nanto-e.com archive

南砺守通信〜the World

ラジオリスナーの「すもっぷ!!」でもありますが、”ラジオ”を取っ払ったところで、すべてのことの「リスナ−」でありたいです。

Lifework2014

2014年04月29日
三年前の3月12日、長野県北部で起きた大震災。

東日本大震災の翌日ということで、今では地元メディアしか触れられていない大震災。

東日本大震災の一か月前に起きたNZ地震のその後を富山県内のメディアしか扱わなくなっているのと同じ状況。

地元では

栄村大震災

と言われている地震ですが、

栄村大震災の一年後、つまり二年前の今頃に栄村に行ったことがありました。

その時はまだ通行止めの所が何ヶ所かありましたが、今回は通った限りではそういう所は見られませんでした。

しかしながら、国道117号線を走っていた時に、残雪そのままに放置されたお店がありました。

二年前にも来た森宮野原駅。



桜が咲いているのに、



雪が残っていて、雪が残っているのに気温が20度くらいという違和感を感じましたが、栄村に来る途中でも残雪があったので、ここでは”自然”な風景なのかなあ。




二年前もあったこの建物が変わらずあったけど、向かいの駅舎の屋根にあったはずのものの一部が



ここに移動されていました。

震災当初の状況はほとんど森宮野原駅周辺しかわからないので、次に村役場に行きました。




中には当時の写真や県内や姉妹都市の武蔵村山市からの暖かいメッセージが掲示されていました。







屋根も利賀村にある感じだったので、震災の起きた当時、雪で救助作業も大変だっただろうなあ。

近くに道の駅さかいに行ったら、




ここは何でしょう?



答えは、

トイレ(笑)

行き返り、国道117号線にたくさんの菜の花が咲いていて、なんか自然に暖かく迎えられているなあと思いつつ、帰路についたのでした。
作者 : よっち

2014 年
3
5
6
7
9
10
11
2013 年
2
8
9
10
11
12
2012 年
2
4
11
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。