩していると、自衛隊の飛行機がいくつも飛んでいる光景を見かけました。

おそらく被災地へ物資搬入の為の飛行でしょう。

東北のもの1

2011年04月14日
私にできること(被災地へ)に行く前に、これ。

 

仙台まで行きましたが、その間に高速のSAでゲットした商品を紹介。

 

第一弾目がこれ。

 

福島白桃カレー

 

ご飯にかけて食べてみた…白桃がカレーの邪魔になってない。(^^)

 

辛いもの苦手な人もいけますよ!

私にできること(さらに西へ)

2011年04月14日
淡路島から中国地方に戻ると思いきや、そのまま四国

本四橋で渡って、四国に入った瞬間、「来たなあ....」




山ばっかりや..(^^;←おいっ!

ちょうど以前、とやまでアナウンサーをされていて、現在愛媛でアナウンサーをされている高橋”いい肉の日にママ”真美子さんが産休から戻ってラジオで喋っておられていたのはラッキーでした....半分狙ってましたが。(笑)

愛媛からしまなみ海道で広島へ。

....どこから四国なのか、どこから瀬戸内海上の島だったのか、全然わからんだ。(^^;;

で、広島

....一部を除いて、山ばっかりやん。(爆)

市内には夜にはいったのですが、山が目立つわめだつわ...(笑)

で、山陽道に入ったつもりがいつの間にか国道2号線に出てしまってやけくそで西へ向かって走り、なんとか三原久井たらへんで何とか高速に乗ることができた。(汗汗)

で、高速道路上によくある”○○(km)”というポスト。

山陽道は”陽”とあるせいか(笑)、数字の上に動物の絵が書いてありました。(^^; なんじゃこりゃ

で、関門海峡を通って....真っ暗だったので感動もクソもなかったのですが。(笑)

実をいうと、神戸から淡路島に渡る本四橋を渡っているとき、かなりビビっていました。(^^;;;;
なんせ、片側3車線やし、海に近いし。

ということで、戻る時の関門海峡の写真。↓


えっと、九州に乗り込みましたよ。
ただし博多まで。


....九州って、九州だなあ。←そのまんまやんけ

それくらい博多って独特な雰囲気がある所でした。

さて、次はいよいよ被災地への旅!

私にできること(関西へ)

2011年04月14日
東の次は西。

まず向かったのは関西。

関西と言えば、特に神戸や淡路島は16年前に甚大な被害を与えた阪神淡路大震災のあった所




大阪では桜がきれいでした。

神戸を経由して淡路島へ。



そして、淡路島から見た神戸。




撮影した所は淡路SA。震源地近くの所から美しい海、元に戻った神戸。

16年前の今頃は、ここまで戻るとはよもや思えなかったでしょう。


今、余震とか放射能で東北関東そして長野県栄村の皆さん及びそこから疎開されておられる皆さんは過酷な生活を強いられていると思います。

しかし、関西の復興は年月の力で、ここまでになっています!

東日本大震災で被災された方々の復興を願うばかりです。
作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。