nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

Once upon a time in 富山駅前

2012年06月24日
昔々、南砺村に与市衛門という男がおったと。

長らく一人暮らしをしていたのだが、約50年前に蓄音器放送(ラジオ(笑))電子家(HP(笑))に度々顔を会わせていたが、そこで知り合った”おさみ”というおなごが越中富山に旅に来るついでに逢いたひとの電子文(メール)にてあったので、元禄24年6月2日(笑)に会うことになったと。

当日、休日丁稚奉公を終えた与市衛門は、時間があったので近くのテルマエ(風呂)にて髷の洗浄及び高温乾燥風呂(サウナ)で汗を流し、親方仕様自動牛車(マイカー)にて越中の前田の殿様のお城富山城の本拠地富山町へ出かけたのであった。

待ち合わせ時間は、戌一つ(午後7時ごろ)

当時の富山町は駅舎近くには電気牛車(市電)が二つも歩いている文明開化の街。

1時間前に、富山の駅舎に到着。

早く到着したので、めし屋を下見。

大和ばかりでなく世界中の電子古文書(インターネット)で調べて一番人気のお店の居酒屋「琴欧洲」

※本当の名前は居酒屋「かど番」。(爆)

その最中、おさみより電子文が。

ハイカラな人民帽にQP柄の着物姿だと。

.....なぬ!(^^;

富山の駅舎入口や電気牛車停留所に何度も行っても、それらしきおなごは居ず。

ただ、髷の上に人民帽をかぶって、しかも袴柄がQPという文明開化?の武士ともう一人の武士が.....

富山って、異空間ですなあと感心しながら、お目当てのおなごを探すが、それらしきおなごは見つからず。

その時、おさみより再び電子文が。
横に友人がいます、と。

その時、ちょうど富山の駅舎にいた与市衛門が手持ち電子電話機(携帯電話)にて件の電子文と文明開化?の武士たちの姿を見比べる。

......(^^;;;;ハッ!

おそるおそる聞いてみる。







大当たり〜!(爆)

実はおさよではなくて、桶すなよしという武士であった。



もう一人の名は、蜜柑介(みつ・かんすけ)という名の牛車撮影趣味者(撮り鉄)武士でした。

向こうは満面の笑顔、こちらはひきつった笑い。(^^;

そのまま居酒屋「琴欧洲」へ。(爆)

場所が隠れ屋的な所にありました。

時間も時間だったので、設定料理(セットメニュー)が一つしか残っていなかったので、とりあえず数品頼み、飲み物は、すなよし→麦酒、柑介→冷茶、与市衛門→無酒麦酒(ノンアルコールビール)。

話は.....盛り上がらず。(笑)

亥一つ(午後9時ごろ)になったので、与市衛門だけ、牛車で帰る。

果たして、すなよしたちは富山黒麺に挑戦したのか、定かではない。

ちなみに「琴欧洲」のおかみはノリがよかった。(^^;

---- 完 ----
作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。