nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

私にできること(そして、被災地へ)

2011年05月01日
黄金週間まっただ中。

何の因果か、あっしは黄金週間に葬式があるわ....まあ、なんとブログを立ち上げてまる5年、やわやわ行きたいと思います。

さて、被災地に行ってきたんですわ。

被災地と言っても東北ばかりではない。

関東の方も液状化とかで大変なことになっている訳で。

定法の通り、北陸→関越→東京外環→三郷JCT→常磐にて茨城県土浦市に到着。

ややこしやーの場所でしたが、(行った当初ですが)国道の一部が通行止めになっていたのは震災の影響なのでしょう。(ひょっとしたら今は通行できているかもしれないです)

そしていよいよ東北へ。

常磐→北関東→東北を通り、上河内SAにて一泊。

で、那須高原SAにて、飯。(笑)




上河内でもそうでしたが、那須高原でも災害物資を積んだ車とか、何といっても自衛隊の皆さんの車両がいくつも止まっていました。あと、スタンドは長蛇の列でした。

そこで給油したあと、北上。

さっきも書いたけど、災害物資の車と自衛隊の車両、そしてトラックの運ちゃんらが一路、東北被災地に向かっている光景は荘厳とも言える。

まさに鳥肌もの。

そこへ同じく向かう自分....sympathyを感じたが、同時にテレビで映った凄惨な現場に自分は行っていいのであろうかという葛藤もありました。

そうしているうちに、原発で放射能漏れが問題になっている福島県を過ぎ、いよいよ仙台。

ラジオからは宮城県のFM局のdate-FMが流れる。

降り立ったのは青葉区ということで、あまり建物の損壊はありませんでした。
>

宮城県でも少し内陸部だからこれで済んだのですが、海沿いの若林区とか、岩手などの三陸海岸とかだと、津波などでうちが流されたのだろうと考えると、津波の恐ろしさを改めて思い知らされました

そして、これ。


ただただ申し訳ないなあ。

泉PAにて高速を降り、R48→山形道→R7→日東道→北陸道にて帰還せり。

そんな中、鶴岡で出会った幻想的な風景。


なんかこういう風景とか見ているとね、日本てまだまだ捨てたもんじゃないなあと思う訳で、ほんと。

※長文ながら最後まで読んで頂きありがとうございます。m(_ _)m

映画「うまれる」

2011年05月02日

最近TBS系で同名のドラマが始まっていますが、内容は決してリンクしたものではありません。

 

しかし、「姉妹作品」ではあります。

 

この映画は富山県内では上映されていません。

 

全国の単館系でちょこちょこ上映されています。

 

現在上映されている所の情報につきましては映画「うまれる」のFacebookページ(http://m.facebook.com/umareruthemovie?refid=7)もしくは、映画公式サイト(http://www.umareru.jp)で探して下さい。

 

 

で、私が見た所は栃木県宇都宮市の宇都宮ヒカリ座。

 

前日夜に出発して、当日11時ごろに到着。

 

半日以上かけて見た感想…宇都宮まで遠征してきた甲斐があった!

 

それほどの映画です!

 

当日は私の他に10人前後の方がいました。

 

内容はというと、4組のご夫婦に実際に起きたドキュメントです。

 

そう、実話です。

 

(パンフの順に)

1.両親の不仲、虐待の経験から親になることに戸惑う夫婦。

 

2.出産予定日に我が子を失った夫婦。

 

3.子どもを望んだものの授からない人生を受け入れた夫婦。

 

4.完治しない障害を持つ子を育てる夫婦。

 

この4つのドキュメントを抑えた感じのつるの剛士のナレーションが邪魔にならずに4つのストーリーにのめり込めました。

 

途中、アニメーションになっています。

 

しかし、これが実写よりも響くのです。

 

取り上げられたのは4つの”特殊な環境”の夫婦なんですが、見てて、何のハードルもない夫婦の中でもこういう葛藤があるのかなあと思いました。

 

見た後、涙ボロボロでした…どこでボロボロになったから敢えて書きませんが。

パンフの中で乙武さんのコメントに首肯してしまいました。

 

宇都宮ヒカリ座の方はGW期間中ならやっていると思いますので、皆さんGWに映画を見に遠征されては如何でしょうか?

私にできること(番外編)

2011年05月05日

思い立って、熊本に行ったさー。←なんで”うちなー弁調?”(笑)

なんでか…知らん。(爆)

前博多まで行ったけど、もっと南に行けないかなあと思ったもので。阿蘇山も見てみたかった訳で、ほいほいと行ってみた訳だ。


…何なら鹿児島まで行けって?…スケジュールの都合であきまへんでした…って、おのれはスターかっ!(笑)

で、阿蘇山の写真は?…煙が上がっとった所はあったが、どれがどうだか確定できなかったので、残念ながらなし。

ということで、この写真で許してちょ。(笑)

ちなみにホントに熊本市で撮った写真です。

『考察』

日本の先端から先端まで…とは言わないけど、回り回った28都府県。(!)

前にも書いたけど、日本は山やなあと思うけど、場所場所によって表情が違う。

中央高地の山は高く尖っていたり、中国地方の山は比較的はげはげだったりとか。

そのそれぞれがいい味出しているんです。

これは実際の山を見比べて確認してください。m(._.)m

私にできること(PerfectAnswer?〜これでいいのだ)

2011年05月06日

突然ですがこの写真。

 

伊勢海老みそ汁

 

先日の被災地シリーズで購入。

 

生産地は仙台市若林区。

 

んまかった…もう一杯…あっ、ない。(笑)

 

震災で行方不明の方はまだ戻ってくる可能性があるけど、亡くなった方は戻ってこない。

 

しかし生き残った方の人生は続く。

 

震災復興まで十何年という長期戦が予想される。

 

震災被災地は未だその日くらし、関東は計画停電が夏の電気消費を抑えられ、十分な経済活動もままならないだろう。

 

だからこそ立ち上がらなければならないのが俺たち。

 

 

東北など被災地のものを買う。

東北など被災地へ行ってお金を落とす。

 

それも大事。

 

でも、東北が復興した時に日本がなくなっていたら。

 

今や外国人が風評で日本からいなくなっている今、本当に冗談でなく、そうなりかねない現状。

 

だから俺らが今まで以上に経済を回さなければならないんです。

 

自分の力は限られているけど、一人が動かなければ自粛ムードの日本を変えられない。

 

まず一人が動く。

 

それが千波となり万波となっていくと思う。

脱線して…候。

2011年05月07日

全国を東奔西走していたら、→

行き始めの時は8万キロ代だったけど、いつの間にか10万キロを超してしまった。

実は10万キロになる時に表示が”00000”になるかとひそかに期待していたが、”1”の出てくるスペースがあったようで(笑)…残念。(^^;

まあ、がむばってくれたまへ。>マイカー(笑)

北帰行(前編)

2011年05月24日

※これは過去の話である。

思いたって…

そうだ、北海道へ行こう。←まるで某JRの駅ポスターのフレーズ。(笑)


てなわけで夕方、富山空港行きのバスに乗り込む。

で、羽田空港の中にあるホテルで一泊。

…どっかで野宿できるかと思ってたが。(^^;←おい

一泊だけで14000円は痛かったわ。←そんなホテルを見つけるのも四苦八苦だったが。(笑)


中はさすがによかったわ〜♪

…分不相応なくらいに。(爆)

緊張した。(笑)

まあ朝は6時ちょっとに出発なのでちょうどいいかな。

てな訳で次の日の朝、北へと旅だったのであった…。

ここで終われば後編は北海道でのことと思いきや…


新千歳空港に到着〜♪さあ北海道を満喫するぞー…と思った矢先、

家から電話…近所の家の人の通夜あるから受付に立ってくれ…とのこと。

仕事じゃないから葬式だけという訳にもいかず、新千歳空港の敷地内から出ることなく、富山空港にカムバック。(-_-;)

東京からの便が霧で羽田空港に戻っていることを思えば…

そうして初七日まで参加したのであった。

…やけくそなので、なぜか一部分木目調の床の新千歳空港の床の写真。(笑)


後編に続く。

チャレンジデー2011を振り返って考える

2011年05月28日
今年のチャレンジデー2011の結果ですが、

 

○南砺市

参加率:49.4%

 

…参加率落ちとるよねえ。

 

ちなみに昨年の参加率は56.6%。

 

参加率の減少はなにも南砺市に限ったことではなくて、昨年と較べてみたところ、

 

昨年→○開催日:平成22年5月26日(水)

 

平均参加率:52.2%

金メダル 63個 

銀メダル 48個 

銅メダル 14個 

 

今年→○開催日:平成23年5月25日(水)

 

平均参加率:46.2%

金メダル 41個 

銀メダル 48個 

銅メダル 14個 

 

平均参加率、金メダル数共に減っていますね。

 

これは明らかに、対戦方式を止めたことによる影響だと思うんです。(-_-;)

 

東日本大震災で被害を受けられた地域を考慮して…ですが、被災された地域以外の対決は残しておいた方がよかったんじゃないの?

 

〜〜〜

 

今年のチャレンジデーには地震で被害のあった地域も参加されています。

 

[宮城県]

○仙台市泉区向陽台地区

 参加率:23.7%

 

[岩手県]

○軽米町

 参加率:72.5%

○葛巻町

 参加率:74.2%

 

[茨城県]

○行方市

 参加率:32.6%

○常陸太田市

 参加率:30.1%

 

大変な中、頑張られてます。

 

昨年のチャレンジデーを紐解いていた所、津波で壊滅的な被害を受けられたこの地域の方々も参加していました。

 

陸前高田市

 

…切ないです。(・_・、)

北帰行(後篇の前編)

2011年05月29日
【前編のあらすじ】
思い立って北海道へ飛んだよっち。
富山空港→羽田空港まで来たところで空港内で一泊し、早朝新千歳に到着したときに呼び戻し命令にてとんぼ返りしたよっち。

さあどうする?よっち。

後篇どす。m(_ _)m

時はあれから約一週間後。

再挑戦を試みた。

今回は富山空港からでなく、小松空港→新千歳空港にて北海道に上陸。

空港に降りた後、電話が来ないかおそるおそる快速などを経て、札幌に着いたのが昼。

まず札幌と言えば、時計台

ラジオ局といえばこことここ。(テレビもやるけど)



そしてJR札幌駅



駅前のポスト。



...なんだか長くなりそうなので、この後は後篇の後篇へ。

あの”ドラマ?”が映画化!

2011年05月31日
インターネットを見ていると、”郷ひろみが「郷ひろみ」の役で映画出演”というのに”えっ?”と思った次第。

それ以上に驚いたのは、NHKのあの「サラリーマンNEO」が劇場版になるそうです!

あのナンセンスワールドをどう映画にするんかい。(笑)

なんとブログの方の中にも”通”な方もおられますが、すでに情報入手済みとか!?

今年秋に上映されます。

詳しくは→ここ
作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。